SNSで話題になったヘパリン類似物質商品がマツキヨで買える♪肌の乾燥対策は「ヒルメナイド油性クリーム」で♪

SNSで話題になり、テレビでも取り上げられ社会問題にも発展した「ヒルドイド」はまだ記憶に新しい方もいるのではないでしょうか?その背景から、マツモトキヨシのプライベートブランド「matsukiyo」が乾燥肌が気になる方に向けて「ヘパリン類似物質」含有の皮膚疾患薬「ヒルメナイド油性クリーム」を発売しています♪この冬にぜひおすすめの商品なので手に取ってみてくださいね♪

SNSで一時期話題になったヒルドイド



一時期SNSで話題になり、テレビでも取り上げられた「ヒルドイド」

みなさんはご存知でしょうか?


こちらは、医療機関でアトピーや乾燥肌で悩む方に処方されるヘパリン類似物質含有医療用医薬品です。


そのヒルドイドが、SNS上で「数万円もする美容クリームよりも効果がある!」といったような口コミが広がり、美容目的で買い求める女性が増加しました。


そのことにより、国の健康保険財政を圧迫しかねないと社会問題にまで発展し、2018年春には処方制限案まで検討される事態となったのです。


ひとまずは2018年は、「ヘパリン類似物質含有クリームの保険適用外」という事態は回避されたものの、今後の医療費圧迫の推移によっては、処方制限によりヘパリン類似物質含有クリームを本当に必要とする患者さんの不利益になってしまうことが危惧されています。


そんな背景から、マツモトキヨシのプライベートブランド「matsukiyo」が乾燥肌が気になる方に向けて「ヘパリン類似物質」含有の皮膚疾患薬「ヒルメナイド油性クリーム」(第2類医薬品)を全国のマツモトキヨシ(一部店舗を除く)にて2018年9月11日から発売を開始しました。


今回は、その「ヒルメナイド油性クリーム」に関してご紹介します。


マツモトキヨシで手軽に買えるヘパリン類似物質含有のクリーム!


matsukiyo ヒルメナイド油性クリーム

<商品>
matsukiyo ヒルメナイド油性クリーム 50g /1,280円(税抜)


油性のクリーム


剤形別処方量

市販されているヘパリン類似物質含有のクリームの多くは水性クリームですが「ヒルメナイド油性クリーム」は商品名の通り油性です。


実際に医療保険適用で処方されているものの上位10製品の内、約50%は油性クリームなのだとか。


OW型WO型


水性クリームは、水分の中に油分が含まれている組成である一方、油性クリームは、油分の中に水分が含まれている組成です。


油性クリームは、水性クリームと比較して、テクスチャは固めで、皮膚の温度で溶けて浸透します。

そして、肌の表面に長くとどまり外部刺激から患部を守ってくれますよ♪


幅広い年齢の方に使ってもらえる


無香料・無着色・ステロイドフリー・エタノールフリーで大人の全身だけでなく赤ちゃんにも使えるとのことなので、1本持っていると安心ですよ。


<成分・分量>

『100g中 ヘパリン類似物質・・・0.3g 【添加物】 グリセリン、スクワラン、流動パラフィン、ワセリン、セレシン、サラシミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンオレインエーテル、硫酸Mg、パラベン』

www.matsukiyo.co.jp

手に入りやすい


処方薬と市販薬は手に入りやすさも大きく違います。この「ヒルメナイド油性クリーム」は第2類医薬品のため薬剤師や登録販売者の指導が無くても購入することができますよ。


しかも、マツモトキヨシは全国にたくさんの店舗があり、ネットでの通販も行っています。
いざというときに無くてすぐ買えないと困るので、入手しやすさは意外と大事です。



今回ご紹介した「ヒルメナイド油性クリーム」は市販薬ですが、医薬品である以上リスクが無いわけではありません。必要に応じて医師や薬剤師に相談し、使用上の注意をよく読んで用法・用量を守って使用してくださいね。

関連記事

Writer : もなか さん
コスメ、美容に関することに興味津々! 日々サイトや動画で調べています♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking