【強力アレンジピン】が優秀と噂…!セルフヘアアレンジがより簡単になる秘密とは?

あなたは可愛く凝った髪型をするのが好きですか?最近はインスタグラムやyoutubeでも丁寧に説明してくれるヘアアレンジ動画などがあるので、セルフでも色んなヘアアレンジを学ぶことができますね。凝った髪型をする人にとって悩みになるのが、うまくピンを留められない、髪が崩れてきてしまう、しっかり留めるためには何本もピンを使わないといけないこと。実はそれらの悩みを解決してくれる強力なアイテムがあるそうです!耳より情報を解説していきます。

貝印の強力アレンジピンがすごいらしい!



<商品>

貝印 強力アレンジピンM(黒) /311円(税抜)


「このピンじゃないと私のこの髪型は作れない」と多くの人に言わせるほど、しっかりホールド、キープを叶えてくれるのが「貝印」の「強力アレンジピン」です。


このピンの特徴は…?


頭の形にフィットするカーブ


大抵のピンはまっすぐですが、強力アレンジピンは大きく反った形をしています。


頭の形は丸いのに、まっすぐの形状のピンを挿すと頭とピンの間にわずかな隙間ができ、浮いてしまいます。


でも強力アレンジピンなら頭の形に合わせてフィットするので、滑りにくくしっかり髪をホールドしてくれます。


根本に髪をホールドするとヘアポケット


一般的なヘアピンに比べ、強力アレンジピンは根本のヘアポケットを大きく取っています。

さらにその部分を波打たせることにより、髪をしっかりまとめてくれます。


ヘアポケットが小さいと、たくさんの髪をいっぺんに挟みきることができず、ヘアピンが押し返されてしまうことも…。


その点強力アレンジピンは髪を挟んで逃がさないので、髪型を一日がっちりキープしてくれます。


サイズとカラーが豊富


サイズはSMLの三種類、カラーは黒と茶色の二種類あります。


前髪アレンジからアップヘアアレンジまで幅広く対応できるよう、異なったサイズのピンを用意しておくといいですね。


強力アレンジピンを使ったヘアアレンジ



強力アレンジピンのスゴイところは、一般的なピンを使った場合よりも少ない本数でヘアアレンジが完成してしまうこと。


ホールド力やキープ力の高さを実感できます。

写真を参考にヘアアレンジにトライしてみましょう!


首元すっきりゆるふわアップ



①    髪全体をホットカーラーで巻いておき、ふわっとさせるとアレンジがしやすくしましょう。
②    トップとサイドをくるりんぱ。
③    くるりんぱした髪をざっくり毛先まで編み込みます。
④    編み込んだ髪を毛先からくるくる巻き込んで、最後ピンで留めれば出来上がり。


使ったピンはなんと2本!
ヘアアクセをつけると一段と華やかに仕上がります。


ボブでもできる!編み込みアップスタイル



ボブなのでアップは諦める?その必要はありません。


頭頂部から細かく編み込んでいき、毛先をゴムで留めたら、毛先を中に折り込んでピンで固定します。
強力アレンジピンなら1本で十分しっかり固定されます。


強力アレンジピンを使ったお花のようなお団子



①    ローポニテを作って、トップをバランスよく崩します。
②    三つ編みを作り、毛先をゴムで留め、編み目を広げていきます。編み目を広げると後々お花のように見せることができます。
③    三つ編みを根本に巻き付け、ピンで固定。


ふわっと花びらが広がったバラのようになります。


なんとたった一本!アレンジピンでつくるラプンツェル風アレンジ



①    ハーフアップ、サイド、後ろの髪を3つに分けます。
②    ハーフアップした髪は三つ編みを作って、花のように巻き付け、ピンで固定。 強力アレンジピンなら1本でしっかりキープできます。
③    サイドの髪はねじって1本にし、先ほど作ったお団子に沿わせるように固定します。
④    残った後ろ髪で3本の三つ編みを作り、その3本で1本の大きな三つ編みを作ります。


可憐で好奇心旺盛なプリンセス、ラプンツェルのような髪型の完成です。



少ない本数でもしっかり髪の毛をキープし、崩れないピンは、ヘアアレンジが大好きな人なら見逃せないアイテムですよね。アレンジしたては綺麗なのに、数時間たつと崩れてくる場合、使っているピンが原因かも…。さっそくお店にゲットしに行きましょう♪


なお画像の引用についてはnyannyan999様、akkokelly様、ove_myunime様、love_myunime様に許可を頂いております。

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking