30代からの基本オフィスメイク。でも個性も楽しみたい♪

オフィスでのメイク、大事ですよね。オフィスでのメイクは「自然」、「きちんと感」、「清潔感」が大原則だと言われています。そりゃあ、この3原則を守っていれば間違いはありません!でも、メイク好きさんはこれじゃあ普通すぎる・・・楽しめませんよね。今回はそんなオフィスメイクを楽しむ方法を、伝授したいと思います。

ステキなのは何となく自然な立体感



最近は化粧下地や、ハイライト、ノーズシャドウを駆使した立体感メイクがトレンドとなっています。
それも自然な立体感メイク!


最近ではかなり光を反射するハイライトも発売されていますが、オフィスでギラギラとしすぎていませんか?


ノーズシャドウをうまく使って立体感と小顔効果を作り出す☆


ノーズシャドウは30代からの落ち着いた、印象を作り出すメイクにぴったりなんです!


例えば鼻筋を強調する場合、一般的にはハイライトを鼻筋の中央に一直線に入れます。

でも、煌びやかすぎて・・・なんて時にはハイライトは使わずに眉の下から眉の延長線上の鼻筋両方にノーズシャドウを入れます。


眉の下から入れることにより、目元にも立体感が生まれアイシャドウでの立体感作りの手間が減ります。


もちろんあまり濃すぎる色は不自然ですから、薄い色とブレンドして使えるノーズシャドウがおすすめです。


ハイライトの使い過ぎに要注意!!



ハイライトをたくさん使うことは、肌にツヤを持たせ少々若作りの印象を持たせてしまいます。


もし、ハイライトを使うなら、ファンデーションの前に使うようなクリームタイプのものや、パウダータイプのものはその後にファンデーションで少し抑えると落ち着いた印象になります。


または、ハイライトを使わずにリキッドファンデーションのあとに少し明るい色のフェイスパウダーを使うのもおすすめです。


ハイライトを使わなくても、肌は明るい印象になりハイライトを使う手間も減ります。


眉の不自然さに要注意!



「眉で顔の印象が決まる!」と言われるほど、眉は大事なパーツです。
あなたの眉毛、不自然にはなっていませんか?


眉のカラーで大迷走?


今や眉マスカラはかなりのカラーバリエーションがあり、楽しめる反面、迷走してしまう原因の1つでもありますよね。


基本的に眉のカラーは、髪の毛と瞳の中間色と言われています。
明るい色にすると幼い印象になり、濃い色になると強い印象になります。


あまりに濃い色はもちろんおすすめできませんが、30代からの眉カラーとしておすすめしたいのは明るい色よりも落ち着いた深みのある色です。


いきなり、濃い色に挑戦するのも勇気がいるでしょうから、まずは一段階からでも色を落として落ち着いた大人メイクに挑戦してみましょう。


眉を描くにはやっぱりパウダー☆


オフィスメイクでの眉は、やはり少々太いほうがいいでしょう。


太めの眉はペンシルで描くと強調しすぎてしまう為、パウダーがおすすめです。

ペンシルで薄く輪郭を描いたあとに、その中を埋めるようにパウダー使います。


そして、もう1つのポイントは眉をしっかりとした長さで描くこと!

口角から小鼻の横を通り過ぎて、目尻の延長線上が眉尻になるのが理想です。


眉はしっかりと描くことで、どこか人と違った素敵な印象に仕上がります。


リップは1本でもON、OFFが楽しめる♪



オフィスメイクでのリップの色選びは難しいです。
肌色を美しく、アイメイクも魅力的なのにリップだけ浮いていたら台無しですよね。


リップは印象を変えるグロスを投入!


ここ最近は鮮やかなリップがトレンドとなっています。
でもオフィスメイクにはどうも向かない・・・なんてことはありませんか?


そこで、おすすめしたいのはリップグロスの使用です。
最近は、カラーの印象をちょっぴりチェンジできるようなグロスが多く出ています。


例えば、赤すぎるリップには白グロスや、ベージュ系のグロスを重ねることで落ち着いた印象になります。


逆に、オフィスメイク向けのリップに赤グロスやラメ感の強いグロスを重ねるとグッと鮮やかになり、一気にプライベートモードに!!


グロス1つでリップの印象が変わるので、是非挑戦してみてくださいね♪



今回は個性を楽しみたい、30代からのオフィスメイクについてお伝えしてきました。いつものオフィスメイクにマンネリを感じている方、今回紹介した方法を是非試してください。そして、新たな自分の発見にもつながるかもしれません。メイクを楽しんじゃいましょう!!

関連記事

Writer : homari さん
コスメコンシェルジュと美容薬学検定1級を持っている、美容マニアです。 皆さんに、楽しい情報を届けられるよう頑張ります!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking