今染めて年越しまでキープする!髪色を長持ちさせる方法

12月は「髪をキレイにしたい!」と考える人が増えてきますよね。しかし、年末は美容室も大混雑。混雑を避けるために今美容室に行くというのもおすすめです。「今美容室に行っても色落ちしてしまうのでは?」という心配を持つ人もおりますが、髪色をキープさせる方法を実践すれば、キレイな髪のまま新年を迎えることも可能です。髪色を長持ちさせる方法をご紹介致しましょう!

カラーシャンプーを利用する



カラーリングしていても、シャンプーは市販のものを愛用している人が多いのではないでしょうか。

市販されているシャンプーは洗浄力が強いものが多々。

特に「ラウレル硫酸、硫酸、オレフィン-スルホン酸」は髪色を退色させてしまう成分なので、髪色を長持ちさせたいなら絶対に避けなければいけない成分です。


髪色を長持ちさせたいなら、美容室などで販売されているカラー専用シャンプーを利用するのがベスト。

髪に優しい成分で作られており、髪色を長く楽しめる効果を期待することができます。
どうしても市販のシャンプーを利用するときは、アミノ酸系シャンプーを利用し、「ウレル硫酸、硫酸、オレフィン-スルホン酸」が配合されていないシャンプーを選ぶことをおすすめします。



<商品>
THROW TRAVEL スロウ トラベルセット /4,900円(税抜)


ヘアカラー剤で有名なTHROWからは、色持ちをさせるための専用ヘアケアラインが販売されています。

トラベル用のケアセットもあるので、旅行先でも色持ちのケアが可能です。


髪を洗いすぎない



カラーリングした日はもちろん、普段も夜だけでなく朝も髪を洗っている人も多いのではないでしょうか。髪の洗い過ぎは髪色を落とす原因になります。

カラーリングした当日はシャンプーを控え、最低でも24時間はシャンプーせず、色を髪に定着させていきましょう。


ドライヤー・コテの使いすぎには要注意



ドライヤーやコテの使い過ぎは、髪に大きなダメージを与えます。

ダメージを受けた髪は髪色も落ちやすくなりますので、必要以上に利用しないようにしてください。


ただし、「髪色が落ちるならドライヤーは使わない」はNG。

髪の乾燥・ダメージヘアを悪化させる原因になります。

ドライヤーは使っても長時間髪に当てすぎないようにしてください。


そのためには「タオルで髪をポンポンと叩き、水分を拭き取っておく・髪の根元にドライヤーの風を当てる・毛先を最後に乾かす」などの工夫を取り入れるとGOOD♪

髪の根元から乾かすと、毛先を自然に乾かすことができるため、ドライヤーの熱をあまり当てずに髪全体を乾かしていくことができます。


ヘアトリートメント・ヘアオイルで髪に保湿成分・美容成分を浸透させる



ヘアカラーは髪のキューティクルにダメージを与えます。

キューティクルの状態を元に戻すためにも、補修成分や保湿・美容成分が配合されたヘアトリートメント、ヘアオイルを利用することをおすすめします。

丁寧なヘアケアが髪色を長持ちさせるポイントになりますよ♪


カラーのトーンを抑える



ハイトーンのカラーリングやブリーチを繰り返せば、その分髪も傷み、色持ちも悪くなっていってしまいます。

季節は冬。この季節はトーンを抑えた髪色に挑戦するのもおすすめです。

トーンを抑えるだけで髪色キープにつなげることができますよ♪



カラーシャンプーを利用し、日頃のケアにも注意すれば、今染めた髪色を年越しまでキープすることも可能になります。

髪色をキープさせる方法を実践してみてくださいね♪

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking