2019年初めが肝心!ダイエットがはかどる習慣6つ

年末年始の休暇中に豪華な食生活が続き、うっかり体重が増えてしまった…とお悩みの人も多くいるのではないでしょうか。今回はそんな人へ向けて、ダイエットがはかどる習慣を6つご紹介します。2019年のスタート、理想のボディラインを早速手に入れましょう!

ダイエットと基礎代謝量の関係



ダイエットを成功させるためには、消費エネルギーを増やすことが大切。

ですが、毎日ジムに通ったり、エクササイズをしたりと運動するのは大変ですよね。

そこで注目して欲しいのが「基礎代謝」。


私たちは心臓を動かしたり、食べ物を消化したりと、日々の生活の中で自然とエネルギーを消費していて、これを基礎代謝と呼びます。

無理に運動をせずとも、基礎代謝量を増やせば脂肪が燃えやすい体に、つまり痩せやすい体を作ることができます。


早速、ダイエット成功に効果的な基礎代謝量を増やす習慣を紹介していきます!


食事に関する習慣



毎日の食生活からも、ダイエットがはかどる習慣を身に付けることができます。

痩せやすい体を作る基本は、「体を冷やさない」こと。

冬は何もしなくても体が冷えてしまう季節です。

積極的に体を温める食事習慣を身につけましょう!


冷たい飲み物や食べ物を避ける


体温は、1度上がると基礎代謝量が10%以上増えると言われているほど基礎代謝に大きな影響を与えます。

つまり体温が1度上がるだけで消費カロリーが10%以上も増えるのです。

冷たい飲み物や食べ物を食べてしまうと体の内側から冷やしてしまうので、なるべく常温もしくは温かいものを食べるようにしましょう。


糖分の摂取を減らす


冬の寒い季節になると食べたくなる甘いもの。

糖質というのはすぐにエネルギーに変わるため、体温が下がりやすい冬になると脳がついつい甘い物を求めてしまうのです。


しかし糖分の取りすぎは血管をドロドロにし血流の流れを悪くしてしまうのだとか。

血流が悪くなることは冷えにつながるため、甘い物を食べる「ご褒美日」をあらかじめ決め、その日以外は食べないなどして上手に付き合っていきましょう。


タンパク質を摂取する


基礎代謝は筋肉量とも深い関係性があります。

一般的に筋肉量が多い人の方が基礎代謝量は多くなると言われており、痩せやすいのです。

そのため筋肉をつくる栄養素であるタンパク質を摂取することがオススメ。

タンパク質は肉や魚、大豆製品・乳製品に多いので意識して摂取しましょう。


運動など生活に関する習慣



寒さでついつい縮こまってしまうこの時期ですが、しっかり体を動かして代謝をアップさせましょう!


毎日湯船につかる


上記でもご紹介しましたが、体を冷やすことは痩せにくい体をつくってしまいます。

そのため身体を冷やすことは痩せにくくなることと同義。毎日お風呂に入って体を温める習慣をつけましょう。


長時間座らない


長時間座りっぱなしでいると血流が悪くなります。

血流が悪いと冷えにもつながるため、定期的に椅子から立ち簡単な運動をするようにしましょう。

運動も立ち上がって歩いてみたり、首を回したりするだけでOK。

簡単にできるので、仕事中などで実践してみてくださいね。


筋トレ


基礎代謝量を増やすためには、筋肉量を増やす必要があります。

筋トレというと腹筋や腕立て伏せなど辛く面倒なイメージがありますが、腹筋に力をいれながら家事をしたりお風呂に入ったりするだけで効果はあります。

通勤中など気付いたときに腹筋を意識する習慣をつけましょう。



いかかでしょうか。ダイエットをするには痩せやすい体づくりすることが重要です。

基礎代謝を上げるための習慣を身につけ、ダイエットを効果的に行っていきましょう!


※この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。

おすすめ記事

Ranking