クリスマスパーティーにも使える♡盛り付け方ひとつで料理がキレイに見える技4選

週末はクリスマス♡3連休でクリスマスパーティーの計画を立てている人も多いことでしょう。豪華なパーティーメニューも良いですが、簡単メニューも盛り付け方ひとつで、豪華な料理に早変わりさせることができるんです♪料理がキレイに見える技をご紹介致しましょう!

「彩り」を考える



赤や黄色、緑などの色彩豊かな食材が加わるだけで、いつものメニューを華やかに彩ることができます。

クリスマスパーティーではチキンや唐揚げなどの肉料理を準備する方も多いはず!


メイン料理だけでも、もちろん「味」は美味しいです。

しかし、そこにレタスの緑・レモンの黄色・トマトの赤が加われば、色合いが美しくなり、見栄えも断然良くなります。

見栄えだけでなく、野菜の栄養を加えることもできますので、バランスのとれたクリスマスメニューを作ることができるんです。


「彩り」をプラスすれば、見た目も栄養バランスも良くなり、料理にとって良いことがいっぱいです。

あなたも「彩り」を意識したメニューにこだわってみてはいかがでしょうか。


メニューにあったお皿を選ぶ



お皿選びもとっても重要!

料理を引き立てるお皿や器を選んでみてくださいね。


例えば、色彩豊かな料理や色の濃い料理は白いお皿。

クリーム系の白い料理は黒いお皿に盛りつけてみるのもおすすめです。

お皿の形も「丸」だけでなく四角、楕円など、様々なお皿を用意しておけば、食卓も華やかになりますよ♪


また、煮ものや焼き魚などの和食メニューの時は和食器。

ハンバーグやオムライスなどの洋食には、洋食器などメニューに合わせたお皿を選べば、飲食店で食事をしているような雰囲気を堪能することも可能です。


お皿に「余白」をつくる



色彩やお皿にこだわっても、料理を盛り過ぎてしまえば、せっかくの美しさが台無しになってしまいます。お皿の余白を少なくとも30%は残すのが鉄則です。


余っている余白にソースをたらし、レストラン風の盛り付けをしてみるのもおすすめですよ♪

お皿をキャンパスにし、料理で絵を描くように盛り付けてみてはいかがでしょうか。


「高さ」を出す



盛り付けに慣れてきたら、「料理の盛り方」にも気を配ってみてください。

おすすめは料理に「高さ」を出すこと。

お皿に平らに置くのではなく、天ぷら・フライなら立たせるようにし「立体感」を持たせて盛り付けることで、料理に動きや表情を出すことができるようになります。


お刺身でもお皿に平らに並べてあるよりも、立体的に盛り付けられている方が美味しそうに見えますよね!ぜひ家庭やパーティーメニューでも「高さ」を意識した盛り付けにチャレンジしてみてくださいね♪



料理の盛り付けにこだわるだけで、同じメニューでも美味しそうに見えてしまうなんて、本当に不思議ですよね。

パーティーメニューにも大活躍する盛り付け方のコツを、あなたもぜひマスターしてみてはいかがでしょうか♪

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking