いつの間にか消えてしまう眉を消えにくくする技術8選☆擦れにも負けません!

気合いを入れてばっちりメイクしたのに、前髪の擦れや時間の経過などによって眉が消えたり薄くなったりすることがありますよね。その悩みは意外にも誰でも簡単に解決できるんです♡今回は消えやすいアイブロウを消えにくくする方法をご紹介します◎

眉を書く前にしておく3つのこと♡


毛が足りない部分や眉毛の色を調整するために行うアイブロウメイクですが、まぶたや頬と違って、メイクを邪魔する眉毛や凹凸が多い部分でもあります。


そんな厄介な部分でも下準備をきちんとしておけば、書きやすくて消えにくい眉が作れますよ♪


化粧下地を使って肌をなめらかにしよう!



眉を描く前に、化粧下地やファンデーションで眉毛付近の肌の凹凸なくしてなめらかな肌質を作りましょう!


他の部分のベースメイクのついでに行うだけなので、アイブロウのためだけに新しいアイテムを加える必要はありません。


たったこれだけ眉が書きやすく、落ちにくくなりますよ♪


綿棒やコットンで余分な油分を取りましょう!



眉毛付近の肌の凹凸を整えたら、眉を描く前に、綿棒やコットンでベースメイクに含まれている余分な油分を取りましょう☆


眉は皮脂や汗が溜まりやすい部分なので、化粧品の油分がこれらの皮脂や汗と反応して、眉が取れやすくなるといわれています。


パウダーで眉の持ちをアップしましょう!



消えやすい箇所にパウダーを付けると、化粧が密着して有効です。


ツヤ肌に仕上げたい場合は、眉を描く部分だけパウダーファンデーションをつけたり、ルースパウダーで代用したりすると消えにくくになりますよ♡


おすすめの眉の書き方とアイテム


眉を落ちにくくするなら、書き方を知っておくと各段に差がでます!


私が実際に試した結果、効果があった眉の書き方とアイテムのみを3つご紹介するので、あなたに合った書き方を探してみて下さいね。


アイブロウペンシル×アイブロウパウダーの重ね付け



メイク好きの女性ならベタな組み合わせでしょう。
しかしこの方法が1番ナチュラルな眉を残してくれていました☆


一般的にはパウダーのみで仕上げる人が多く、ナチュラルなふんわり眉に近づけるので見た目は良いです◎
しかし落ちやすいというデメリットもあります。私の場合は、この方法では朝メイクをしても昼前には眉が消えてしまいます。


そのため、アイブロウが落ちやすい目尻はペンシルで描き、上からパウダーを重ねました。


ペンシルは油分があるのでパウダーのみよりも肌に密着しやすく、パウダーとの相性も良いので崩れにくくなりますよ♪


リキッドアイブロウライナーで1本1本丁寧な眉作り



リキッドなので汗や水に強いのが特徴です!
ただ練習が必要で、初めは眉毛の主張が強くなり過ぎてしまい、太くて立派な眉毛になってしまいがちです。


そのためアイブロウペンシルの要領で、1本1本毛を足すように描いていって下さいね!


慣れてしまえば、きちんとしたシーンでも使える優秀なアイテムです◎


ジェルアイブロウは長時間持続



ジェルアイブロウは長時間持続するのが特徴です。
眉1本1本にハリが出て、眉を描いた部分が薄くなっても眉の存在感があるので、眉が消えかけても目立ちにくいです◎


主にライナーとクリームの2種類があり、クリームタイプはブラシの種類や取る量によってはボテッと付いてしまうので、ブラシは細くてコシがあるものを使い、少量ずつ取るのがポイントです!


最後の仕上げはアイブロウコート☆



眉メイクの仕上げにさっとひと塗りすれば、朝描いた眉が夕方までキレイにキープしてくれるのが、アイブローコートの役割です!


普段使いはもちろん、プールやアウトドアでも活躍する便利アイテム♪


キレイに描いた眉の上から一塗りするだけで朝描いた状態が続くので、化粧直しができないときにもおすすめですよ◎


朝のメイク時間を短縮♡眉ティント



眉ティントとは、眉毛に塗って少し時間を置いて剥がすだけで自然な眉色を数日間キープしてくれる、韓国発のコスメのことです。


汗や水に強く、クレンジングや洗顔をしても落ちない程のパワー力です。

メイクの時間を短縮したいときに最適です◎


但し、濃く発色する商品もあるので、初めて使う人はナチュラルな眉が作れる製品がおすすめです☆



いかがでしたか?眉を含め、化粧が崩れないと手間も省けますしテンションも上がりますよね♡あなたに合った落ちにくい眉メイクの方法が見つかれば嬉しいです◎

関連記事

Writer : Barbieami さん
【楽しみながら、キレイになりたい!】がモットーの美容オタクです♡ 美容好きが集まり、より良いメイク・スキンケア・ヘアケアの情報を収集中♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking