「良い目覚め」で1日を快適に♡“スッキリ目覚め”をサポートする方法

「早起きが苦手」という人も多いはず。目覚めの悪さのせいで、憂鬱な1日になってしまっては、せっかくの1日が台無しです。毎朝スッキリ目覚めるために、これから紹介する方法を取り入れてみてはいかがでしょう。“スッキリ目覚め”をサポートするための方法をご紹介致します!

遮光カーテンをやめる



ぐっすり眠るために「遮光カーテン」を利用している人も多いですよね。

しかし、朝日まで遮ってしまえば、スッキリ目覚めることができなくなってしまいます。


朝は太陽の光をしっかり浴びることが大切です。

朝日が脳に刺激を与え、スッキリとした目覚めをサポートします。

思い切ってレースカーテンのみにすれば、朝日と共に目覚めることができるようになるかもしれません。


目覚めと共に手を動かす



目が覚めたら横になったまま、手だけを動かしてみてください。

布団から腕を出し、両手を天井に向けてグーパーグーパーと動かすだけ。


これをするだけで、血行促進・脳の活性化につながります。


布団の中でゴロゴロと身体を動かしてみる



手を動かして徐々に目が覚めてきたら、今度は布団の中で左右にゴロゴロと身体を動かしてみましょう。

身体を動かすことで、体温が上昇してきます。

体温が上がれば、目覚めもスッキリしてくるはずです。


枕元にミント系タブレットを置いておく



「運転中、眠くなってくるとミント系タブレットを食べる」という方も多いですよね。

ミントには、目覚めを促進させる効能があります。

ミント系タブレットを1粒食べるだけで、口の中も、鼻から抜ける息もリフレッシュ!

その刺激は脳にも伝わり、眠気を一気に吹き飛ばしてくれますよ♪


朝食まで時間がある時は、ミント系のガムでもOK!

噛むことで、脳への刺激はより大きくなります。

ミント系タブレットやガムを目覚めのお供に用意してみてくださいね♪


朝食に大好きなものを用意する


 
早朝からジョギングや筋トレなど、ハードなメニューを用意しておくと、朝起きるのが余計に辛くなってしまいます。

反対に、嬉しいことが待っていれば、飛び起きたくなってしまいます。


遠足の日の朝や旅行に出かける日など、やけに早く起きてしまった経験がある人も多いはず♪

そんな原理を、朝食に取り入れてみてはいかがでしょう。


夜に食べようと思っていたスイーツを朝食に回すのもOK!

楽しみを朝に回せば、早く起きる習慣を身につけることができるはずです。



スッキリとした目覚めをサポートするための方法を5つご紹介しました。

いくら目覚めのサポートを実践しても、睡眠時間が十分取れていなければ、「良い目覚め」を手に入れることはできません。


夜はなるべくスマホやパソコンの使用はやめ、脳に刺激を与えるコーヒーなども避けるようにしてください。

そして、夜は早めに布団に入り、ゆっくり眠ることが重要です。


寝る前の生活習慣も、スッキリとした目覚めのサポートにつながります。

安眠・快眠生活を心がけ、「良い目覚め」で楽しい1日を過ごしていきましょう!

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking