テクニックいらずで大人メイク!40代から使いたいメイクツール5選

40代になると今までのメイク法やコスメでは物足りない・・・と感じる方もいるのではないでしょうか?エイジングに合わせたツールや化粧法を少しずつ変えていくことが必要です。いいコスメを使っていても、ツールがいまいちだとその良さを最大限引き出すことができません。今回はアラフォーになったら揃えたい、メイクツールをまとめてみました!

40歳になったら変えよう!メイクツール一式!



アラフォーになったのに、コスメ道具は20代のころ使っていたままでいいの?

メイク道具に興味がない・・・なんて思っていませんか?


肌質や好みは年齢に応じて変化していきます。

肌の悩みも20代の頃と40代とは違います。

20代には使っていなかったコスメを使うようになっているかもしれません。

逆に、20代の頃に使っていたコスメを使わなくなる場合もあります。


年齢を重ねるにつれ見直したいのが、メイクツールです。

メイクツールはどれをつかっても一緒だと思っていませんか?

メイクツール一つで仕上がりが断然に違ってくるんですよ!!


例えばパフやブラシもクオリティのいいものを使えば、細かいところをしっかりカバーし、メイクを肌にしっかりフィットさせてくれます。

摩擦を減らし、肌への負担を軽減することも可能ですし、もちろん発色や印象までも変える事が出来るのです♡


若々しい肌をキープしたいなら、良いコスメだけでなく、良いツールを使うのが大切なんです。


40代に揃えたいメイクツール



天然毛を使ったフェイスブラシ



ファンデやチーク、フェイスパウダーなどに使えるサイズ違いのブラシをまずはきちんと揃えましょう。

天然毛は肌触りもよく、顔全体にまんべんなく乗せてくれます。


塗りすぎたと思ったら、粉はブラシで払い落とすことができます。

ブラシなら厚塗りを防ぎ、透明感のある肌を作ることができるので、アラフォーにはぴったりのアイテムです。


また斜めカットしたブラシや小さいサイズのブラシなら、鼻のわき、しわ部分・毛穴の凹凸など細部までしっかりパウダーを乗せることが可能。


長く使えるので、良いものを揃えておくといいですね。


細部までポンポンできる変形スポンジ



ブラシ同様、スポンジにもこだわってみてください♡

リキッドファンデーションやリキッドコンシーラーを使うときに使用したいのが、顔の凹凸にも対応できる、変形スポンジです。


先端の凸部分が小鼻の脇にもフィットし、化粧を塗り残すというミスはもうしません。

手で塗ったファンデーションをスポンジで馴染ませてあげると、余分な油分も吸い取ってくれるのと、ムラがなくなるので美肌に見えます♡


ただ、リキッドを吸い取ってしまうスポンジもあるので、下調べをしてから購入する事をオススメします!


後は、使う度に洗って清潔に保ちましょうね。


目元のグラデも思いのまま♡アイシャドウブラシ



市販のアイパレットには付属の小さいチップがついていますが、アイシャドウのノリや肌への負担軽減を考えると、質の高い天然毛のアイシャドウ専用ブラシを使うのが良いでしょう。

付属チップはお直し用としてはいいですが、普段使いとしてはオススメしません。


一番カラーを使うアイメイク。

メイクツールを沢山使うパーツではないでしょうか。

なおかつ、アイシャドウはグラデーションが大事!

全体に塗る・中間・キワと部分によってブラシを変えてあげると綺麗に仕上がります♪


目元は皮膚が薄く摩擦に弱いので、肌触りが良く、やわらかさとコシのバランスが良いブラシを選びましょう。


上質なパフを使ってみよう



パフを選ぶ時のポイントは、粉の吸着率と、粉飛びのなさ、肌触りの良さです。

肌表面がやわらかく、起毛部分にパウダーをしっかり絡めるものがおすすめです。


ファンデーションを乗せた後の仕上げのパウダーに使うと、透明感のある陶器肌が作れます。


ちなみに、パウダーはパフで付けるとしっかり付くので、ふんわりと仕上げたい人は大きめのブラシでふんわりと乗せましょう。

こちらも、スポンジ同様に小まめに洗浄してあげましょう♡


ワンランク上の目元に♡マスカラブラシ


※写真はイメージです


メイクアップアーティストはアイシャドウ専用のブラシも使っています。

アラフォーになったら、マスカラ本体はもちろん、ブラシにもこだわりましょう。


同じマスカラでもブラシが違えばまつげのフィット感が違います。

いいブラシは適度にコシがあり、マスカラをからめとり、まつげ一本一本に塗りこんでくれます。


なかなか、マスカラブラシを使用する機会は少ないかもしれませんが、マスカラはもちろん、アイブロウのぼかし専用ブラシとしても使えるので、一本持っておくと便利ですよ。



良いメイクツールを揃えれば、同じコスメでも仕上がり度合がアップします。

使い勝手のいいツールでメイクすれば、いつもより肌のノリやメイクの出来が良いことに気づくでしょう。


なかなか使いこなせない!という方は、一つずつ始めてみましょう!

そして、練習をしてみてください♡

使いこなせるようになったらもっとメイクが楽しくなるはず♪


何歳になってもワクワクした気持でいたいですよね。

「なんだか昔より化粧ノリが悪いな。顔色が悪いな。」と思い始めたら、お持ちのコスメツールを見直し、一新するいい機会ですよ。



<監修者情報>

【カシワバ マリコ】


監修者情報

felicita.cosmetic 代表

ビューティーアドバイザー


札幌生まれ。

学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し「何歳になっても綺麗でいられる女性になる」という決意から、さらに美を追求するように。 一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。


また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。

そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。


その後、自分の本当にやりたい事を考え長年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。 人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。

一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。


【取得免許】

メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級


【主な活動】

札幌ビューティープロジェクト・札幌女子美容応援プロジェクト・アクセサリーデザイナーVeliteとしても活動中

関連記事

Writer : moli さん
海外と日本を行き来する生活中の主婦です。海外旅行に行けば必ず現地のマッサージを体験します♡

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking