どう見せる?インナーカラーがより可愛くなるヘアアレンジ

せっかくインナーカラーを入れたのに、あまり見えずに損した気分になっていませんか? インナーカラーを活かすにはちょっとアレンジをするのがおすすめですよ。 そこでより可愛く見えるおすすめのアレンジを紹介します。 今回はインナーカラーを入れている人の写真を集めたので想像もしやすいはずですよ♡

簡単なのに凝って見えるアレンジ


お団子でゆる可愛いアレンジ



ざっくりとまとめたお団子はインナーカラーを入れていれば後姿も可愛くなります。
ラフにまとめるのがポイントです。


フィッシュボーンで工夫が効いたアレンジ



ただのハーフアップではなくフィッシュボーンにすることで、染め方にもよりますが編んだ部分もインナーカラーが見せられます。
清潔感のある万人受けヘアです。


くるりんぱも連続で複雑に見えるアレンジ



簡単なテクニックのくるりんぱですが、連続することで丁寧に編み込んだようにも見えます。
黒髪とピンクのコントラストが効いていますね。


ゴム隠しもインナーカラーで逆におしゃれに見えるアレンジ



ゴムが見えないように、という以上にインナーカラーのおかげでおしゃれ度が増しています。
トップを大胆に引き出すことでインナーカラーがより目立ちますよ。


不器用さんでも絶対大丈夫!これも立派なアレンジです


ショートのインナーカラーはこう見せる



インナーカラーというとある程度髪が長い人がするカラーのイメージですが、ショートもこんなに可愛いんです!
飾りの無いシンプルなピンを使うことでインナーカラーが見えやすく、且つガーリーな印象になります。


全部すっきりまとめても可愛い



大きなヘアアクセでしっかりまとめるのもまた可愛い!
ヘアアクセが大ぶりなのでピアスが無くても華やかです。


インナーカラーなら普通のポニーテールもこなれ感が出る



画像ではまだ結っていませんが、このまま結んでも可愛いですよね!
インナーカラーを入れておけば毛先を簡単にワンカールさせるだけですっきり可愛いポニーテールが実現します。


イベントで使いたい華やかなアレンジ


ボブでもねじねじでシニヨン風に



ボブだとセルフで編むのは難しいですが、ねじるだけなら簡単ですよね。
少し崩れてもラフで可愛いのが嬉しいポイントです。


タイトな編みこみで綺麗めなアレンジ



あえて後れ毛をあまり出さずにすっきりまとめたアレンジ。
それでも抜け感が出るのはインナーカラーのおかげですね!


毛先のハネまでがポイントのアレンジ



全体的に編み込んで結んだ先の髪をまとめず、はねているのが遊び心があって可愛いアレンジ。
少し失敗したところはヘアアクセでカバーすることもできますよ。


【おまけ】アレンジしなくてもそれっぽく見せる方法は?



最後に、アレンジしなくてもインナーカラーが活かせる方法を紹介します。


ウルフカットにする

頭部は短く、襟足は長く残すウルフなら何もしなくてもインナーカラーが見えます。
シーンによって隠したい人には不向きですが、せっかくなら見せたいという人にはおすすめです。


耳にかける

耳にかけるとちらっと見えるインナーカラーは目を引きます。
さりげなく楽しみたい人は耳かけから始めてみましょう。



アレンジ一つで様々な楽しみ方ができるインナーカラー。
ワンパターンになっていた人も、少し違うスタイルに挑戦してみてください☆

関連記事

Writer : もなか さん
コスメ、美容に関することに興味津々! 日々サイトや動画で調べています♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking