ポイントさえ覚えればOK!クールメイクの作り方♪

メイクは、キュート系、クール系、エレガント系、フレッシュ系などちょっとした変化でどんな印象にも変身できるのが魅力です。 今日はその中でも「クールメイク」についてご紹介します。 クールメイクは、もともとクール系が好きな方にはもちろん、仕事でキリっとした印象を与えたい時にも使えるメイク方法です。

ポイントは線の描き方にあった。



〇と□にクールとキュートの印象を当てはめるとしたら、あなたはどちらに当てはめますか?


きっと、丸みの強い印象のものにはかわいらしさ、四角のように角のある印象のあるものにはクールなイメージがあるのではないでしょうか。


これは実はメイクにも言えることなのです。


クールメイクは直線でつながれている


□がクールのイメージがあるように、クールメイクは一つ一つの線が直線でつながれています。
例えば眉毛は、眉頭から眉山を直線に上げ、眉山から眉尻までを直線に下げるように意識します。


また、リップも唇の中央からリップポイント(1番高い山の部分)までを直線で上げ、リップポイントから唇の端まで下げる時も直線を意識します。


もちろん、リップブラシも必須です。
メイクをする上での線を直線で意識するとクールメイクに一歩近づくことができます。


ハイライトやパウダーで質感や立体感を大切に!!



最近はあまり色味を使わず、ハイライトやパウダーで質感や立体感を演出するメイクがトレンドになっています。


これはクールメイクにも言えることでなんです!
ではどうしたら良いのでしょう?


クールメイクに近づける形(輪郭)を知る


「あの人はクールな印象だね。」と言われる人の中にはもちろんその人の性格などもあると思いますが見た目も関係しています。


クールと言われる要因には、丸顔より面長だったり、骨格がしっかりとした印象の方が多くいます。


要するにやはりここでもポイントは「直線ですね。」
自分の輪郭をできる限り、直線に近づけることがポイントです。


ハイライトやノーズカラーを上手に使って


自分の輪郭を、理想の形に近づける時に使えるのがハイライトとノーズカラーです。


丸顔の方だったら、丸みの気になる部分にノーズカラーをさりげなく入れます。
また、鼻筋が通っていたほうがクールな印象に近づける為、鼻筋にハイライトカラーを入れるのも良いでしょう。


ハイライトやノーズカラーはあくまでも「さりげなく」。
つけ過ぎには要注意です!!


質感はセミマットで


次に大事なのは肌の質感です。
今、流行りのツヤメイクは少しキュートな印象かと思います。


クールメイクに仕上げるには肌の質感は、セミマットをオススメします。
マット過ぎる肌だと、くすんだ印象も与えがち。
ツヤ過ぎず、マット過ぎず、「セミマット」が最適です。


セミマット肌のキーポイントは、リキッドファンデーションorクッションファンデーション。
仕上げにベージュ色のフェイスパウダーをつけます。


フェイスパウダーはラベンダー色やホワイトを選ばす、ベージュで。
ベージュをつけることで、上品な肌の仕上がりになります。


色選びも大切に!



もちろん、色選びも大切。
クールだからといって、あまりにも色味がないのもNG!
でも、ショッキングピンクや明るすぎる赤系もNGです。


肌なじみのいい色を選ぼう


クールメイクに近づける色選びは肌なじみのいい色を選ぶことです。
1番のオススメはベージュ系やオレンジ系。
アイシャドウはベージュ系、チークはオレンジ系がおすすめです。


アイシャドウやチークでもマット感の強いもの、少しだけラメ感があり肌色を明るく見せてくれるものなど様々なタイプがあります。


上手く使い分けて、その日のメイクを選んでみましょう。


時には挑戦カラーで☆


時には冒険心のあるカラーを楽しみたいですよね。
そんな時、クールメイクにおすすめなのはスモーキーカラーです。


使い方は少し慣れがいりますが、上手く影をつけ立体感を出せるととても魅力的なクールメイクになります。


メイク上級者さんにはぜひ挑戦していただきたいテイストです!



今回はクールメイクについてご紹介してきました。
クールメイクのコツや魅力が伝わりましたでしょうか。
いつも、キュートメイクが多い方もたまには印象を変えて楽しんでみてくださいね♪

関連記事

Writer : homari さん
コスメコンシェルジュと美容薬学検定1級を持っている、美容マニアです。 皆さんに、楽しい情報を届けられるよう頑張ります!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking