【レシピあり♪】平日の料理をもっと時短できる♡簡単・美味しい下味冷凍のススメ

美味しい料理を作りたい!でも忙しくて手の込んだ料理が作れない…。そんなお悩みを抱える女性も多いはず! それなら休日にできる下味冷凍で、平日の料理を簡単に作ってみてはいかがでしょう♡ 簡単・美味しい「下味冷凍」を使ったレシピをご紹介致します!

「下味冷凍」とは?



「下味冷凍」とは、「ジップロック®フリーザーバッグ」に素材を入れ、下味をつけて冷凍保存するだけの簡単料理。休日に下味冷凍食材を作っておけば、平日は解凍して焼くだけでOKです。

味付けの手間無く、すぐにメインのおかずを作ることができますよ♪


料理の時間を短くできるのはもちろん、下味をつけることでお肉やお魚が柔らかくなり、味も染み込んで旨みもアップ♡

そのまま焼くだけでなく、アレンジすればバリエーションも広がります。美味しさも長持ちする「下味冷凍」に、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


【下味冷凍 初心者でも簡単♪】肉のみそ漬け焼き 



焼くだけで簡単にメインのおかずになる、お料理初心者にもおすすめのレシピです。


(材料2人分)
好みの肉…適量(豚、牛、鶏など好みの肉を、豚ロース厚切りや牛ステーキ肉なら2枚分、鶏もも肉なら1枚分)
【A】
みそ…大さじ2
酒…大さじ1
砂糖…大さじ1


(作り方)

①ボウルに【A】を入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
②「サランラップ®」に①のみそ床を、肉の面積分だけ薄く塗り広げ、そこに肉をのせる。肉の上面にもみそ床を薄く塗り広げ、「サランラップ®」でぴったりと包む。
③②を「ジップロック®ストックバッグ(M)」に入れ、冷蔵室で1~3日おく。
④フライパンに「クックパー®フライパン用ホイル」を敷き、肉のみそ床をきれいにふき取ってのせ、弱火で片面4~5分ずつ様子を見ながら焼く。


【A】のみそ床に、すりおろしたにんにくやしょうが、みじん切りの長ねぎなどを加えると、味のバリエーションを楽しむこともできますよ♪

一晩でも良いですが、2~3日漬けると味の深みもどんどん増してきます。


【下味冷凍 バリエーション広がるレシピ】鶏ひき肉和風つくねだね



コレがあれば、いろんな料理に応用することができますよ♪

下準備として、まず作ってみてくださいね。


(材料)

鶏ひき肉…400g    
卵…1個
酒…大さじ1
かたくり粉…大さじ2
長ねぎ(みじん切り)…大さじ3
しょうが(すりおろし)…小さじ1
しょうゆ…小さじ1
塩…小さじ2/3


(作り方)
①ボウルに全ての材料を入れ、よく練り混ぜる。
②①を使いやすい分量ずつ「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、平らにして冷凍保存。


「鶏ひき肉和風つくねだね」を作ったら、応用レシピにチャレンジしてみましょう!


つくねだねを使って、鶏つくねの磯辺焼き



(材料)
下味冷凍した「鶏ひき肉和風つくねだね」※…250g
のり(全形)…約1枚
ししとうがらし適量
【A】
しょうゆ…小さじ1
みりん…小さじ1
酒…小さじ1/2


(作り方)

※下準備

・下味冷凍した「鶏ひき肉和風つくねだね」は冷蔵室におき、解凍しておく。
・のりを4×4cm(全形1枚を16等分)に切っておく。


①「鶏ひき肉和風つくねだね」の入った「ジップロック®フリーザーバッグ」の、下の角1ヶ所をハサミで斜めに切り落とし、適量のたねをスプーンにこんもりと絞り出し、もう1本スプーンを使って丸く成形し、のりを両面に貼りつけ、平たい丸形にする。
②「クックパー®フライパン用ホイル」を敷いたフライパンに①を並べ、中~弱火で片面3~4分ずつ焼く。同時にししとうがらしも焼く。
③焼けたらししとうがらしは取り出し、つくねはフライパンの端によせる。あいたところに合わせた【A】を入れ、煮立ったらつくねにからめながら香ばしく焼く。ししとうがらしとともに器に盛りつける。


つくねだねを使って、鶏つくねときりたんぽの鍋



(材料)
下味冷凍した「鶏ひき肉和風つくねだね」…約200g    
きりたんぽ(市販品)…2本    
せり…1束    
長ねぎ…1本    
ごぼう…1/2本    
まいたけ…100g    
しらたき…150g

【A】
だし汁…4カップ
しょうゆ…大さじ3
酒…大さじ3
みりん…大さじ3
塩…適宜


【きりたんぽを手作りする場合】
炊きたてのごはん…2合分
1%塩水…約50ml


(作り方)

※下準備
・下味冷凍した「鶏ひき肉和風つくねだね」は冷蔵室におき、解凍しておく。


①せりは6cm長さに、長ねぎは斜め切りに、ごぼうは斜め薄切りにする。まいたけは小房に分け、きりたんぽ、しらたきも食べやすいサイズに切っておく。
②鍋に【A】を入れて加熱し、ひと煮立ちしたら、ごぼうを入れて煮始める。
③「鶏ひき肉和風つくねだね」の入った「ジップロック®フリーザーバッグ」の、下の角1ヶ所をハサミで斜めに切り落とす。適量のたねを絞り出し、スプーンで丸くちぎり取り、①の鍋に加える。
④しらたき、まいたけも入れてときどきアクをすくいながら煮る。つくねが煮えてきたら、きりたんぽ、長ねぎを順に加え、最後にせりを加え、煮ながらいただく。


(きりたんぽの作り方)
①ボウルに炊き立てのごはんを入れ、すりこぎで半分つぶが残る程度に、ついてつぶす。
②手に塩水をつけ、①を半量とり、割りばしを芯にして、まわりに巻きつけるようにしながら、しっかり握って棒状に成形する。さらに塩水を周りにつけながら「クックパー®クッキングシート」の上を転がして表面をきれいにならす。
③オーブントースターの天板に「クックパー®フライパン用ホイル」を敷き、②の割りばしを抜いて並べ、全面にきつね色の焼き色がつくまで、向きを変えながら焼く。



1つの下味冷凍レシピがいろんな料理に早変わりします。夕飯のバリエーションを広げる「下味冷凍」にあなたもチャレンジしてみてくださいね♪


レシピ提供 / 旭化成ホームプロダクツ株式会社

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking