花粉症で敏感肌!?肌に迫る危険に要注意!!

春が近づいてきて暖かくなってきたのはいいけれど・・・ ツライ花粉症の季節でもありますよね。 花粉は鼻づまり、目のかゆみが代表的な症状ですが実は肌にも影響を及ぼしているのです。 今回は美容薬学検定1級の筆者が花粉症が及ぼす肌への影響、メイクとスキンケアのポイントなどお伝えしたいと思います。

花粉症の時期の肌荒れに要注意!!



花粉症の時期になるとやけに肌が乾燥したり、かゆくなったりすることはありませんか?


花粉によって乾燥が進み、肌が敏感になっています。

普段、敏感肌でなくてもこの時期に肌に異変を感じたら「敏感肌」と宣言してください。


まず大事なのは保湿



花粉症の時期の乾燥の原因は花粉によるものはもちろんのこと、春先になりポカポカと強くなってきた日差しも原因の一つです。


強い日差しも乾燥を一気に進めます。

花粉による乾燥やアレルギーと、強い日差しのダブル攻撃でお肌にダメージを与えているのです。


そんな弱った肌に大切なのは、まず保湿。

乾燥した肌は抵抗力がなくなり、外部からの菌を受け入れやすくなってしまいます。


そして、バリア機能が低下しています。

そのバリア機能を守る為にもしっかりと保湿をしましょう。


普段のスキンケアではもちろん、肌が敏感になりがちな時は外出先でミストタイプの化粧水を使うのもおすすめです。


スキンケアも優しく,お肌の保護を



普段のスキンケアでも、敏感肌を意識してケアを行いましょう。

「普段は敏感肌ではないから大丈夫」という油断は大敵です!


敏感肌用の基礎化粧品を使うのはもちろん、クレンジングや洗顔ではあまり肌をこすり過ぎず優しく洗いましょう。

敏感肌用の基礎化粧品は低刺激でありながらもバリア機能を高めたり、肌のバランスを整えることができます。


その中でも特に保湿力の高いものを選ぶと効果もUP。


肌のもともとの成分に近いスクワランや、アミノ酸、セラミドが含まれたものが特に良いでしょう。


花粉症でもメイクしたい!



乾燥した肌でも鼻をかみ過ぎて鼻がカサカサでも、目がかゆくて赤くてもメイクをしたい、またはしなくてはいけない!という場面もありますよね。


そんな花粉症とうまく付き合いながらも、できるメイク方法をご紹介します。


ファンデーションはリキッドタイプのものを選ぶ。



ファンデーションは乾燥しがちなパウダータイプよりも、保湿力のあるリキッドタイプのものを選びましょう。


また、最近では肌に優しくクレンジングなしで落とせるタイプのファンデーションもあるので、そういったタイプを選んでもいいですね。


カサカサ鼻には油分を与えて!!



鼻をかみ過ぎると赤くなり、やがてはカサカサになりファンデーションなんて全然のりません。


そんなカサカサ鼻の救世主は、バームタイムの保湿クリームです。

これを、朝晩とカサカサの気になる部分にしっかりと塗ります。


そして、就寝時にはできればマスクをして潤いを閉じ込めるようにしましょう。

これでだいぶ、カサカサはおさまるはずです。


ちなみに、バームタイプの保湿クリームは皮膚に膜をつくることができるので花粉などから肌を守る効果もあります。


目がかゆくてもできるアイメイクとは・・・



本当はアイメイクやコンタクトレンズは控えていただきたいのが本音です。

もし、メガネで過ごす選択肢があるのならおしゃれなメガネで目元をカバーして、アイメイクはごくごく薄めに。


メガネの選択肢がないのなら、バウダータイプよりはクリームタイプのアイシャドウがおすすめ!


ここでもやはり、ポイントは保湿です。

クリームタイプのアイシャドウの方が保湿力はありますからね!


そしてアイメイクはシンプルに。

あまり沢山のものを付けすぎないようにしましょう



今回は、花粉症の時期の肌への影響とメイクについてお伝えしてきました。


花粉症に悩まされている方は、たくさんいると思いますがそんなときこそ自分のお肌を可愛がってあげて、上手く付き合ってあげてくださいね。


この記事は編集部及び美容薬学検定1級所持ライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : homari さん
コスメコンシェルジュと美容薬学検定1級を持っている、美容マニアです。 皆さんに、楽しい情報を届けられるよう頑張ります!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking