面接メイクで好感度アップ♪就活・転職活動でおすすめするメイクのコツ6つ

もうすぐ新しい年度に切り替わるこの時期。仕事にも慣れ、ステップアップに転職を考えている方やこれから面接を控えている方が多い季節ですね。そこで今回は、面接時に好感度が上がるおすすめのメイク方法をご紹介します。面接官に「一緒に働きたい」と思わせる印象を与えるメイクを身につけましょう!

メイクで好感を与えましょう!



あなたが面接官だったらどんな人と一緒に働きたいと思いますか?


真面目な印象に見せようと、スッピンに近いメイクは印象に残らないし、バッチリメイクは印象が悪く見えてしまいますよね。


もちろん内面も大切ですが、せっかく素晴らしい素質を持っていても、顔色が悪そうだったり、覇気がない印象の人を採用するより、明るくて笑顔が素敵な人と一緒に仕事がしたい方が多いです。


あなたが持っている魅力を面接で引き出せるよう、明るく好感の持てる面接メイクをご紹介します☆


ベースメイクで血色がよく見える肌を作りましょう


健康のバロメーターは肌の状態から分かるものです。


目の下のクマや顔の血色が悪さによってマイナスな印象を与えないよう、ベースメイクをしっかりと作り込みましょう!


肌色に合ったベースメイクを選びましょう



ベースメイクで使用する下地やファンデは、自分の肌に合わせたカラーを選びましょう!


ファンデーションのカラーは、顔と首の境目の肌色に合わせて選ぶといいですよ。


また、化粧品販売員の相談すれば自分の肌色に合ったカラーを選んでもらえるので、不慣れな人や自信が無い人は相談しても良いですね。


清潔感のある肌作り



<商品> 

なめらか本舗 リンクルジェルクリームN 100g /1,500円(税抜)


面接メイクの基本は、清潔感を出すことです!


保湿しっかりしておくと翌日の化粧のノリが良くなり、ツヤのあるお肌に仕上がるので、日頃からスキンケアを徹底して行いましょう。


またスキンケアをする時間がない人は、オールインワンがおすすめ!
スキンケアの行程が1つのアイテムに集約されているので、とても便利ですよ☆


クマやシミはコンシーラーを使うのがおすすめ!



<商品> 

+OneC(プラワンシー) モイスチャー プライマー+コンシーラー /2,600円(税抜)


目の下のクマや吹き出物などは、疲れた印象や不潔な印象を与えてしまうため、コンシーラーを使ってカバーしましょう!


このアイテムは気になる部分にひと塗りするだけで、しっかりカバーしてくれる上、さらっとしたテクスチャーなので、コンシーラー初心者でも簡単に使いこなせますよ♪


ポイントメイクで華やかで品のある女性を作りましょう


ポイントメイク1つで印象はガラリと変わります。

キツイ印象にならないよう、メイクのポイントごとにご紹介します。


アイメイクはブラウン系がおすすめ



<商品> 

CANMAKE  パーフェクトスタイリストアイズ05 /780円(税抜)


目は口ほどに物を言うということわざがあるくらい、面接において目元はとても重要な部分です。


なるべく肌色に近いブラウン系でナチュラルに仕上げ、面接やオフィスに適したアイメイクを施しましょう◎


チークで顔の血色感をアップ



<商品> 

コフレドール スマイルアップチークスN /2,300円(税抜)(編集者調べ)


チークを塗るだけでお肌の血色感がアップし、明るい雰囲気になります。


採用するなら不健康そうな人よりも、エネルギッシュな人の方が好感度も上がりますよね。


肌の内側から湧き上がるような自然な血色感が出せる、ナチュラルなチークがおすすめ◎


リップ選びは自分に合う色を見つけましょう



<商品> 

CANMAKE  スティックオンパームルージュ T02 /580円(税抜)


面接時に好印象を持ってもらうためには、清潔感と華やかさを意識しましょう!


お肌が黄みよりの人はサーモンピンクのリップを取り入れたり、フレッシュな印象を与えたい人はコーラル系のリップを選んだりすると、自分のアピールしたい印象を作りつつ、お肌をきれいに見せてくれますよ♪



面接メイクはいかがでしたか?面接官はあなたの発言だけでなく、身だしなみや雰囲気からもあなたという人物を知ろうとします。だからこそ健康的で清潔感のあるメイクを身につけ、少しでも明るい印象を持ってもらいましょう!これらのメイク術はオフィスでも使えるので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

関連記事

Writer : Barbieami さん
【楽しみながら、キレイになりたい!】がモットーの美容オタクです♡ 美容好きが集まり、より良いメイク・スキンケア・ヘアケアの情報を収集中♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking