「痩せている=いいスタイル」ではない!魅力的に見えるプロポーションをGETするダイエットメソッドとは?

いつだって自分の体には自信を持っていたいですよね。でも、ただ痩せるだけのダイエットは危険かも…。げっそり不健康に見えてしまってはもったいないです。そこで、今回は、魅力的に見えるプロポーションを手に入れるための誰でも簡単にできるメソッドを紹介します♪

美しいプロポーションの条件はなんだろう?



美しいプロポーションの条件とは…


・メリハリがある

・カラダ全体のバランスがとれている

・健康的である


この3つだと『人生が変わる魔法の BEAUTY LESSON』の著者である徳田充孝さんはおっしゃっています。


徳田充孝さんは、2009年株式会社ダイアナに入社。その後、執行役員、副社長を経て同年、代表取締役社長就任することとなります。


ダイアナは、1986年の創立以来30年以上、「女性美の原点はプロポーションの美しさにある」という理念のもと、プロポーションづくりの総合コンサルティング企業として全国に約750サロンを展開し、90万人以上の女性ににコンサルティングを実施しています。健やかなプロポーションづくりによる美の満足をすべての女性に提供する女性美のトータルソリューションカンパニーです。


また徳田さんは、企業のみならず、女性のポジティブな活き方「美しくなる人生。」「豊かなる人生。」を提唱し全国で200回以上の講演活動を実施中です。延べ3万人以上の動員実績があり、まさに美のカリスマとも言えるでしょう!


特に”横"から見た時のプロポーションが重要


人間は立体的な3次元のカラダを持っているので、横・前・どの角度から見ても美しい姿であることが理想なのだそうです。


特に気にしてほしいのは横から見た時のプロポーションのバランス。女性の美しさは真正面よりも横向きの姿に現れるのだとか!あまり気にかけたことがない方が多いかもしれませんね。


具体的には、カラダの中心に線を引き、バストトップとヒップトップによってつくられる2つの三角形の「前後のバランス」「上下のバランス」が良いこと、「その交点にウエストがあること」が、美しいプロポーションの条件だとダイアナでは考えているそうです。


そして、その黄金比を『ゴールデン・プロポーション』と呼んでいます。


だからこそ自宅では、よく目につく場所に全身が写る鏡を置いて、常に確認する習慣をつけることが大切!「人から見た時の自分の姿」を意識して美しいプロポーションの第一歩を踏み出しましょう♪


日常的にできるゴールデン・プロポーションをGETするメソッド4つ


正しいサイズの下着を着用する



みなさんはサイズがあった下着を着用していますか?正しいサイズの下着を身につけるだけで、だいぶプロポーションが変化すると思うので、ぜひ以下のポイントに注意してみてくださいね♪


<正しいサイズの下着を身につけるポイント>


ブラジャー:バストの丸みをつぶさずアンダーサイズがきつくないもの。バストが下がったり、脂肪が脇に流れないもの。


ショーツ:ゴムが食い込まないもの。お尻を丸く包み込むもの。


ガードル:きつくなく、ヒップの丸みを押しつぶさないもの。


ボディスーツ:無理に締め付けないもの。背中が大きく開いていないもの。


特にブラジャーは、


(1)はみブラ「ずっとサイズを測っていない方に多い、ブラジャーからバストがはみ出している
状態」


(2)おちブラ「ストラップが肩から落ちてしまう状態」


(3)ずれブラ「手を上げた後、ブラジャーが上がってしまう、元の位置にずるずると戻したりする状態」


(4)うきブラ「カップの中でバストがカパカパとしている状態」


(5)つりブラ「バストの重みにブラジャーが負けて下がってしまう状態」


と、色々なパターンが考えられるそうなので、購入する際はきちんと試着した方がいいでしょう!


しっかり自分のカラダのサイズを計測し、自分のカラダに合った下着を継続的に着用する事でプロポーションは整っていきますよ♪


正しい姿勢を1秒でもキープする



正しい姿勢を意識するだけでも、プロポーションが良くなります。


理想の姿勢は、くるぶし・骨盤・肩・耳が一直線上にある状態だそうです。また、その状態でバストをしっかり上げましょう。


デスクワークが多い女性は、前かがみになりすく、長時間座ったままの状態でいることが多いので筋肉の収縮が弱くなり、血液やリンパの流れが滞りやすくなります。そのことで凝りや疲労、むくみが悪化し姿勢もさらに崩れやすくなります。


なので、休憩をできるだけ多くとり、体を少しでも動かすことが大切だそうです。


エレガントなウォーキングで美脚を目指そう



体幹、背中、ヒップを鍛えて美脚を目指すには、エレガントに歩くだけでも効果を期待できるそうです。歩くときの基本は、爪先を外側に向け、まっすぐな 1本の線の上を歩くようにすることが大切!


その他にも、以下のような注意すべきポイントがあるので意識してみましょう。


(1)ひざを曲げたまま歩かない

ふくらはぎの筋肉をうまく使う事が出来ず、むくみの原因になります。


(2)足のサイズに合った靴を選ぶ

サイズが合っていないと重心がずれ、外反母趾の原因にもなりますし、リンパの流れが悪くなってむくみの原因になります。


リンパの流れを良くしてむくみを改善



むくみもプロポーションを崩す原因の1つです。むくみが起こる原因は、「リンパ」。


そもそもリンパとは、リンパ管・リンパ液・リンパ節の3つを総称したもので、①排泄機能と②免疫機能の2つの働きがあります。


血液は心臓ポンプによって全身を巡りますが、リンパはそのポンプ機能がありません。自らリンパ管を収縮させてリンパ液を流す自動運搬機能と、筋肉や血液の動き、呼吸などの刺激によって流れます。


そして、全身を巡るには12時間〜24時間かかるそうです。

なので、いったん流れが滞ってしまうと外部から働きけないとむくみが起こりやすくなります。


むくみを改善するには、3つのポイントがあります。


①体を温める

適度な運動をする、1日の終わりにしっかりと入浴することが有効です。


②塩分を控える

塩分を多く摂ると、浸透圧の関係で細胞から水が排出され、その水分が体内に留まってむくみの原因になります。


③ふくらはぎをマッサージする

ふくらはぎは、ポンプ機能を果たす心臓から離れているため血液やリンパ液の流れが滞りやすくなるからです。


ぜひ、習慣化してむくみを軽減させましょう♪



いかがでしたか?ただ体重を落として痩せることだけが美のプロポーションではありません。ぜひ、ゴールデン・プロポーションを手に入れるために、少しずつ習慣を変えていきましょう!


この記事は著書『人生が変わる魔法の BEAUTY LESSON』に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : AYO さん
コスメ・美容・ファッション好きの20代。最近はNetflix、#ソロ活にはまっています♪皆さんに素敵な情報をお届けできるように頑張ります!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly