紫外線より怖い!?肌老化の原因「近赤外線」とは?

日差しの強い季節になってきました。日焼け対策は万全ですか? 将来のことを考えると、日焼け対策はしっかりと行っていきたいですよね。 日焼けといえば紫外線ですが、それよりも怖い「近赤外線」を知っていますか? 今回は、肌老化の原因「近赤外線」についてご紹介していきたいと思います。


近赤外線とは?



出典:www.photo-ac.com


紫外線対策をしっかり行っているのにも関わらず日焼けしたりシミができていたりとお悩みの方も多いのでは?

実はしっかりと「日焼け対策」ができていないのが原因かも。


太陽光には、紫外線、可視光線、赤外線と、大きく分けて3つあります。

そのうち紫外線は太陽光の中のわずか10%。

太陽光の50%近くは「近赤外線」といわれています。


なので、紫外線対策を十分に行っていても日焼け対策はしっかりとできていないという可能性も!


近赤外線が肌にもたらす影響



出典:weheartit.com


近赤外線は紫外線よりも波長が長いため肌の奥深くの筋肉まで届くので、日焼けによるシミやしわの基本的な原因になってしまいます。

その他にもくすみやたるみなど、様々な肌トラブルの原因の一つなんです。


紫外線のように発がん性はないものの、肌老化には確実に影響が…!


実はこの近赤外線、日常生活でも浴びる機会が多いのです。

例えば、テレビやパソコンのモニターや蛍光灯など、いろいろな電気製品からも出ています。


しっかりと近赤外線対策を行っていく事が大事です。


近赤外線対策はこれ!



出典:www.photo-ac.com


基本的には紫外線対策と同じです。


1.長時間太陽の光を浴びない
2.日焼け止めをしたりサングラスをかける


ただし、近赤外線専用の日焼け止めでなければ意味がありません。

近赤外線に対応している日焼け止めは紫外線の予防効果もあるとされているので、近赤外線に対応しているものを選ぶ方がいいですね◎。


EVIZE / ヒカリエイジング メイクアップベースUV NIR ¥3800


抗酸化作用のある食材を食べよう!



出典:weheartit.com


太陽光を浴びない生活というのは不可能ですので、抗酸化作用のある食べ物を摂取して傷ついた肌を体の中から回復させてあげましょう。



◎抗酸化作用のある食材


・バナナ

バナナは抗酸化作用の最も高い食材なのです。

アミノ酸や各種ビタミン、食物繊維も豊富に含まれているので積極的に食べていきたいですね。


・イチゴ

実はレモンよりも豊富にビタミンCが含まれているイチゴやベリー類。

ビタミンCはメラミン色素が過剰に作成されるのを抑えてくれる効果があります。


・緑黄色野菜

緑黄色野菜の色の濃さは「カロチン」という成分が含まれている証拠。

老化を防ぐ効果があるとされています。


・キャベツ

キャベツは野菜類の中でも抗酸化作用の高い食材です。

キャベツの他の葉物野菜では、ほうれん草やケールなどがあります。


・香味野菜

ニンニクや生姜、ネギ、セロリなどの独特な匂いのある香味野菜。

この匂い成分が体内の活性酸素と結びつきカラダの酸化を防いでくれます。



出典:weheartit.com


紫外線よりも肌の奥深くまで浸透してしまう近赤外線ですが、予防できるものです。

日焼け対策をしっかりと行い、さまざまな野菜や果物を積極的に食べてカラダの中からの美肌作りを行っていきましょう♪

Writer : yoyo さん
元ネイリストの主婦です♪

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking