手持ちのハンドクリームでできる!乾燥知らずの手に見えるクリームの塗り方

冬に欠かせないアイテムの「ハンドクリーム」。そのハンドクリームの効果、十分に得られていますか?手は一番使う部分なので、乾燥しやすく、ダメージが溜まりやすい部分なのです。正しくケアしないと、改善どころか手荒れに繋がってしまいます。今回はハンドクリームの正しい塗り方を詳しく説明していきます!

基本の塗り方



少量はNG!


ハンドクリームがもったいないからと言って、少量のクリームをもゴシゴシ伸ばしていくのはNGです。


クリームの量が少ないと、擦らないと伸びませんよね。

しっかり擦ってしまうと肌を摩擦してしまい、逆に肌を傷つけてしまう可能性があるのです。


目安は2~3センチ


クリームを手に出す時は、2~3センチの量を目安にしましょう。

長さが分からない場合は、指の第一関節部分を目安にすると分かりやすいです。


手荒れが気になる方は少し多めでも良いです。


優しく伸ばす


ゴシゴシ伸ばすより、優しく滑らかに伸ばしていきましょう。

固いクリームは力を入れないと伸びにくいので、柔らかく伸びが良いタイプのものを使いましょう。


ハンドクリームの効果アップ



化粧水で保湿


ハンドクリームの前に化粧水で手を潤わしてから塗ると、クリームの油分が化粧水の水分を逃がさないように保ってくれます。


ですので潤いの持続時間が長くなります。

化粧水を馴染ませた後、少ししっとりさせてからクリームで蓋をしてあげましょう。


手を温めてから塗る


ハンドクリームは油分が含まれているので、手を温めることによってクリームの伸びが良くなります。

温まると肌も柔らかくなるので、クリームの浸透をしっかり感じることが出来ます。


塗る前に軽くマッサージしてあげるのがおすすめです。


おすすめ成分


 

ヒアルロン酸


ヒアルロン酸は、高い保水力を持っていることで有名な成分です。

化粧水や美容液にも多く含まれています。


ヒアルロン酸が少ないと手の皮膚が硬くなり、ハリがなくなってしまいます。


ハリや保湿を求める方は、ヒアルロン酸入りのクリームを選びましょう。


ワセリン


ワセリンは保湿より、皮膚の水分蒸発を防いでくれ、外部刺激から皮膚を保護する役目に特化した成分です。

ですので化粧水で保湿した後、ワセリン入りのクリームを塗るというやり方が効果的です。


尿素


尿素はお肌に馴染みやすく、多くのハンドクリームにも入っているメジャーな成分です。

水分が体外に排出されるのを防いでくれる効果があります。


ですが注意が必要です。

あかぎれやひどいひび割れがある部分に塗ってしまうと、傷口にしみ込んでしまいます。


傷口部分には塗らないようにしましょう。


シアバター


シアバターは天然の保湿クリームで、常温では固形ですが、手に塗り温まると浸透するので、塗り心地も良い優しい成分です。


ビタミンEが含まれているので、抗酸化作用も期待出来ます。

オーガニックが好きな方にもおすすめです。



ハンドクリームは少し工夫して塗ると、さらに高い効果が期待出来ます。

ハンドクリームでしっかりケアして、乾燥知らずの美しい手を保ちましょうね!

関連記事

Writer : first-class さん
ネイリスト歴8年。プライベートサロンのオーナーネイリストです。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking