バレンタインももうすぐ♡恋する季節に読みたい恋愛小説4選

バレンタインが近づいてきて乙女モードの高まる今日この頃。そんな恋する乙女におすすめしたい、乙女モード高まる恋愛小説はいかがでしょうか?きゅんきゅんしたり、落ち込んだり。恋愛小説にはそんな恋する気持ちがたくさん詰まっていますよ♡バレンタインに向けて頑張る女子にぜひ読んで欲しい小説を集めてみたので、ぜひ予行練習もかねて読んでみてくださいね!

王道ラブラブならこの小説!映画化でもおなじみ『植物図鑑』



<商品>
幻冬舎 『植物図鑑』有川浩 (著) /686円(税抜)


きゅんきゅんしたり、どきどきしたりしたい乙女におすすめなのがこちらの小説!
2016年に、EXILEの岩田剛典さんと女優の高畑充希さんで映画化もされた人気作です。


作者は『図書館戦争』や『旅猫リポート』でも有名な有川浩さん。
有川さんの書くベタ甘なラブコメはファンの間でも大人気なんです♡


女性だからこそ、女性の喜ぶツボが分かるというか、私たち女性が密かにねぎらって欲しい、褒めて欲しいと思っているポイントを、素敵な男性がしっかりフォローしてくれるところがたまりません。


仕事に恋愛に頑張る乙女にはきゅんきゅんすること間違いなしのセリフがたくさんちりばめられていますよ!


結婚はしたいけど・・・方には『コンカツ?』



<商品>
文藝春秋 『コンカツ?』 石田衣良 (著) /620円(税抜)


昨年映画化された話題作『娼年』の作者・石田衣良さんの作品で、4人のアラサー女子の婚活模様を描いたのが、こちらの小説。


素敵な彼氏が欲しい、子どもが欲しい、心を満たしてくれる相手が欲しいなどなど、4人それぞれの男性に対する理想も違えばコンカツへの本気度もバラバラで、そこがいい感じに読みやすい。


20代も半ばを過ぎて、そろそろ結婚に焦りを感じ始めた方にはぜひおすすめしたい一冊です!!
凝り固まった恋愛感を見直す、いいきっかけになるかもしれませんよ♡


bk_lk_nhさんも紹介しているように、まるで4人の女子会に混ざって恋バナを聞いているような気分で肩肘はらずに読めるのも◎!


ちょっと大人な気分になりたいなら『タイニータイニーハッピー』



<商品>
角川書店 『タイニータイニーハッピー』 飛鳥井 千砂 (著) /629円(税抜)


8編の短編で構成されているこちらの小説は、そのすべての話が実はリンクしているのが特徴です。


未婚、既婚両方の視点が入っているし、報われない恋、不安になってしまう恋と、ただ楽しいだけの恋愛じゃない、ちょっと大人の恋のお話が詰まっています。


好きだけど、好きだからこそ、埋めたい・埋まらない相手との溝に悩み、すれ違いに苦しみながらも相手と向き合っていく、そんな素敵な女性がたくさんいるので、今の恋に悩んでいるときに読むと背中を押してもらえるような一冊です。


男性視点のお話もあるので、いろんな読み方のできる本ですよ!

ハッピーモード全開!!ってお話ばかりではないので、しっとり読みたい方におすすめしたいです♡


切なくて苦しくて、それでも綺麗な恋のお話『君の名前で僕を呼んで』



<商品>
オークラ出版 『君の名前で僕を呼んで』アンドレ・アシマン(著) /950円(税抜)


ここまで紹介した小説とは違う、変わり種もご紹介。

こちらは昨年夏に日本で公開された、本年度のアカデミー賞受賞作品です。


夏の間を別荘で過ごす少年一家のところにきた大学生との恋のお話。

許されない恋とわかっていても、いけないとわかっていても、どうしても惹かれていってしまう自分に苦しむ少年の気持ちが痛いほどに切なく感じます。


その後の二人の恋の行方や、少年の父親が彼にかける言葉の重みも切なさと相まって心にジンと染みわたります。


どんな恋でも、想う気持ちは綺麗で素敵。
そんな風に感じさせてくれるから、好きすぎて苦しいともがく乙女におすすめしたい一冊です♡



大人になればなるほど、恋愛は楽しいだけのものではなくなってきます。
例えそうでもやっぱり恋は良いものだし、人を想う気持ちは美しい!と再確認できる小説をご紹介しました!心の中も乙女モードで満たして、素敵な恋をしてくださいね♡


なお画像の引用についてはkyami0326様、bk_lk_nh様、shamozo_様、machiko.ta.ka.ha.shi様に許可を頂いております。

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。

関連記事

Writer : mikan さん
コスメが大好きな元美容部員です!ナチュラルメイクが得意♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking