目の疲れをケアして素敵美人になろう☆

パソコン、スマートフォン…あなたは一日何時間くらい画面と向き合っていますか?長時間の使用で、目がしょぼしょぼしたり、乾燥してきたり…。その目の疲れ、時間が経てば治ると思っていませんか?答えはNOです。 目に限らず、疲労の蓄積は老化を早めていくと言われています。大丈夫!と思っていても知らぬうちに蓄積し、疲れ顔、老け顔、イライラ顔…なんて残念なことになりたくないですよね。そこで今回はご自宅や職場で簡単にできるケアと予防方法をご紹介致します。目のケアと一緒に、素敵美人になっちゃいましょう!




  • 1.顔マッサージで疲れ目解消





特別な道具も要らず、場所も選ばずできるツボ押しやマッサージ。

気が付いたら小まめにケアして日頃から疲れを溜めないようにしましょう!




・攅竹のツボ

左右の眉頭に親指をあてて押していきます。

ここは「攅竹」というツボがあり、リフレッシュ効果を高めてくれます。

押す時にゆっくりと息を吐きながら行う事もポイントです。リラックス効果も高まるので、イライラ疲れ顔ともさようなら♪




・こめかみくるくる

こめかみを親指以外の4本で円を描くように押してみましょう。

目だけでなく、頭の疲れもとってくれるので、目の疲れからくる頭痛も予防することができます。




  • 2.ヨガのポーズで疲れ目解消





就寝前に簡単にできるヨガのポーズをご紹介致します。




・うさぎのポーズ

正座になります。

両手でかかとを持ちます。

息を吐きながらおでこの生え際を床につけ、ゆっくりとお尻を持ち上げて頭の頂点を床につけましょう。ポイントはおでこをできる限り体近くの床につけること、手をかかとから離さないようにすることです。

3~5呼吸キープしたら、ゆっくりと正座に戻ってきます。


※首を怪我していたり痛めている方はこのポーズは控えましょう。両手で頭を覆うようにして頂点を押すことで代用していきます。


頭の頂点には「百会」というツボがあります。目の疲れを癒してくれるほか、自律神経のバランスを整えリラックス効果もあるので、心地よい睡眠へと導いていってくれるのです。今日の疲れは今日のうちに!質の良い睡眠をとり、目をしっかり休ませてあげましょう。







  • 3.血行を良くして疲れ目解消




 

目の周りの血行を良くすることもケアの一つ。お疲れしょぼしょぼ目からスッキリした印象に!





・眉毛の下をマッサージ

親指の第一関節を眉間にあて、眉毛の下を眉尻までスライドさせてみましょう。

これを3~5回程繰り返していきます。とてもシンプルなのですが、たったこれだけでも目の周りの血行を良くして疲れを取ってくれるのです。

更に血行が良くなることで、しょぼしょぼ目からぱっちりスッキリした印象に!


温かいタオルやシャワーをあてたりしたいけど、出先や職場で難しい時に是非お試しを。メイクも崩れにくいのでとても便利です。




  • 4.食べ物効果で疲れ目予防





疲れる前に!食べ物を工夫することで日頃から目疲れし辛い体作りもしていきましょう。!




・ビタミンB群





目の疲れを予防する効果があり、目薬にも使われている成分です。また、目から脳への神経伝達もスムーズにしてくれる効果もあるので、疲れ目知らずでお仕事の効率もUPしちゃうかも?!




含まれているのはこんな食材です♪

・豆腐

・ライ麦

・のり

・うなぎ

・アボカド

・レバー

・鯖

・秋刀魚

・鰯

・牛乳

・納豆

・卵

・そば

・しじみ


などなど。


特に魚やアボカド、卵には美容効果やアンチエイジング効果も期待できるので一石二鳥です。




・DHA




実は目にはたくさんのDHA成分が含まれており、現象していくことで目が疲れやすくなると言われています。率先して摂っていきたい成分ですね。


DHAが含まれている食材は…

・マグロ

・秋刀魚

・アジ

・ブリ

・カツオ


などです。


実は刺身の盛り合わせは優秀な目疲れ予防メニューなんですね!




・ビタミンC




よくウサギの様に赤く充血してしまう方、もしかしたらビタミンC不足かもしれません。

ビタミンCには目の毛細血管を強くし、充血を防ぐ効果があると言われています。


食材は

・いちご

・キウイ

・ブロッコリー

・ほうれん草

・カリフラワー

・さつまいも

・ピーマン

・きゃべつ


などです。


中には「わかっちゃいるけれど、毎食考えるのは難しい」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、例えばちょっとしたサラダにちぎったのりをちょい足ししてみたり、外食で刺身を頼んでみたり、缶詰の魚も手軽に利用できます。また週に一度は「目に優しいごはんの日」を設けてみるのも良いかもしれません。

ご自身のライフスタイルに合わせて、無理なく続けられることが大切です。






如何でしたか?

目の疲れをケアしていくと疲れを取るだけでなく、美容効果や自律神経を整えてくれたりと嬉しいおまけもいっぱい付いてきますね!


日頃からの食生活やケアで、あなたも目疲れ知らず、素敵キレイな体を手にいれていきましょう。

Writer : myreco 編集部
myreco公式アカウントです。 コスメ・ネイル・ヘアスタイルなど女子が気になる美容情報や、ライフスタイル・スポットなどの記事も発信していきます♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking