同棲から結婚に繋げる!同棲で成功する人・失敗する人の違いって?

彼と同棲をするなら、できればそのまま結婚までたどり着きたい。同棲をしたのに途中で解消となったら、さすがに精神的ショックが大きすぎる! 同棲を成功させるためには、どうやらちょっとしたコツが必要に。今回は同棲を成功させる人、失敗する人の違いについてご紹介いたします。

同棲を成功させられる人の特徴#1「彼を立ててあげられる」



同棲を成功させられる女子たちは、やはり彼のために尽くしています。しかも彼に負担をかけないように、上手にバランスをとりながら、一人の男性として立ててあげているようです。

決して彼に何もかもお任せするのではなく、あくまでも家事は自分が主体となって前向きに取り組む。ただし、彼にも手伝ってもらえるように優しく諭しながら、ともに過ごしているのです。


彼を立ててあげられない女性は、何をするのも彼任せだったり、あるいは、一人で何もかもがんばりすぎて空回りしちゃったり(かえって彼のプライドを傷つけてしまったり)……。

いざというときは彼に手伝ってもらい、なおかつ「ありがとう」「〇〇くんのおかげで解決した」と褒めてあげられる女性たちは、同棲生活のままゴールインできるでしょう。


同棲を成功させられる人の特徴#2「家族同士の交流を早い段階からはじめる」



同棲から結婚生活へと発展させたいなら、二人だけで完結してはいけません。むしろ、お互いの家族に相手を紹介し、確実に前に進むかたちが理想的です。

彼の家族とだけ仲良くしていればいいわけでもありません。彼も彼で自分(女性側)の両親と仲良くしてくれるように、少しずつ誘導していくのです。


一方、同棲が失敗に終わりやすい人は、家族同士の交流を避けがちです。親戚付き合いも面倒くさいし、極力相手の親とも絡みたくない……。

彼も彼で、彼女の親には会おうとせず、結局ぐだぐだと暮らした末に破局に至ってしまったり。


結婚を前提とした同棲生活をはじめるなら、早い段階から家族同士の交流をはじめましょう。


同棲が失敗に終わりやすい人の特徴#1「ひとりの時間が減ってストレスが増えてしまう」



同棲は想像以上に、実は過酷です。最初から広い部屋に住めれば問題ありませんが、狭い空間を二人でシェアする場合は大変!

特に今までずっと一人暮らし、あるいは実家暮らしで自由に過ごしていた人からしてみると、制約だらけの毎日に思えてきてしまいます。

ひとりの時間が大幅に減って、いつの間にかストレスフルの状態に。イライラを彼にぶつけているうちに、お互いに耐え切れなくなり、破局する結果に……。


もともと他人と暮らすことに抵抗があったり、ひとりの時間がないとストレスに感じたりする人は、もしかしたら同棲ではなく、週末にどちらかの部屋に集合するくらいが、ちょうどいいのかも。


同棲が失敗に終わりやすい人の特徴#2「向上心が強すぎて彼のために割く時間があまりなかった」



同棲生活をはじめてみたものの、実際に暮らし始めると彼と一緒に過ごす時間がない……。
家には持ち帰れないからと外で夜遅くまで仕事をする。でも彼は既に家に帰ってきていて、いつの間にかすれ違い……。


向上心が強い女子の場合、彼のために時間をとられてしまうことがストレスの要因になる場合もあります。

本当はヨガに行って、身体も引き締めたい。時間があるならエステにだって行きたいのに、彼のために料理をする方を優先しなければいけないのが苦痛で仕方がないのでは?


今は彼と暮らしていても、お互いに疲れるだけ。仕事を含め、やりたいことをある程度、達成してからでも同棲は遅くないのかも。



同棲を成功させるためには、どうしても彼のためにまとまった時間を確保する必要があります。

今がタイミングではないと思うなら、無理やり同棲をスタートさせないこと。あくまでも結婚を前提に同棲生活をスタートさせたいなら、タイミングを見極めて、準備を始めてまいりましょう♡

(PR)
いかがでしたでしょうか。
恋愛の悩みは占い師に打ち明けることで悩みが解決するかもしれません。
LINE トーク占いは、LINEのチャットや電話で直接占い師に相談できるサービスです。

チャットは1分100円~、電話は1分130円~、と業界最安値級です。
LINEアプリだけで簡単に利用できます。さらに初回10分無料(最大2,800円相当)! ぜひこの機会に利用してみてください!
※初回10分無料を使う場合でも、クレジットカードの登録は必要です。10分が経過した場合のみ、お支払いが発生します。
line-talk-advertising

関連記事

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking