美容オイルの効果と正しい使い方♪潤いツヤ肌を目指そう!

「オイル美容」今や当たり前となった、美容法の1つと言えると思います。オイルの種類は様々で、その効能もまた様々。例えば身近なものから言えばリップクリームもオイルの1つですし、シアバターもオイルの1つです。一般的なアロマオイルやヘアオイルなども、もちろんオイルです。でも、オイルってどんな効能があるか知っていますか?今回は奥の深い、オイルの世界をご案内します。

美容オイルの効果



改めて美容オイルの効果を見直してみましょう。


肌の保護


角質のバリア機能を強化し水分の蒸発を防ぐ、雑菌や刺激成分の侵入を防ぐ、柔軟にしてひび割れを防ぐなど肌を保護してくれます。


乾燥に対して効果を発揮してくれるので、冬の時期には特に使用したいところです。


マッサージ効果


肌と手、またはマッサージ用ツールとの滑りをよくして、肌への負担を軽減します。

また、ほどよくマッサージされた肌は血行も良くなり肌の健康を維持することもできますよ!


リラックス効果


香りがついているオイルなどはリラックス効果を得ることもできるのです。

あなたの好きな香りを探してみてくださいね♪


おすすめのオイル5選


ここからはおすすめのオイルを紹介していきます。


和漢植物の効能が魅力的な美容オイル


※イメージ画像です。


<商品>
雪肌精 雪肌精シュープレム ホワイトニング ハーバル オイル 40ml /オープン価格


雪肌精のオイルは美白有効成分配合でみずみずしく、均一に澄んだ白い肌へ導きます。
また、なめらかなオイルで肌全体に潤いをあたえ、乾燥・肌荒れから肌を守りますよ♪


香りは和漢植物の澄んだ香りで、リラックスした気分を味わえるでしょう。


使用方法は洗顔後すぐに使用します。つまりは、ブースターオイルです。
肌に柔軟性が生まれ、その後の化粧水の浸透もスムーズになります。


自然派ホホバオイル


※イメージ画像です。


<商品>
サンナチュラルズ プレミアムピュアジェイオイル 40ml /5,200円(税抜)


ホホバオイルは私たちの肌成分と同じ「ワックスエステル」を多く含む植物性オイルです。

そして、こちらのオイルはホホバ最高品種(KEIKO種)の100%ピュアオイル!


また、ビタミンA、ビタミンE、17種類のアミノ酸を豊富に含む自然が生んだ天然の美容液であるところも素晴らしいポイント♪


こちらも洗顔後すぐに使用することで、角質層の水分や栄養を包み込みお肌に潤いと弾力を与えます。
100%のピュアオイルなので、品質にこだわる方にもぜひオススメです。


ハリとツヤを与える美容液



<商品>
coyori 美容液オイル 40ml /7,810円(税抜)


こちらも自然由来成分98%でできている美容オイルです。
coyori美容液オイルは皮脂を補う、ハリを与えるなどの効果を備えています。


皮脂を補う成分にはオリーブ果実油、ツバキ種子油など4種の成分を配合。
ハリを与える成分にはイチジク、高麗人参など20種もの成分が配合されています。


化粧水のあとに使用するのですが、ベタつかない使い心地がとても高評価。
香りもラベンダーの香りでとても癒されます。


もちろん、潤いもたっぷりで潤い肌、ツヤ肌へ導きますよ♪


皮脂不足の乾燥状態やハリのケアなんてまだ、早いなんて思っていませんか?
毎日の環境で肌は、老化の一途をたどっています。だからこそ、早いうちからのケアを是非オススメしたいと思います。


定番になりつつある美容オイル



<商品>
DHC オリーブバージンオイル 30ml /3,620(税抜)


こちらはもう人気商品の1つですよね!


スペインで有機栽培した厳選された青みの残った新鮮なオリーブのみを使用し、オイルを抽出。
天然原料100%使用のオーガニックオイルです。


青みの残ったオリーブから抽出されたオイルは、水に混ざりやすい特徴があります。


オリーブバージンオイルは朝晩のお手入れの仕上げに使うので、ローションなどで補った水分や美容成分と混ざりやすく肌になじみやすくなります。


また、このオリーブバージンオイルは髪やお子様の肌にも使えるほど優しくできていますよ♪
一家に1つでもよさそうですね。


アルガンオイルと言えばコレ!



<商品>
メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル 50ml /3,500円(税抜)


アルガンオイルの魅力は、皮脂の成分とよく似ているから肌への浸透力が良いところ。
洗顔後にすぐに使う、ブースター美容液として使えば保水力がアップしその後の化粧水の浸透力が上がります。


また、アルガンオイルには肌にハリを与えるオレイン酸やリノール酸、肌に柔らかさを与えるステロールなども含まれています。


アルガンオイルは希少性が高く、100本の木から25リットルしか抽出されません。
そういったことを考えると、50mlで3,500円ほどですから、コスパもいいのではないでしょうか?


1度は使ってみたい美容オイルですね。


美容オイルを使う上で注意したいこと



自分の肌状態に合わせて選ぶ!


私たちの肌は水分量と油分量がバランスよく保たれてこそ、美しい肌に導かれます。


今回紹介した美容オイルだけでも様々な用途がありましたね。

肌に柔軟性を持たせるもの、潤いを与えるもの。その効果は様々です。


例えば、水分量の足りない肌に、潤い重視の油分量を補うオイルを与えても水分量は増えません。この場合、肌の柔軟性を高めて化粧水の浸透力をアップさせ水分量を高めることが望ましいといえます。


このように、自分の肌に合わせた美容オイル選びが必要です。


酸化に注意


オイル美容液は新鮮さを売りにしたものが多くあります。
だからこそ、酸化には気をつけたいもの。


オイルは酸化すると、過酸化脂質という物質に変化します。
この物質は肌に非常に刺激が多く、その刺激から肌を守るためにメラノサイトが活性化し、メラニンが発生しやすくなるのです。やがてはシミの原因に…なんてことも!


また、過酸化脂質はニキビや肌荒れの原因にもなるので本当に肌に良くないものなのです。


酸化に気づくポイントや美容オイルの使用期限は?


オイルの酸化を見極めるポイントですが、それは匂いです。
酸化したオイルは古い油の匂いがします。


匂いが分かりにくい場合は温めると分かりやすくなるので、手の平に出し温めてから匂いを確認してみましょう。


また使用期限ですが、もちろん製品によって違いますが一般的にはおよそ1年から2年と言われています。
それでもできれば、1年以内には使い切りたいものです。



美容オイルの魅力分かっていただけたでしょうか。オイルはベトベトして苦手…と思っている方も使い方1つで肌がきっと変わってくるはず!ぜひあなたに合ったオイルを準備してみてはいかがでしょうか。


※この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : homari さん
コスメコンシェルジュと美容薬学検定1級を持っている、美容マニアです。 皆さんに、楽しい情報を届けられるよう頑張ります!

おすすめ記事

Ranking