新生活までにメイクをアップデート♡こっそり練習で苦手メイクを克服!

入学・入社など、新生活も目前のこの時期は、気分も一新するべく新しいコスメをGETして新たな自分になろうかな♪…なんて思っている方も多いのではないでしょうか?新しいメイク道具や春コスメ、期間限定のものなど、新調するだけで気分は上がるものです。しかーし、ちょっと待ってください!出費も多いこの時期、実はちょっとコスメの出費は痛いですよね…。そこで、リップやマスカラ、アイブロウなどポイントメイクを普段と少し変える、ひと手間加えるだけでいつもと同じものを使っても、印象を変えたり、ワンランク上級者メイクになったりしちゃうんです☆今回は、新生活に向け、少しずつ工夫してできるメイクテクをご紹介しちゃいます♡

デキる女は目元で決まる☆アイメイク&アイブロウメイクをマスターせよ!



人の見た目の印象は、約90%が目元で決まると言われています。
しかし、そんな大事なアイメイク、アイブロウメイクが意外にも苦手な人が多いのではないでしょうか?


新生活で出会いも多い中なのに、微妙な印象を与えてしまうのはもったいないです…!!


そんなことにならないためにも、今のうちに基本のアイメイクやアイブロウメイクを猛特訓して、新しい出会いに備えちゃいましょう♡


アイブロウ、なんとなくで描いてませんか?



実は眉毛の形だけで、雰囲気はだいたい決まるんです!

目の形ももちろんですが、眉毛はその人のなりたいイメージに近づける第一歩。


そんな大事なパーツである眉毛、なんとな~くいつも同じように描いていませんか?
そこで、眉を描く上で押さえたいポイントは5つをご紹介します。


1.眉毛を描く前の土台作りはフェイスパウダーで
眉毛にフェイスパウダーをのせておくことで、色がのりやすくなり、ふんわりとした眉に仕上がりますよ♡



2.アウトラインはしっかりと!
アウトラインだけはくっきりと描くように意識すると、それだけで眉がボサボサに見えなくなりますよ♪
いつもパウダーしか使わない人は、アイブロウペンシルも使ってみるのもおススメ☆



3.眉尻は細く、シャープに締める
眉尻を細く書くだけで、キュッと引き締まった印象に!
太眉メイクの方も、眉尻をシャープに描くだけで横顔美人に大変身♡



4.細かい部分や隙間を埋めるのはペンシルで優しく
色ムラが出ないように、優しくなでるように描くことがコツ☆
あくまで微調整であるという意識を持って。



5.眉頭の仕上げはふんわりパウダーで
眉頭に隙間があるからと言って、ついついガッツリ描いていませんか?
眉頭をしっかり描いてしまうと元の眉からどんどん遠ざかって不自然な印象に!
眉頭は、余ったパウダーでふんわりと仕上げる程度で十分ですよ☆


最後に、アイブロウメイクの鉄則として、「眉の毛流れに沿って」を忘れずに!
これができていないと、絵のようなのっぺりとした眉になってしまいます。


立体感、ふんわり感がナチュラルメイクには必須ですよ!
まず、眉のメイクを見直してみませんか?


ただ可愛いはもう卒業!アイシャドウの陰影の演出で女優メイクに♡



好きな色味を塗っているだけで、気分は上がりますが、それではただの塗り絵です!


アイシャドウは陰影を出すためのアイテム。
光と影をきれいに纏うだけで、女優さんのようなメリハリのついた妖艶な瞼に大変身します☆



1.アイシャドウベースでヨレ、崩れを防ぐ
どんなメイクでも下準備が大事です。アイシャドウベースなんて馴染みがないかもしれませんが、これを塗るだけで発色と持ちが格段にアップします♪


このひと手間を惜しむか惜しまないかでかなり仕上がりに差が付きますよ。



2.ぼかしの技術
アイシャドウでグラデーションをつけることが目の形の演出では重要!


色がくっきりと分かれていると腫れぼったく、不自然ですし雑な印象に。ブラシや指を駆使して、明暗の出し方を工夫するだけで、こなれたメイクになります☆



3.ラメ感の使い方
最近ではナチュラルメイクに濡れ感を出すことが流行っていますが、アイシャドウのテクスチャーと、ラメ感の使い方次第で、アイテムはそのまま濡れまぶたを作ることができちゃうんです♡


まず、アイホールに塗る明るい色は、ラメが小粒のものを選びましょう。
リキッドアイシャドウなど、みずみずしいものなどを薄―くつけると程よく輝き、さらに下地効果も担ってくれるので、よれにくくなります♪


大粒のラメ感のものは、その上から塗るのがGood◎
さりげな~く輝きを与えられるので、上品でうるうるした目元になりますよ♡


マスカラにも塗り方のコツがあるの知ってた!?映えるまつ毛の作り方☆



1.ぱっちりまつ毛になるためには「まつ育」も重要☆
枝毛や切れ毛、弱く脆いまつ毛だと、マスカラの重みに耐えることができずにまつ毛が下がってしまい、パンダ目になりやすくなってしまうんです!


そのため、お湯でオフできるタイプのマスカラでも油断しないで、リムーバーを使って優しくしっかり落としましょう!


また、まつげ美容液をつけるなども効果的です♪



2.上向きカールを作るには清潔なビューラーが欠かせない!
くるんときれいな上向きカールを作りたいからと、ビューラーでぎゅーっと引っ張っていませんか?
デリケートなパーツであるまつ毛はすぐに抜けてしまうので、力を入れることは絶対にNG!


また、劣化したゴムやほかの化粧品のついて汚れたゴムも抜け毛の原因となるので、取り換えましょう。


ビューラーは優しく部分的に、順番に持ち上げる方法で、自然なしっかりとした上向きカールに仕上がりますよ☆



3.マスカラ液は少量でOK!
くっきりとしたまつげに仕上げようと思って、液を大量に塗っていませんか?
実は、それがダマの原因。


また、乾くのにも時間がかかったり、すぐに落ちてパンダ目になりやすいので、大量づけはすぐにやめましょう!


マスカラ液は必ず、ティッシュオフして、余分な液を取り除いてから塗りましょう!
このひと手間だけで、輝く瞳に大変身できますよ♡



4.常に清潔なマスカラを使うこと!
眼はとってもデリケートな部位。
そんな眼に一番近いメイク道具がマスカラ。


そのため、衛生面的にも清潔なものを使うのが勿論よいのですが、実は、メイクのりも変わってくるので、見た目面にも重要☆


開封してから3ヶ月以上経ってしまったり、液にツヤがなくなってしまったり、ダマができてしまっているものは、ためらわずに買い替えましょうね♪


上品な色気を纏いましょ♪リップメイクで周囲を釘付けに



色気のある女性の象徴といえば、プルプルの唇♡
パッと見たときに、魅力的な唇だと、それだけでドキッとしちゃいますよね。


そんな唇になるためのご紹介しちゃいます☆



1. ジューシーリップは土台から!
うるうるの唇というのは、縦ジワをごまかすようにリップグロスでテッカテカに塗るのとは違います。
本来の唇のぷっくり感が保たれてこそ、ナチュラルでジューシーな印象が出来上がるんです☆


そこで必要なのが、日々の保湿。
唇も紫外線ダメージや日々のメイクによって乾燥しがち。


そこで、保湿用のリップでケアして、リップメイクに臨むようにするだけで、格段にメイクの質はアップしますよ♪


皆さんは、唇の保湿、できていますか?



2.くすみを消して輪郭を強調する!
ファンデーションやコンシーラーで唇周りのくすみを落としていきましょう。
そうすることで、発色がよく見えますし、唇周りのくすみが目立ちにくくなります。


また、光の集め方を変えることで、唇の立体感も演出。
さらに、輪郭を強調すると悪目立ちせず、ぽってりとした印象に仕上がります♪


普段直ぬりしている方は、リップブラシやペンシルで輪郭を強調したリップに変えてみるだけでも、雰囲気はガラッと変わりますよ♡



3.ティッシュオフと重ね塗りで常に鮮やかな口元に!
保湿のあと、一度口紅を塗った後など、浸透せずに残った油分は口紅が浮いてしまう原因に。
そのため、余計な油分はティッシュオフしましょう♪


そのあとに重ね塗りをするとより、落ちにくくなりますよ☆


また、重ね塗りする際に中央にグロスを載せるとそれだけでぷっくりとするので、印象もかなり変えられます♡


色落ちが気になる食事の多いときなどはティントタイプのリップにすることもおススメ。
色落ちに悩んでいた方は、アイテムの前に塗り方を見直してみては?



今回はいつものメイクをよりグレードアップさせる小技をご紹介しました。新生活目前、アイテムもリニューアルしたくなるところですが、まずは普段のメイクの仕方を見直してみてはいかが?きっとお手持ちのアイテムの魅力をもっともーっと引き出せるはずです♪


この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : dgs128504 さん
ウインドウショッピングとティータイムとスイーツが生きがいの女子大生です(*´꒳`*)

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking