アウトバストリートメント、何を使ってる?自分にぴったりのトリートメントを見つけてみよう♪

ヘアケアのポイントといえば、「アウトバストリートメント」というのはもはや常識! ミスト、ミルク、オイルとアウトバストリートメントと言ってもその形態はさまざまですが、みなさん、どういう基準で選んでいますか?? 好みのテクスチャー(使用感)で選ぶというのも大切だけど、なりたいヘアや自分の髪質にあったものを選ぶのはもっと大切です!! 今回はそんななりたいヘアやお悩み別に、あなたにぴったりのアウトバストリートメントの選び方をご紹介します♪

ミストタイプはダブル使いがおすすめ!



ミストタイプは液体タイプのアウトバストリートメントです。
油分よりも圧倒的に水分が多めなので、髪の毛のコーティングよりも水分補給と栄養補給が得意分野になります。


「ミストタイプ=寝ぐせ直し」と思われがちですが、実は乾燥が気になる髪のケアにおすすめのトリートメントなんです!


使い方は簡単!
濡れた髪でも乾いた髪でも、まずはミストを髪全体へかけます。
髪の表面が軽く湿る程度にスプレーしたら、手で全体に馴染ませます。


この後がポイント!!
髪全体がしっとりとしてきたら、ミルクタイプやオイルタイプなど、油分の多いアウトバストリートメントを髪全体に馴染ませるのです。


こうすることで、髪に浸透したミストタイプの効果を、髪内部に閉じ込めておくことができるのです!!
ミストタイプだけだと水分は蒸発してしまうのですが、油分でコーティングしてあげることで、うるつや髪に仕上げることができます。


ぱさぱさと広がってしまう乾燥した髪には、こんな風にミストタイプとミルクorオイルのダブル使いがおすすめです♡


乾燥が気になるなら、オイルよりもミルクタイプが最適♪



ミルクタイプのアウトバストリートメントの特徴は、程よく水分を含んでいることです。
その為、乾燥が気になる髪には水分と油分を一気に補給できるお助けアイテム。


ミルクタイプはオイルに比べて水分がある分、ぱさぱさ広がってしまう髪に特におすすめです!!


ミルクタイプとオイルの違いは、髪を乾かした後にもわかります。
例えば、ふわっとしたカールやウェーブを特徴にしたヘアスタイルにしたい場合は、オイルよりも軽やかに仕上がるミルクタイプが◎。
やわらかい質感の髪になれます。


ちなみに友人の美容師が特におすすめしているのがこちらのヘアミルクです。
 


〈商品〉
ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン 120g / 2,600円(税抜)
ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン+ 120g / 2,600円(税抜)


ちなみに髪のが太めの方には、エマルジョン+の方が、より髪がやわらかくなりおすすめです♪


紫外線対策には断然オイル♡



最後にご紹介するのはオイルタイプのアウトバストリートメントです。

そのオイルタイプの特徴は、髪の毛一本一本をコーティングすることにより、ドライヤーの熱や、紫外線から髪を守る働きが強いところにあります。


したがって、髪の毛の補修というよりも、これ以上髪を痛めたくない!!という方におすすめです。

仕上がりはオイルな分、サラサラはしますが軽やかさが少ないものが多いです。


髪の量が多い方や、太い方に特に向いていると言えます。
ツヤとまとまりのある髪になれますよ♡


オイルタイプは比較的オーソドックスなタイプなので、椿油のような定番商品から、一時期美容通の間でバズったellipsまで様々な商品があります。


手触り・仕上がりは商品によるところが大きいので、髪の量が多く太い方はしっとりした重めタイプ、量があまり気にならない細い髪の方ならさらっとしたタイプを選ぶなど、自分の髪に合わせてチョイスしましょう。



アウトバストリートメントは意外と自分の髪に合ったものを使っていないという方が多いのが現状です。
せっかく気を使うなら、自分にとってベストな商品を選びたいですよね!
髪質や乾燥度合いに合わせてアウトバストリートメントを使い分けて、アレンジしやすい綺麗な髪を育てましょう♡

関連記事

Writer : nanamis2 さん
美容とコスメとスタバが大好き。 [資格:化粧品検定2級 ]

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking