そのノンシリコンシャンプー、本当に髪に良い?シャンプーは成分をよく見て選ぼう!

いまや美容意識の高い人々では定番の「ノンシリコンシャンプー」 この名前を謳った商品はとても多くなりましたが、あなたが使っているそのシャンプー、 本当にノンシリコンですか? ただ商品に表記されているからと選んでいたのでは、少し不安かも・・。 しっかりと知識を付けて本当によい商品を選びましょう!

シャンプーの種類



出典:josei-bigaku.jp


市販されているシャンプーは大きく分けると3種類あります。


●アルコール系シャンプー
●石鹸系シャンプー
●アミノ酸系シャンプー


大手の安価なシャンプーはアルコール系シャンプーが多く、泡立ちがよく洗浄力が強いのが特徴です。


石鹸系シャンプーは石鹸成分のみで作られているシャンプーで地肌や髪へのダメージは少なく安心。

しかし汚れを落とす事を重視しているので、きしみやごわつきが気になる場合があります。


アミノ酸系シャンプーは主成分がアミノ酸洗浄剤でできており、

肌と同じアミノ酸は頭皮にも優しいです。洗浄成分はあまり強くないので始めて使う場合には泡立ちにくいと思う方も多いようです。


そしてノンシリコンと呼ばれる物は多くがアミノ酸系シャンプーに分類されます。


シリコンってそもそも何?



出典:www.kitao.ne.jp


シリコン(silicone)とは「合成樹脂」という人工合成物の1種。

髪の毛を1本1本コーティングしてくれる作用がある為洗っている最中でも手触りをよくからみにくくしてくれます。


しかしこの効果は髪の毛の上に1枚膜を張っているだけなので髪そのものを補修したり

保湿する効果はありません。


見た目にはダメージの無いように見える髪の毛も、実はシリコンでコーティングされているだけで実際には痛んでいるというケースが多いのです。


ノンシリコンに変えるメリット



出典:press.tiary.jp


ノンシリコンに変える事でシリコンによるコーティングが無くなり、このようなメリットがあります。


●カラーやパーマがかかりやすく・持ちが良くなる
●重みが気になっていた髪の毛や毛が細い方も軽さが生まれふんわりとしたスタイルに。
●すすぎ残し等でシリコンの成分が頭皮に残ると事で起こるフケや痒み等のトラブルを回避できる。


シャンプー後のケアをしっかりとしてあげれば「髪そのものが修繕」し、美しい髪に近づいていけます。


シリコンを示す成分を見分けよう



出典:ha.athuman.com


ノンシリコンを謳う為の明確な規定はありません。

大きくノンシリコンとパッケージに書かれていても実は入っている可能性が高いのです。

購入の際に成分を確認しましょう。


「ジメチコン・シリカ・シリル・シクロメチコン・シロキ・シラン」


シリコンはこのように表記されています。

成分表にこの表記が無ければノンシリコンだと見分けられるでしょう。


ノンシリコンとは思えないサラサラな仕上がりを実現する魔法のシャンプー




 

ノンシリコンシャンプーは、髪の毛の補修や保湿をしてくれる優秀アイテムかもしれませんが、洗い上がりが少しキシキシしてしまうといったこともあるようです。しかし、これから紹介するシャンプーは指通りが抜群の洗い上がりを実現してくれるんです♪


そのシャンプーは「Le ment -sparkling oil cleansing & shampoo-」


なぜ、サラサラな髪の毛になるかというとアルガンオイルやバオバブオイルなどのこだわりぬいた高級オイルが配合されているからなんです。その他にも、オーガニック植物エキスなどを含めた10種類以上もの植物エキスがたっぷり♪頭皮への優しさがとことん追求されています!


こちらのアイテムは初回ではなんと2400円(税別)が半額の1200円(税別)に!!また2回目以降も10%OFFです。


ぜひチェックしてみてくださいね♡



出典:josei-bigaku.jp


いかがでしたか?「ノンシリコンだと安全」と鵜呑みにするのはあまり良くありません。

シャンプーのほとんどの成分は「水」と洗浄成分である「界面活性剤」です。

ダイエットや美容にも言えますが、ひとつの成分を取り上げてそれを取り込んだり取り除いたりするだけではあまり効果は見込めません。

自分の髪質を踏まえて、一番良いシャンプーを選んでくださいね♪

Writer : choco34 さん
ファッションと美容が大好きなアパレル勤務OLです♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking