こんなこと言われたらデートに誘いたくなる!女子からのうれしいLINE

何となく仲のいい男性はいるけど、デートに誘ってくれるわけでもないし、時々LINEが来るだけ……。 脈ありっぽいのは勘違い?なんて思っていませんか?それ、男性にとっては「デートに誘うハードルが高い」のかも。 男性が「つい、デートに誘いたくなる」そんなスキをLINEのやり取りで見せるにはどうしたらいい?

デートに誘いたくなる!女子からのうれしいLINE


彼のこだわりに「その話聞きたい」


「僕は、マーケティングの話が好きなんですけど、デート向けの話じゃないですよね。自分の考えに影響していることだから、女子と話してみたいと思うけど、不評です(笑)。

でも、LINEしてたら『その話、ゆっくり詳しく聞きたい』って反応してくれた子がいて。

興味あるの?って聞いたら『今はないけど、話を聞いたら興味持つかも』だって。そんなの、会って話したいに決まってますよね」(26歳・男性)


女子に小難しい話をしたがる男性は実は結構多いです。

それも、マウンティングではなく「自分の考え方を理解してほしい」ピュアな動機であることも。


女子が「自分のことを隠さず開示しないと」と、元カレ不幸自慢をしてしまう心理と似ています。

それだけに、そこに食いつく女子には「もっと話したい!」と感じ、「ちまちまLINEしてないで、会おうよ」となるらしいです。


話すときは、難しいことや専門用語に食いつかずに「どういうところが好きなの?」など、彼の感想を掘り下げていくと、彼と仲良くなるツボがわかるかも。


誘えば間違いない!という場所を伝える「IKEAに行きたい!」


「女子がデートで何したいかとか、はっきり言ってよくわからないので、女子から行きたいところを言ってくれれば喜んで誘うよね。

IKEAでもいいし、なんか食べたいものの店でもいいけど、行けば楽しいんでしょ?少なくとも、僕が微妙な提案して、つまらなくなる可能性は低いもんね」(28歳・男性)


デートに誘えないのは、女の子がどこに行きたいかイマイチよくわからないから。こんな男性も多いです。

女子は「LINEだけでデートに誘ってくれないなんて脈ナシに違いない」と思いがちですが、自信満々な男性ばかりではありません。


「ここに行けたら楽しい」というヒントを出すことで「行けば喜ぶなら誘ってみよう」と、男性が思う可能性は高いですよ。


「カッとなってやった」


「気になる子とLINEはできても、ご飯に誘うきっかけがない。

『送るネタがないな』と思ってたら、彼女から、画像と「カッとなってやった。反省はしていない」ってLINEが来ました。何ごとかと思って開いてみたら、ずっと食べたかったっていうラーメンの画像だったんです。

ただ「ラーメンなう」のLINEよりずっと面白くて「そんなにラーメンが好きなら、こんど一緒食べようよ」って誘うことができました」(29歳・男性)


「LINEしたいけど、送るネタがない」。

男性も悩むことがあるようです。


女子が待ちの姿勢に入ると、そのまま疎遠になるので話のきっかけを女子から提供するのは全然アリです。


ただ食べたものの写真を送るだけでは「よかったね」で終わりがちなので、「つい反応したくなる」送り方を工夫してみるのが効果的かも。


 「大好き以外は脈ナシ…」じゃない!


何もしなくても男性がデートに誘ってくれて面白い話で盛り上げてくれる……。

そんな、彼から熱烈に好かれているようなケースばかりを期待していませんか?


「なんか小難しい話してくるから脈ナシ」「デートに誘われないから脈ナシ」と切り捨てるのはあまりにもったいない!


「何となく仲がいい」レベルの男性には、女子から、誘うスキを見せてみることで、急に恋愛に発展するかもしれませんよ。


(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp
 

関連記事

・カレがやみつきに!LINEモテ女子が使う4つのトークテク

・彼はどういうつもりなの?男性の困ったLINEの対処法

・非モテ女性必見!今すぐ「3つの強力非モテ要素」を消す方法

・何してるの!? 彼の行動が気になってしまうときの対処法

・癒やしテクで離さない!仕事終わりに嬉しいLINE例文4つ

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。
Writer : 愛カツ 編集部

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking