新生活に備えて…♪今こそ“要るもの・要らないもの”を見極めよう!

もうすぐ新年度。新たな生活に向けて引っ越しや部屋の片付けをする人も多くいると思います。部屋を片付ける際に悩むのが、要るモノか要らないモノか判断すること。今回はそんな悩みを解消する、引っ越す際に知っておきたい「要る・要らない」の判断基準をご紹介します。

要る・要らないで判断するメリット



引っ越す際はなるべく新居へ持って行く荷物を少なくしたいもの。

「要る・要らない」で判断することで余計な荷物を新居へ持っていかなくて済みます。


また、荷造りをするための時間が削減できたり、引っ越しにかかる費用が安くなったりなど多くのメリットも。部屋の掃除をする際も、モノが少なくなるとすっきりとして気持ち良いですよね。


判断する基準は「ファッション」「家具・家電」「そのほかのモノ」で異なるのでぜひ参考にしてください。


「ファッション」はシーズン毎に判断



ファッション関連の服や靴、帽子、アクセサリー類などは「1シーズン使ったかどうか」が判断基準です。


通年使えるアイテムは、直近半年の間に使用したかどうかで判断してください。


季節もののアイテムは直近のシーズンで一度も使用していなければ、容赦なく捨てましょう。


また、最近ではフリマアプリを使えば簡単に売買できるので、手間が面倒でなければ出品するのもおすすめ。


「家具・家電」は買い換えたいか



家具や家電は普段よく使うモノ。要るか要らないかの判断は「新しいものに買い換えたいかどうか」という基準で行います。


引っ越しの予定がある人にとって、新居に移るタイミングは家具や家電を買い変えやすい時期。


今使っているモノを捨ててしまえば、新品を手に入れるきっかけを作ることができます。

お金と相談して判断してみてくださいね。


「そのほかのモノ」は3ステップで判断 



1番判断に迷うのが「いつか使うだろう」と思ってとりあえず残しているモノたち。

これらは以下の3ステップで判断してみましょう。


「後も使う予定がありそう」「使う予定がなさそう」で荷物を分け、印をつける


まずは大雑把に「今後使いそうかどうか」という基準で分けてみましょう。仕分ける際にどちらか悩んだらまずは要るものに。要るものにはシールか何かで印をつけておきます。


1カ月過ごす中で使ったものにはまた別の印をつける


仕分けが終わってから1カ月過ごし、その間で使用した「今後も使う予定がありそう」なモノには別の印をつけます。


別の印がつかなかったモノは今後、使用する可能性がかなり低いため、遠慮せずに捨てるようにしましょう。


買い換えたいかどうかで判断


最後は、家電家具と同じように新しいモノが欲しいかどうかで判断します。


最終的に残ったモノを見ると、少なくて不安に思うかもしれませんが、意外と過ごしていけるもの。

思い切って捨てたり売ったりしましょう。



いかがでしょうか。
家にある荷物を要らないかどうか判断することは大変ですが、荷物を少なくすると気持ちもさっぱりするものです。新生活に向けてぜひ身の回りの整理をしてみてくださいね。

関連記事

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking