彼の愛情はいかほど?彼があなたにゾッコンである証拠

一言で「好き」と言っても、グラデーションがありますよね。単なる興味なのか、いいなぁくらいの好意なのか、大好きすぎてゾッコンなのか。 付き合ってからも好きの度合いはカップルで違うものですが、できれば彼にはゾッコンになってほしいもの……。 言葉で「大好き」とは言えない男子だって、ゾッコンなら態度が変わります。 そこで今回は、彼があなたにゾッコンである証拠をご紹介。

ゾッコンのサイン


■ あなたの優先順位がかなり高い


言葉で「好き」と言わなくても、スキンシップが多くなくても、あなたの優先順位が高いのならゾッコンなんだと思います。


普通に考えて好きでもない相手を優先するって、余程何か(利益と)がない限りしないですって。


忙しくて一日かけてのデートができなくても、隙間時間でお茶してくれるとか、体調が良くなくてもなるべくあなたに会おうとするとか、あなたが寂しがれば電話をかけてくれるとか、あなたのためを思った言動が多いのなら十分愛されていると思います。


■ 奢ってくれる、小さなプレセントをくれるなどお金をかける


隙間時間でお茶するなど、二人の時間をたくさん作ってくれるのもそうですが、お金をかけてくれるのもゾッコンの一つでしょう。


まぁ「デート代は男が出すもの!」と男気強い男子なら女子に奢るのが当たり前なのかもしれません。

ただ、今はバブルじゃないし、どちらかといえば割り勘も普通になってきてますからね。


けど、好きな子にはいいところ見せたいんです。多分“気になる”くらいの好意なら割り勘かもしれませんが“ゾッコン”レベルまでいくと奢る男子も多いかと。


またプレゼント。何かとモノをくれる、例えば家に遊びに来るたびにスイーツを買ってきてくれるとか、デートでふらっと入ったお店でアクセサリーを買ってくれるとかは、好きだからでしょう。


遊び慣れている、お金を持て余している男子ならゾッコンじゃなくても女子にプレゼントしたりしますが、普通の男子でちょこちょこ奢ってくれたりプレゼントをくれるのは本気で好きだからです。


■ あなたのために妥協したり譲ったり


彼女のことが大好きだと彼女優先になる男子も多いです。

もちろん、亭主関白系、俺様系は彼女が好きでも我を貫き通そうとしたりしますが、普通の男子は自分のことよりも彼女優先になりやすいです。


例えば、意見が違った際、彼女の意見を優先したり、デートもなるべく彼女の予定に合わせようとしたり、何かを分けるとき彼女にいい方を譲ったり。


彼が率先してあなたのために妥協したり、あなたに譲ったりするのは単に優しいだけではなく、愛情があるからだと思いますよ。


■ あなたの周りの人も大事にしてくれる


あなたのこともそうですが、あなたのまわりの人、例えば友達や両親、仕事仲間なども大事にしてくれるというか、一切悪口を言わない、会った時も親切丁寧に接してくれるのなら、あなたのことが本当に大事なんだと思います。


本当に大好きだと、相手に関わる人全てが愛しくなるんですよね。それが行動に出ているだけです。

あなたには優しいけど、あなたと二人の時に彼があなたの友達の悪口を言ったり、あなたの仕事仲間をバカにしたりする場合、愛情は薄いでしょう。


あなたにもそうですが、あなたの周りの人も大事に丁寧に接しれくれるのならゾッコンだし、彼はしっかり精神的にも大人だと思いますよ。


■ 愛情は行動に出る


軽い”好き”ではなく、ゾッコンになると男子の言動もかなり愛情深いものになります。

もし「大好き」って言われなくても、ご紹介したことがあるのなら大丈夫! 彼はあなたにゾッコンです。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・「今、それじゃない…」男性が気疲れする女性の気配り3つ

・気になる彼は大丈夫?付き合う前に誠実さを見分ける3つのポイント

・破局ばかりで続かない…交際を長続きさせるためのコツ

・甘え上手は愛され上手!彼がかまいたくなる女子の特徴3つ

・年下男子にモテる「おねえさん女子」の特徴とは?

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking