つらい耳鳴りを治すには・・・?原因と対策を覚えておこう!

ふとした時に突然「キーン」と聞こえてくる耳鳴り。皆さん一度や二度は経験されたことがあると思います。大抵はすぐにおさまるので、特に気にしていない人も多いかと思いますが、実は耳鳴りは身体が教えてくれている重要なサイン。放っておいて慢性化していると、あとあと大変なことになりかねません。今回は、耳鳴りについてまとめてみました。

出典:33nari.com


1.どんな音がしますか?耳鳴りの種類



出典:zutsu-raku.com


耳鳴りの音は、主に三つの種類に分かれます。


①キーンという高音

キーンという高い音の耳鳴りは、加齢とともに耳の機能が衰えると聞こえやすい音です。耳鳴りは聴力が低下し、聞こえなくなった周波数の音が聞こえるので、高い音が聴き取れなくなると、高い音の耳鳴りがします。

原因としては睡眠不足やストレスによるものがしばしば。ただし、老人性難聴や突発性難聴、自律神経失調症の疑いもありますので、あまり慢性化するようなら耳鼻科にかかる方がよいでしょう。


②ジーと蝉がなくような音

突然耳が聞こえなくなる、突発性難聴などで起こりやすい耳鳴りです。突発性難聴とは、突然片側の耳が聞こえなくなる原因不明の病気。悪化すると治療が難しくなるため、一刻も早く耳鼻科にかかることをお勧めします。


③ボーという低い音の耳鳴り

めまいをともなう、メニエール病などの病気で起こりやすい耳鳴りです。メニエール病も進行すると治療が難しくなる病気です。

また、低音が聞こえなくなる低音難聴の前兆でも起こりやすい耳鳴りです。耳の閉塞感をともなうことがあります。


2.対処法はあるの?



出典:wooris.jp


耳鳴りは耳の奥にある蝸牛(かぎゅう)という聴覚器官の細胞に何らかの異常が起こったことを知らせるサインです。

その原因ははっきりとは分かっていませんが、自分でも気づかないようなストレスや疲労が隠れていることが少なくありません。


①疲労・睡眠不足に注意する

耳鳴りの大きな原因のひとつと考えられているものが、何といっても、疲労やストレス。

いつもより多く睡眠をとって休養するようにしましょう。

睡眠不足は自律神経が過剰に働き、脳の感覚処理が過敏となり耳鳴りを感じるようになります。


②血行をよくする


出典:googirl.jp


慢性的に肩が凝っていませんか?

特に昨今は眼精疲労から肩こりを起こし、血行不良になっているケースが多いようです。


耳に行く血流が悪化することで難聴・耳鳴りなどの症状が出ます。

適度な運動や入浴で血流をよくするように心がけましょう。


また、耳の後ろを温めることも有効です。

頭に血液を送る太い動脈が耳の後ろを通っているため、温めることで耳への血流もよくなるのです。


3.手・耳つぼマッサージで自力で改善!



自宅で簡単に出来るケア方法が、手のつぼや耳つぼのマッサージ。

血行を良くしてあげて、耳鳴りを解消しましょう♪


①中渚(ちゅうしょ)


出典:help.illnessjp.com


手の甲の、小指と薬指の付け根の間にあるくぼみ。


出典:coochanblog.com


②聴宮(ちょうきゅう)

耳の穴付近にあり、口を開けるとくぼむ部分。


③耳門(じもん)

聴宮ツボの指1本上に位置します


④翳風(えいふう)

耳たぶの後ろ、耳たぶ付け根にあるくぼみに位置します。

指の腹を当て、さするように動かして刺激します。



出典:www.jujiya-kanpo.com


いかがでしたか?

慢性的に耳鳴りが続くようであれば、早めに病院で受診してください!

大変な病気が隠れているかもしれませんよ。

Writer : Momo. さん
美容と音楽が大好きな専業主婦です

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly
--