ダイエットや美容効果倍増!ジュースクレンズ徹底ガイド♡

美容通で知られるローラや、パリ・ヒルトンなどのセレブが実践していることで話題のジュースクレンズ。欧米では数年前から流行のダイエット方法となっています。短期間集中で三食の食事をジュースに置き換えることで、即効でダイエット効果を得ることができちゃいます♡

出典:weheartit


どうしてジュースクレンズは即効性があるの?



出典:weheartit
 
ジュースクレンズで使用するジュースは、新鮮な野菜や果物を使った100%ジュース。
野菜や果物に含まれているカリウムが、体の老廃物や毒素を排出してくれます。
 
普段私たちの体内で肌のくすみや内蔵脂肪の原因を引き起こす、老廃物や毒素たち。
肉や乳製品など動物性たんぱく質によるものや、白砂糖などの酸性食品が原因で発生すると言われています。
通常の生活ではなかなか体外に排出できませんが、このジュースクレンズを行うことで毒素などを体外に排出し、すっきりヘルシーな体に生まれ変わることができるんですね。
 
そのうえ、ジュースは「コールドプレス製法」という方法で熱や水分を一切含んでいないので、からだに必要な酵素などをそのまま取り入れることができるのです♡

ジュースを飲むだけじゃダメ!大事なのは準備食と回復食♡



そんなお手軽なダイエットとして知られているジュースクレンズですが、実は当日ジュースを飲むだけじゃ得られる効果は半減してしまうのです…。

ジュースクレンズの前後2〜3日間がカギ。

それぞれ、前3日間は準備食、後3日間は回復食と呼ばれる食事をするべきなのです。

そうすることで、胃の負担やリバンウンドを防ぐことができますよ。

 

準備食について

出典:weheartit


まずは、水を多めにとりましょう。

朝は流動食にするのがオススメ。

例えば、具なしの味噌汁とおかゆなど。

昼、夜はスープやサラダメインの食事にしましょう。



回復食について


出典:www.amazon.co.jp


最初にとる食事は、かなりゆるく炊いたおかゆなどに野菜や果物などにしましょう。

また、バナナやアボカドなど油分が多いものは避けましょう。

徐々に量を増やしていき、4日目ぐらいから通常食に戻すようにしてください。

乳製品や肉類など動物性たんぱく質の含まれる食品は回復食期間は避けるのが理想的です。



ジュースクレンズ期間中に気をつけること



出典:weheartit


①同じ量の水を飲むこと

野菜や果物に含まれるカリウムは、老廃物と一緒に水分も排出してしまいます。

そのため、ジュースと同量ぐらいの水を飲むようにしましょう。

ジュースクレンズ中は体の冷えを感じる方も多いので、温かいハーブティーなどでも可です。

ただし、カフェインやアルコールが含まれるものは避けてくださいね。

 

②運動は行わないこと

いくらジュースで必要な栄養分を補っているとはいえ、運動はできるだけ行わないようにしましょう。

するとしても、ウォーキングなどの軽めのものに留めておいてください。

 

③体調不良がでてきても焦らないで

ジュースクレンズ中、頭痛・めまい・からだのだるさ・不眠・イライラ・吐き気・下痢などの一時的な表情が表れることがあります。

これは毒素を排出している証拠。

焦らないでください。

トイレには頻繁に行くようにしましょう。



いかがでしたか?

大流行中のジュースクレンズダイエット。

正しいやり方で美容と健康を手に入れてくださいね。

 
Writer : riririttannnn さん
22歳♀美容・恋愛・アダルトの駆け出しライター。現役レースクイーン、某私立大学生です。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking