どこまで話したらいい!? 片想い中の彼にあえて隠すべきポイント4つ

「片想い中の彼にどこまで話せばいいのだろう?」と悩んだ経験はありませんか? 恋愛においても「秘すれば花」という言葉通り、あえてミステリアスにしておいた方がいい部分もあるでしょう。今回は、気になっている人に隠すべきポイントについて考えてみました。

元彼とのエピソード



付き合う前から元彼とのエピソードを話し過ぎちゃうと「まだ未練があるのかな?」と敬遠されてしまうかも。もしかすると、元彼の話を知ってしまうと気にする性格だから、聞いてこないという可能性もあります。
自分からは、話さないのがベターでしょう。


片想い中の彼と話すときは、過去の恋愛ではなく現在と未来の話を中心にしましょう。相手から聞かれたときに軽く答えるくらいがちょうどいいですよ。


自分の欠点



謙虚なことは素敵だと思いますが、何も付き合う前に自分の悪い部分をアピールしなくてもいいです。「自分のダメな部分を受け入れてくれるかな?」と不安な気持ちは分かります。
しかし、短所は裏を返せば長所と捉えることができるので、ポジティブに考えましょう!


好きな人に自分から欠点を報告する必要はないので、プラスの話をたくさんすることを心がけて。


マニアックな部分



好きなものをシェアして盛り上がると楽しいのですが、いきなりマニアックな話をしてしまうのはリスキーです。ディープな趣味関しては、ある程度仲良くなってからさらけ出した方がベター。

最初からマニアックな部分を語ってしまうと、そのイメージが強くなるので要注意!


自分のキャラクターをある程度分かってもらった上で話した方が「ギャップがあっていいね!」と好印象をGETすることができそうです。


ベッドの上での話



付き合う前からベッドの上での話をしてしまうと、男性はひいてしまうかも。
たしかに「下ネタを話して男性のテンションが上げる」というのもひとつの方法ですが、飲み会の席で盛り上がる会話を彼女に求めるかは、全く別の話です。


いつも一緒に出かける彼女には、ある程度の清潔感や品格を持ってもらいたいという方も多いはず。あからさまに出すよりもミステリアスな部分があった方が、セクシーですよ。



片想い中の彼にあえて隠すべきポイントをご紹介しました。最初から、ありのままの自分を見せ過ぎて引かれてしまってはもったいないです。
会話は付き合ってからいくらでもできるので、賢く話題選びをして段階を踏んでいきましょう!

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : watanabesaki さん
京都府出身、東京在住のフリーライター。 女性をターゲットにしたメディアを中心に美容、ファッション、ライフスタイルなどの幅広い記事を執筆中。 美容が大好きで、コスメコンシェルジュ、全米ヨガアライアンス、アロマテラピー検定1級、温泉ソムリエなどの資格を取得。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking