継続すれば柔らかくなる!身体を柔らかくする方法

大人になってからでは「身体を柔らかくするなんて、できない!」と思っている人も多いのでは?実は、いくつになってもちゃんと継続をすれば「柔らかい身体」を手に入れることができるんですよ!身体を柔らかくする方法をマスターし、柔軟な身体をGETしましょう!

出典:mery.jp



1.身体が柔らかいと「良いこと」がいっぱい♡



出典:c120378990ckenkou.blog.so-net.ne.jp



今更身体なんて柔らかくしなくても…と思う人もいるかもしれません。

しかし、柔らかい身体には「良いこと」がたくさんあるんです。

基礎代謝アップや疲れにくい身体もGETすることができますよ♪

また、怪我もしにくくなり、老化予防にも効果があると言われています。

健康な身体には「柔らかい身体」が大切です。


2.早速実践!身体を柔らかくする方法【肩甲骨・肩関節が硬い人向け】




・ウォーミングアップ


出典:www.tokangroup.co.jp



まずはウォーミングアップから行っていきましょう。

最初に両肩をゆっくり引きあげ、3~5秒停止します。

その後力を抜いて肩を下ろしてください。これを5回繰り返します。


次に首を前・後ろ・右・左の順番にゆっくりと曲げてください。

これを3回繰り返します。

最後に首を左右3回ずつゆっくり回せばウォーミングアップ終了です。



・腕・肩甲骨のストレッチ


出典:mion.me



ひじを曲げたまま上に伸ばし、反対側のひじを掴んで、斜め下にひっぱります。

これを左右10秒ずつ行ってください。


次に手のひらを内側に向け、両手を上にあげます。

そしてひじを曲げながら手のひらを外側にかえし、腕を横に下ろしていきましょう。

これを10回程繰り返してください。

肩甲骨を回すイメージで行います。


3.身体を柔らかくする方法【股関節が硬い人向け】



出典:slism.jp



まずは、あぐらをかくような体勢になり、足の裏を合わせ足先を持ちます。

そのまま身体を前に倒していきましょう。

この時、背中が丸まらないように注意してください。

頭を足に引き寄せるのではなく、お腹が床につくイメージで行ってみましょう。


次にアキレス腱を伸ばすストレッチを行います。

まっすぐ前を向き、背筋を伸ばし、骨盤は正面を向け30秒ほどキープさせましょう。


出典:www.stretching.jp



最後に壁を使ってストレッチをしていきます。

ますは両足をまっすぐに伸ばし、足の裏を合わせて膝を曲げます。

そして自然に下がるところまで脚を下げ、5~10回程深呼吸をしてください。

次に脚を大きく開き、また5~10回深呼吸を行います。

この壁を使ったストレッチを継続すると開脚がだんだんできるようになっていきます。



身体の硬い部分は人によって異なります。

どの部分が硬いのかを把握し、それに合ったストレッチを行うことで、より短期間で柔らかい身体を手に入れることができるようになりますので、まずは自分の身体の硬い部分をしっかり把握してみてください。

その後、体を柔らかくするためのストレッチを実践してみてくださいね♪

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking