派手でも地味でもダメ?彼ママ・義実家ウケ好印象メイク  

イベントの多い冬の時期は、お義母さんや彼の親戚に会う機会が増えるかもしれません。特に初対面の場合、第一印象はとても大事です。人は初めて会ったときの目から入る情報で、その人の印象を決めるといいます。誰からも好かれる、好印象メイクについてお勉強しましょう。

好印象メイクのポイントは?



お義母さんや彼ママが、自分の息子の彼女に求める条件は「常識があること」「きれい好きであること」「金銭感覚がしっかりしていて落ち着いていること」などが挙げられます。
清潔感があり、身だしなみがきっちりしていることも見られているので、会う前にきちんとメイクするのは当然のたしなみです。


一方、派手で金銭感覚が荒らそうだと見られないためにも、濃い奇抜なメイクはNG。

彼ママに会う際は、「ナチュラル」で「落ち着いた」メイクが良さそうです。また明るく健康的な女性も好かれるので、「血色がよく見えるメイク」も心がけましょう。


彼ママに好かれる好印象メイクの仕方



上記の条件を満たす、覚えておきたいメイク法をご紹介します。


しっかり下地で毛穴ゼロのツヤ肌に


厚化粧にせず、きちんと感を出すためには、下地をきちんと塗ることがポイントです。


●コントロールカラーで肌の色を調整

血色が足りなく顔色が悪く見えがちなブルベさんや、火照ったような顔に見えてしまうイエベさんは色味の入った下地でカラーコントロールするのがおすすめです。透明感のある健康的な肌に仕上がります。


●Tゾーンに重ね塗りしてハイライトを狙って

肌をきれい見せるハイライト機能のある化粧下地は、おでこと鼻筋に多めに塗って立体感のある顔を作りましょう。

下地をしっかり塗ればファンデーションはあっさりで大丈夫です。粒子の細かいパウダーを全体的に塗ってサラッと柔らかそうな肌を作りましょう。


アイメイクは落ち着いた印象に抑えて



●ボリュームのあるマスカラより長さ重視に

彼ママに会う際は、濃いつけまつげは避けたほうが良いでしょう。むしろ長さを伸ばすマスカラをつけて、涼し気な目元を演出するほうが好印象です。


●アイラインは細く長めに描く

デカ目効果を狙って、アイラインを眼のふちを囲むように引くのはNG。怖い印象になってしまいます。細く丁寧にまつげの間を埋めるように引き、目じりは下がり気味に線を伸ばします。カラーアイラインや黒のアイラインよりも、茶色のほうが優しい印象になりますよ。


●アイシャドウは上品ベージュが好印象

年齢が若い場合は、薄いピンクも可愛い印象になりますが、万人受けするのはやっぱりベージュ。ブラウンのアイラインとも相性がよくおすすめです。ブルーやグリーンなどの寒色系アイシャドウはカジュアルチックになるので避けたほうが無難です。


チークと唇は血色の良さを意識して



●オレンジチークは誰からも愛されるヘルシーカラー

彼と会うときのようなピンクのおフェロチークは、彼の実家に行く際のメイクにしては甘すぎてしまいます。内からにじみ出たような、血色の良い肌を作り上げてくれるのがオレンジチークです。頬骨から楕円形に斜めに塗ると大人っぽく仕上がりますよ。


●リップは自然なティントがおすすめ

べたべた、テカテカと光るリップグロスよりも、自然な発色を叶えてくれるリップティントが良いでしょう。食事の際も取れにくく、食器や箸を汚しにくいのも好印象です。あっさりメイクの際も、口紅さえしっかり塗っていればきちんと感が出ます。


リップも派手過ぎず品のいいカラーが素敵です。その中でも自分の肌の色に合う色を選びましょう。例えばコーラルピンクやアプリコット、ピンクベージュなどがおしとやかな女性を演出できます。



いかがでしたか?彼ママに会う際の3つのポイントは、「ベースメイクであっさりだけどしっかり感を出すこと」「品のある落ち着いたカラーのチークとリップをチョイスすること」「アイラインやマスカラはボリュームより細さを意識すること」でした。ポイントを押さえて彼ママといい関係を築いて下さいね。

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking