新生活で使う鞄はキレイに♡素材ごとのお手入れが知りたい!

4月に入り、進学する方や就職する方など新生活に向けて、通学や通勤で必ず毎日使用する鞄を新調した方は多いのではないでしょうか? せっかく新調した鞄、キレイに大切に使っていきたいですよね。お気に入りの鞄を長く使うためのお手入れの方法をご紹介します。

ナイロン素材の鞄のお手入れ方法



軽量で耐久性があり、通学鞄やビジネス鞄としてよく使われているのが、ナイロン素材の鞄です。


ナイロン素材の鞄の特徴として、汚れが落ちやすいというメリットがあります。ただし、汚れを放置すると染み付いてしまい変色することがあります。
そのため汚れがついてしまった時にはすぐに汚れを落とし、さらに1~2ヶ月に1回程度お手入れするのが良いでしょう。


お手入れには、“衣料用中性洗剤で拭く”という方法があります。
中性洗剤を水で薄め、布に浸して絞り、トントンと表面を叩くと、汚れが落ちていきますよ。


その後、日陰で風通しの良い場所でしっかりと乾かしましょう。乾かす際に大事なことは、“形を整えて干す”ということです。

形を整えずに干した場合、鞄が変形してしまう可能性があるため、必ず形を整えて干すことに注意しましょう。


革素材の鞄のお手入れ方法



高級感があり、長く使えば使うほど味が出てくるのが革素材の鞄です。

しかし傷が付きやすく水分に弱いため、染みになってしまうこともしばしば。そのため定期的なお手入れが必要となります。


革素材の鞄のお手入れは1ヶ月に1回以上することがベスト。お手入れには、“まず乾拭きをし、その後革用のクリームを塗る”という方法があります。


まず、柔らかい布で優しく表面を乾拭きします。その後革用のクリームを塗っていきます。
柔らかい布に、1円玉位の少量を取り、鞄全体に薄く伸ばして塗りましょう。


全体に馴染んだら、日陰で風通しのよい場所に置き乾かします。革は傷が付きやすいため、優しく丁寧に拭きましょうね。
また水分に弱いため、雨の日は別の鞄を使うなどして濡れないように注意しましょう。


合皮素材の鞄のお手入れ方法



見た目に高級感があるものの、本革素材と比べ安価でお手頃に手に入れることができるのが合皮素材の鞄です。

ファッションにも取り入れやすく、多くの人が1つ以上持っているのではないでしょうか?


しかし合皮素材の鞄は、長く使用していくと角が擦れてめくれてしまったり、変色してしまうことがあります。合皮素材の鞄は本革素材に比べお手入れが簡単なため、週1回など日常的にお手入れをし、長く使えるようにしましょう。


お手入れには、“泥汚れなどは柔らかい歯ブラシや布で取り除き、その後衣料用中性洗剤で拭く”という方法があります。

泥汚れなどを落とした後、まず中性洗剤を水に薄め、布を浸します。浸した布で、鞄の表面を軽く叩くようにパッティングしましょう。


その後、乾いた布でパッティングし、余分な水分を取り除きます。最後に形を整えて日陰で風通しの良い場所でしっかりと乾かしましょう。

パッティングする際に、こすってしまうと傷がついてしまうため優しく叩くよう注意しましょうね。



いかがでしょうか?鞄は素材によってお手入れ方法が異なります。
それぞれの素材に適したお手入れをし、お気に入りの鞄を大事に使って新生活を楽しんでくださいね。

関連記事

Writer : pagumi さん
都内で働くアラサー会社員です★趣味は、カラオケ/買い物(洋服、コスメ、アクセサリー)/不動産巡り/読書/海外ドラマ観賞etc. 暮らしに関することから投資やITに関することまで幅広く情報発信したいと思っています(^○^)
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly