いきなり撮られてもOK!カメラ映えする美人顔の作り方

12月~1月はクリスマス会・忘年会・新年会などパーティーが増える季節。お友達と写真を撮る機会も増えてきますよね。SNS時代と言われる昨今ですので、いきなり写真を撮られることも多々。そんな時でもいつでも美しくいられるよう「カメラ映えするメイク」をマスターしておきましょう。写真でも美しい美人顔の作り方をご紹介致します。

「きちんとメイク」が理想的



清潔感のある自然派メイクがトレンドとなっていますが、忘年会などのパーティーやイベントがある時は「きちんとメイク」が理想的です。


「きちんとメイク」の基準は、「いつもより少し濃いかな」という具合。

アイシャドウにはゴージャス感をだし、リップはグロスもしっかり塗って、昼間よりやや濃い目の色合いをチョイスしてみてくださいね。


暗い照明の下でも華やかな顔立ちになるメイクに仕上げていきましょう。


肌トラブルはしっかりカバー



お店で写真を撮ると、どうしても「シャッター」が必要になりますよね。

このシャッターの光が肌トラブルを悪目立ちさせることがあるんです。


居酒屋やパーティー会場は、やや暗めであることも多々。

会場に向かう前に必ずメイク直しをすることをおすすめします。


この時、コンシーラーで肌トラブルはしっかりカバー。

ファンデーション・ルースパウダーを使って、陶器のようななめらかな肌を仕上げておきましょう。


アイメイクはくっきり×ゴージャスに♡



メイクの中でも一番よく見られるのが「目元」ですよね。

目元は華やかさを演出できる重要なパーツ。

アイラインは黒で引き直し、ダウンライトの下でもくっきり、はっきりとした目元を作ることをおすすめします。


アイシャドウはパールやラメ感の強いものをチョイス。

煌びやかでツヤのある目元を演出していきましょう。


また、手軽にぱっちりとした目元になれる「つけまつげ」をプラスしてみるのもおすすめ。

ナチュラルなタイプでも自然に目を大きく見せることができますので、メイクに馴染むナチュラルなつけまつげを選んでみてください。


そして、目元と共にくっきりさせたいのが「眉」。

眉は表情を大きく左右するパーツです。

はっきりとした顔立ちになるよう、ペンシル・パウダー・眉マスカラを使い、いつもよりもやや濃く描くことをおすすめします。


艶っぽいリップメイクにも挑戦♡



ツヤのあるリップメイクはカメラ映えでなく、男性ウケも抜群♡
女性らしさを高めるぽってりとした唇や、ふっくらとしたツヤのある口元にドキッとする男性もたくさんいるんです。


リップライナーで唇の輪郭を描き、発色の良いリップで色づけしたら、グロスまでしっかり塗って艶やかな唇を仕上げていきましょうね。



普段より少し濃いめのメイクに挑戦することで、カメラ映えする美人顔を作ることができます。

ただし、やり過ぎはNG。濃くし過ぎると「老け顔」「痛メイク」に思われてしまいます。

濃くする度合いは「やや濃いめ」でOKです。

普段つけたことのないはっきりとしたカラーに挑戦するのもおすすめ♪

カメラ映えするメイクをマスターしてみてくださいね♪

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly