コンシーラーは肌悩みに合わせてカラーを選んで!自然にカバーできるおすすめカラーは?

シミ・そばかす・くすみ・クマ・・・。どんなに丁寧にケアしていても多少は出てきてしまうこれらのお肌悩み。それらの悩みをカバーするのに欠かせないのがコンシーラーですが、お悩み合わせてカラーを選べばより自然にカバーできるんです!!今回は、そんな様々なカラーのあるコンシーラーの中から、お悩み別におすすめカラーをご紹介します♪

シミやニキビ跡が気になるならベージュ系コンシーラーがお役立ち!



<商品>
ザセム チップコンシーラー /780円(税抜)(編集者調べ)


頬などの広い範囲に表れてしまったシミやくすみに有効なのが、チップ状のコンシーラーです。
一気に気になるところをカバーできるので、とっても簡単!


ザセムのコンシーラーは液の伸びが良く、カバー力も高いのに厚塗り感がないので、最近ブームの「自分の肌が透けるような」ベースメークを、シミやくすみをカバーしながら叶えてくれます。


実力があるのに1,000円未満で購入できるハイコスパコスメであるところも人気の理由の一つです♪


デパコスでは、美容系youtuberに愛用者が多いNARSのコンシーラーが人気アイテム。



<商品>
NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー /3,600円(税抜)


ナチュラルメイク派さんも大満足の軽い使用感ながら、しっかりシミをカバーしてくれます。


コンシーラーなのに8色展開とカラーバリエーションが豊富なので、自分の肌にぴったり合うカラーを探せるのも魅力的です♡


目元に透明感が欲しいなら、ブルーのコンシーラーを!



<商品>
Dior フィックス イット カラー 100ブルー /4,200円(税抜)


大人になるにつれて悩みが深刻化してくる「くすみ」や「透明感不足」。
この問題を解決してくれるのがブルーのコンシーラーです。


目の下三角ゾーンに透明感があれば、顔全体に透明感がみなぎってくるので、使わない手はありません♪


目の下が底辺になる逆三角形を作るように、ブルーのコンシーラーを馴染ませて使いましょう。


ブルーのコンシーラーははっきりと透明感が出るものが多いのですが、あまり広範囲に使ってしまうと白浮きの原因になる恐れもあります。


目の下三角ゾーンや、明るさを出したいところ限定で使うと、自然な陰影もできてくるので小顔効果も狙えます♪


気になる赤みにはグリーンのコンシーラーが効果的!


※画像真ん中の商品


<商品>
エチュードハウス プレイ101スティック カラーコントゥアーデュオ #02(ミント×ブルー) /1,600円(税抜)


ピンポイントで気になる、ニキビや小鼻の赤みにはグリーンのコンシーラーが大活躍します。
スティックタイプのコンシーラーなら、狙ったポイントを正確にカバーできますよ!


頬の赤みなど、広範囲が気になる方は、コンシーラーではなくグリーンのコントロールカラーが最適です。


自分の赤みの出やすい場所を把握して、アイテムを選びましょう!


ちなみにニキビ跡など赤みのないものに関しては、グリーンのコンシーラーよりもベージュ系のコンシーラーがおすすめです☆


頑固な青クマにはオレンジのコンシーラー一択!!



<商品>
ケセランパサラン アンダーアイブライトナー /3,000円(税抜)


@コスメ第2位の実力を誇るこちらのオレンジ×イエローのコンシーラー。
パッと見あまりにもはっきりとしたオレンジ色に驚きますが、このオレンジが手ごわい青クマを綺麗にカバーしてくれるんです!!


青クマの原因は、血行不良。
冷えや目の疲れ、寝不足が原因で起こるのですが、この青クマをメイクで隠すのはなかなか大変です。


オレンジのコンシーラーはそんな青黒く出てしまったクマを明るくカバーしてくれます。


目元は皮膚が薄い上に顔の中でもよく動く箇所なので、アンダーアイブライトナーのように肌にピッタリ密着するクリームタイプがおすすめです。


プチプラで探すなら、キャンメイクのコンシーラーパレットのようにオレンジよりのカラーが入っているアイテムを選ぶと◎です♡



<商品>
キャンメイク カラーミキシングコンシーラー /750円(税抜)


同じ顔の中でもニキビ跡が気になる部分、クマが気になる部分、赤みが気になる部分など様々なお悩みがあると思います。


より綺麗なベースメイクを目指すなら、それらのお悩みひとつひとつに合わせたコンシーラーを常備しましょう!


いつもよりメイクの手間と時間はかかってしまうけれど、その分今までよりも綺麗なお肌になれちゃいます♡

関連記事

Writer : mikan さん
コスメが大好きな元美容部員です!ナチュラルメイクが得意♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking