1泊2日の旅行に♡ちょうど良い大きさのかばん6選

1泊2日のプチ旅行。いざ準備をしようとしたものの、どんなカバンを持っていくのがいいか迷いますよね。今回は、トートバック、リュック、ボストンバック3タイプのバッグから、持ち物に合わせた選び方をご紹介。1泊2日の旅行にぴったりな、機能性やデザイン性も兼ね備えた素敵なバッグたちを紹介していきます!

トートバックは少ない荷物におすすめ



 肩にかけたまま簡単に荷物を取り出せるのがトートバックのメリット。ただし、荷物が多ければ多いほど肩への負担が大きくなってしまうので、少ない荷物で済む旅行におすすめです。
 

どんなファッションにも合う無地トート



<商品名>
URBAN RESEARCH キャンバスフリンジビッグトート / 7,000円(税抜)


カジュアルファッションの定番ブランドであるアーバンリサーチのビッグトート。バッグの口部分のフリンジが、シンプルなデザインに可愛らしさをプラスしてくれています。

A4サイズがすっぽりと入るサイズと、マチ付きのたっぷり容量が魅力的。


シンプルな無地デザインのためどんなファッションにも合わせることができます。内側にも小さなポケットが付いているので、仕分けして荷物をしまうことができます。


 色落ち具合がカジュアル旅行にぴったり☆



<商品名>
Butler Verner Sails 反応染ムラ糸キャンバス ビッグトート / 8,500円(税抜)


縦に長いデザインが特徴的なビッグトートバック。生地にはムラ糸を使用しているため、キャンバス生地のものよりも味のあるこなれ感を演出できます。適度な色落ち具合が、カジュアルな旅行にぴったり。


収納スペースが大きく2つに分かれており、服や小物など用途によって仕分けできるのもポイントです。


荷物が多くても安心!旅行の定番ボストンバッグ



たっぷりの荷物を収納できるボストンバッグは、旅行の定番バッグですよね。底が長方形でマチも広く、開口部が広いデザインのため多くの荷物が入ります。


レザー素材ならビジネスシーンにも◎



<商品名>
Add+ 2サイズ イントレチャートボストンバッグ / 9,700円(税抜)


レザー素材で作られた大人なデザインが特徴。旅行だけでなく、1泊2日の出張などビジネスシーンでも活躍するオフィスカジュアルなデザインです。付属品にショルダーストラップが付いているので、肩に掛けることも。


耐水性抜群なナイロン生地は屋外旅行でも安心



<商品名>

MARY QUANT シンプルロゴデイジー ポケッタブルボストン / 8,200円(税抜)


MARY QUANTのロゴが中央にデザインされた可愛いボストンバック。柔らかいながら強度もバグツンなナイロン生地を採用。耐水性にも富んでいるため、屋外を歩く旅行などで重宝しそう。


もちろん大容量で、翌日の着替えまでも収納できます。小さく畳むこともできるので、長期旅行のときにはセカンドバックとしても持っていけます。


大容量ながら両手が空くリュックは持ち歩きにぴったり



荷物を背負うため、疲れにくいのがうれしいリュック。両手が空くので、小さな子供を連れた旅行や、お土産をたくさん買う予定がある時におすすめです。


シンプルなロゴが上品さを演出



<商品名>

agnès b.  VOYAGE FEMME MS04-06 ナイロンバックパック/リュック / 17,000円(税抜)


丸みをおびたデザインが可愛らしいアニエスベーのリュック。無地のデザインに据えられたシンプルなロゴが上品さを演出してくれます。マチも12cmと広くとってあり、化粧品から着替えまでしっかりと収納できます。

ナイロン生地を使っているため屋外での急な雨にも安心です。


機能性重視ならアウトドアブランドのリュック



<商品名>
Coleman ウォーカー25 / 5,891円(税抜)


アウトドアブランド「Coleman」のリュック。アウトドアでも使えるデザインになっているため機能性が高いところがポイントです。
収納スペースが多いことはもちろん、撥水加工や身体の負担を減らす作りなど、機能性重視の方にぴったりなデザインになっています。


10種類以上のカラーから選択可能。スポーティなファッションが好きな方は普段使いもできますよ。



いかがでしたか。
旅の行程に応じてバッグを選ぶのがベスト。荷物を持ち歩く時間や、着替えが必要かどうかなど、旅程に合わせたぴったりのバッグを探してくださいね!


※商品在庫は2019年2月12日時点のものとなります。品切れの際はご了承ください。

関連記事

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking