野菜を食べない子は風邪をひきやすい!? 「ベジトレ」が子どもの健康”を守る!

寒さが厳しくなり、空気も乾燥するこれからの季節は、風邪やインフルエンザなどが流行しやすく、体調を崩してしまう方も少なくありません。特に、免疫力の低い子どもは、大人に比べて風邪の罹患率も高い傾向にあります。 その一方で、風邪をひきやすい子どもと、そうでない子どもがいます。そこには一体どんな違いがあるのでしょうか?

野菜摂取量と風邪に関連性があるって本当!?



最近では、うがいや手洗いといった“外側”からの予防・対策だけではなく、食事や睡眠といった“内側”からの予防・対策を重要視する動きも増えているのだそう。


そこで、生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、「風邪の罹患率」と「野菜摂取量」の関係性について調査を実施。


風邪の予防に有効とされるビタミンやカロテンをはじめとした栄養素を多く含む野菜を普段から十分に摂取している子どもと、そうでない子どもを比較することで、ある事実が見えてきました!


母親に聞く、子どもの「風邪の罹患率」と「野菜摂取量」の関係性



3~12歳の子どもを持つ母親500名を対象に、子どもの「風邪」および「野菜摂取」の実態について調査を行った結果がこちらです。


家庭における野菜摂取量は厚生労働省推奨値の半分以下!?


「昨年、お子様は風邪をひきましたか?」との質問に、実に約9割(88%)が「ひいた」と回答。また、「風邪により高熱(38度以上)を出した」と答えた割合も、58%と6割近くにのぼっています。


続いて、「昨年、お子様は風邪の予防・対策として、どのようなことをしていましたか?」との問いには、「手洗い」(86%)と「うがい」(70%)がツートップに。

一方で、「食事の内容に気をつける」と答えた人は42%にとどまっています。


そこで、母親たちに子どもの家庭における野菜摂取量を尋ねたところ、平均は1日あたり「114.9g」という結果となりました。


今回の調査対象条件のうち、最も年齢が低い3歳児でも1日あたりの野菜摂取量の目安は「240g」とされており、推奨値の半分以下しか野菜がとれていないということになります。


家庭での“野菜摂取量”が少ない子どもほど、風邪をひきやすく、こじらせやすい!?


さらに、調査対象を「家庭における子どもの1日あたりの野菜摂取量」に応じて、「100g未満」「100~199g」「200g以上」の3グループに分類。

その上で、前問の子どもの「風邪」の実態に関する質問の回答をグループごとに比較したところ、次のような結果になりました。


調査グラフ

1日あたりの野菜摂取量が「200g以上」のグループは、「100g未満」「100~199g」の2グループと比べると、風邪の罹患率が10ポイント以上下回る結果となっています。

つまり野菜摂取量が多いグループほど、風邪をひきにくい傾向にあるということになります。


調査グラフ

また、風邪が悪化して「高熱を出した割合」においても、「100g未満」のグループは65%であるのに対して、「200g以上」のグループは43%。

両者を比べると、こちらも20ポイント以上の差が生じており、野菜摂取量が多い子どもは風邪をひいても悪化しづらいことがうかがえます。


反対に、家庭での野菜摂取量が少ない子どもは風邪をひきやすく、かつ、こじらせやすい傾向にあり、野菜嫌いの子どもほど注意が必要であるということ……!


専門家に聞く、風邪の予防対策における野菜摂取の重要性


このような調査結果を踏まえて、小児科医でなごみクリニック院長の武井智昭先生に、風邪の予防対策における野菜摂取の重要性についてお話をお伺いしました。


武井智昭先生

武井智昭(たけいともあき)小児科医 / なごみクリニック院長


免疫力アップに有効な野菜を「一時的」ではなく「継続的」に摂取することが重要!


風邪対策においては、うがいや手洗いなどに加え、食事や睡眠を通じて「免疫力」をアップさせることが重要です。そして免疫力を高める上で重要なポイントが「腸内環境」です。


免疫細胞は、およそ6~7割と大多数が腸内に存在しています。風邪やインフルエンザのシーズンに野菜やヨーグルトが注目されるのは、これらの食材が腸内に働きかけて免疫細胞を活性化する働きが期待できるからです。


ただし、風邪のシーズンだけ野菜をとるのは本質的ではありません。免疫力を高めるには、一時的に野菜の量を増やすのではなく、年間を通じて意識的に野菜をとることが大切です。


また、野菜はできるだけ、いろいろな種類のものをバランスよく食べるのがおすすめ。



例えばトマト、カボチャなどの緑黄色野菜には抗酸化作用が高いものが多く、免疫強化につながります。

また、キャベツやレタスなどの野菜も食物繊維が多く含まれており、腸内環境をよくする上でおすすめです。


そのほか、にんじんなどに多く含まれる「ビタミンA」は鼻や喉の粘膜を強化して細菌が体内に侵入するリスクを軽減してくれますし、パプリカやブロッコリーには風邪対策の定番である「ビタミンC」が豊富に含まれています。


好きな野菜1つを大量に食べるのではなく、いろいろな野菜を組み合せてとるように心がけましょう。


子どもの頃からの野菜摂取習慣が“一生の健康”を守る



風邪対策に限らず、病気を予防して健康な体を維持する上で、野菜摂取は非常に重要です。しかし、野菜嫌いな子どもは、自身の健康を向上させるチャンスを日々逃していることになります。


子どものころの野菜摂取量は、成人後の摂取量に影響するとも言われています。

つまり、野菜嫌いな子どもは、大人になっても野菜が苦手なままであるケースが多く、野菜の摂取量が少ない成人は、糖尿病や動脈硬化などの病気リスクも高まります。


健康長寿のためには、子どものうちからの野菜摂取習慣が非常に重要ということなんですね。


野菜嫌いのお子さんには、親子で楽しみながら「ベジトレ」を!



「野菜摂取の大切さは分かったけど、野菜嫌いなうちの子にどうやって食べさせればいいの……!?」とお悩みの親御さんに提案したいのが、ご家庭での「ベジトレ」です。


ベジトレとは、野菜を我慢して食べさせるのではなく、楽しく野菜を食べられるように工夫し、子どもを野菜好きにするトレーニングのこと。


野菜嫌いの子どもたちは、その形を見ただけで拒否反応を示すことも少なくありません。まずは、甘味があり飲みやすい野菜ジュースからでも野菜摂取ができたことをパパやママが褒めてあげることで、子どもたちに自信をつけてあげましょう。


次に、野菜を刻んでカレーやハンバーグなどの好物にまぜこんだり、星やハートの型で形を変えたりして、料理に取り入れてみたりと徐々にステップアップを目指せばOK。


また、子どもに簡単な調理工程を担当させてみるのもおすすめです。

“ピーマンの肉詰め”の肉タネをピーマンに詰めさせてみたり、シチューのニンジンを型抜きさせてみたり、“もやしのヒゲとり”だって立派なお手伝い。


「ママと一緒に頑張って作った」という体験こそが、子どもにとって極上の調味料になるものです。



野菜好きになるためのトレーニングを行うことは、目の前の風邪対策だけでなく、子どもの一生の健康を守ることにもつながります。

ぜひ、親子で楽しみながら「ベジトレ」に取り組んでみてくださいね。

関連記事

Writer : *miton* さん
美味しいものや可愛いもの大好きです♪ 皆様の毎日がより楽しくなるような情報をお届けできたら嬉しいです♡
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly