おしゃれなアレンジにはゴールドピンが必須!簡単なのに褒められるヘア8選♡

ここ数年じわじわと人気を上げてきたゴールドピン♪他のヘアアクセサリーと比べて、使い道が広く、数本持っているだけで留める、飾るといろいろなアレンジができます。可愛くも大人っぽくも自由自在♡ 今までアレンジをあまりしたことない人にも取り入れやすい、簡単なゴールドピンアレンジをご紹介します!

ゴールドピン基本の留め方



よく話題にされる、ヘアピンの向き。


短い方が地肌側?外側?

いろいろな説があるようですが、これはあくまでも髪の毛をまとめるための使い方。


対してゴールドピンは「見せる」ことがメインなので、見せたいように留めれば大丈夫!

例えば、ウェーブがついているゴールドアメピンであれば、短い方を外側にすると波模様のアクセントになります♪


大人っぽくしたいときは、まっすぐな長い方を外側にし、クールに飾ることもできますよ!


ヘアピンはズレるから苦手…というあなたに



お手入れの行き届いたさらさらヘアだとどうしてもピンがずれやすいですよね。


そんな時は、あらかじめワックスをもみ込んでおくことや、留めた部分にスプレーすることが必要です。


ピンを交差させて留めるアレンジをすると、より滑りにくくなりますよ♪


形をつくって飾るヘアアレンジ


△モチーフ



三角型のヘアアクセが人気ですが、ゴールドピン3本使えば自分で作れちゃうんです!


なるべく毛の流れと違う向きになるように3本を組み合わせます。


軽くハーフアップを作るように左右から髪の毛の束を持ってきて、束を交差させた部分に△を作ると可愛く留めることができます。


ゆるいポニーテールを作り、少し隠れるようにサイドに飾るのもお勧めですよ!


リボンモチーフ



お次はリボン♪

大き目のリボンを前髪やサイドのアクセントにもってくるとキュート♡


ゴールドの直線で縁取られてるので、ふわふわになりすぎず女子ウケも◎


大小2種類の長さのピンを用意するとリボンの形を調節できます


☆モチーフ



こちらは、ちょっとテクニックがいります。


バランスが難しく、自分でやると鏡越しになるのでなかなかうまい角度に留まりません。


しかし、このアンバンスが無造作感を演出してくれるので、アレンジが苦手でも挑戦してみてください!


5つのピンを組み合わるので、がっちり留まります。

アレンジ後におくれ毛が残ってしまった時などに入れ込むこともできますよ♪


ラフに留めるアレンジ


おろした髪にアクセント



まとめていない髪にワンポイントとしてゴールドピンを並べたり、交差させたりするだけで、女の子らしさあふれる雰囲気に大変身!


数本まとめて使用することがポイントです!


アシンメトリースタイル



片耳が出てアシンメトリーになっている髪型、かっこいいですよね。


耳にかけただけではすぐ落ちてきますし、編み込むのは面倒…。

そんなときゴールドピンを使えば、一気にあか抜けた印象へ!


上の髪がかぶさると、せっかくのアレンジが見えませんので、元々トップ寄りに留める、スプレーで固めるなど工夫してみてください☆


前髪アップ!



前髪を上げるとき、ゴールドピンを使ってはいかがでしょう?


ただ前髪がじゃまな時だって、ピンの色を変えるだけでとても手の込んだアレンジに見えちゃいます♪


異種素材ミックスアレンジ


斬新な飾りゴムに!



なんと!ヘアゴムで髪の毛を束ねた後、ピンを引っ掛けて飾りゴムを作っちゃうアレンジです。


結び目も隠れるし一石二鳥!

ピンの閉じた部分が上になるようにし、一部髪の毛に引っ掛けたほうが落ちにくいです。


太めのゴムを使用した方が崩れにくいですが、ずれても直しやすいアレンジですね♪


バレッタと組み合わせて



ガーリーなバレッタで留めた後、ゴールドピンを横に飾るだけ。


なんとも簡単ですが、異種素材のミックスで個性的に見えませんか?

練習なしで明日からすぐできるアレンジですね!


写真のように、バレッタとピンの位置を整えずにばらすことでこなれた感が出ます♪



いかがですか?


かつてアメピンといえば、ヘアアレンジの縁の下の力持ちでした。

ゴールドに変えただけで、垢抜けた主役へと早変わり!


アレンジをあまりしないという人も、アメピンなら取り入れやすいのでは?


ぜひ、試してみてください♡

関連記事

Writer : May さん
元歯科医師です。 医療の知識を活かし、美容について身体の仕組みから考えることが趣味の美容オタク。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking