#くちびる萎え してる?ひび割れ!ガサつき!冬のリップケアでプルプル潤いのある唇に♪

冬の唇は乾燥しがち。「#くちびる萎え」する前に、ひび割れ・ガサつきを防いで、プルプルの潤い唇を手に入れていきましょうね♪ 冬の唇事情&潤いケアにおすすめの注目リップをご紹介致しましょう!

「#くちびる萎え」ってどんな状態?


冬の「乾燥」に悩んでいる方も多いはず。


いつの間にか唇に血がにじんでいたり、唇の皮がむけてしまったという経験を持つ人もたくさんいるのではないでしょうか。


そんな唇荒れに関する経験を「#くちびる萎え」と命名!


チェックリスト

画像のような「#くちびる萎え」チェックリストを作成したところ、8割以上(81%)の人が、いずれかに該当していることもわかりました。


特に該当が多かったのが「無意識に唇の皮をむいている、なめている」「唇をなめて荒れをごまかそうとしている」「口紅を塗ると荒れた唇が口紅に引っかかる」の3つ。


唇の皮をむいたり、唇をなめてごまかそうとする行為は「#くちびる萎え」を悪化させる原因となります。


「#くちびる萎え」はなぜ起こる?


「#くちびる萎え」

「皮がむける唇の荒れ」は、乾燥の季節である冬に特に多くなる症状です。


唇は、角層がとても薄く、皮脂腺もない、とってもデリケートなパーツ。うるおいを保つバリア機能も弱く、顔の肌以上に乾燥の影響も受けやすくなっています。


乾燥がひどくなると、ひびわれ・腫れ・かゆみ・痛みを持つ口唇炎や、口角がただれて切れてしまう口角炎になることもありますよ!


唇トラブルの無いうるうるリップをキープするためにも、「効果がある」と感じられるリップクリームを活用していきましょう!


「#くちびる萎え」には「モアリップ」がおすすめ!


資生堂 モアリップ


<商品>
資生堂 モアリップ 1,200円(税抜)


資生堂から発売されている「モアリップ」は、唇の荒れに効く「アラントイン・グリチルレチン酸・ビタミンE・ビタミンB6・パンテノール」の5つの成分を配合した口唇炎・口角炎治療薬にもなる医薬品リップクリームです。


1993年11月に発売されて以来、唇のトラブルに悩む多くの方から愛用され、その人気は今も尚続いています。


「アラントイン」は、荒れた唇の修復をサポートする効果を持ち、「グリチルレチン酸」は、唇の炎症を防御。「ビタミンE」は、皮膚の血行をよくして、新陳代謝を促して、「ビタミン B6・パンテノール」が皮膚・粘膜を健やかな状態へと導いていきます。


また、油分の中にうるおい成分をとじこめる独自の基剤を採用しているため、唇をしっかり保護しながら唇の荒れを治していくこともできますよ!


冬の乾燥はもちろん、


・エアコンによる乾燥で唇が荒れている方

・アトピー性皮膚炎などによる唇の炎症にお悩みの方

・ビタミンB群不足や体力低下による口角炎にお悩みの方

・紫外線などの刺激によって引き起こされる光線性口唇炎

・化粧品などの刺激による接触性口唇炎


など、唇トラブルに悩む全ての方に「モアリップ」がおすすめです。


「モアリップ」による医薬品の治癒力を体感してみてはいかがでしょうか。



今は大丈夫でも、ある日突然「#くちびる萎え」になってしまうこともありますので、本格的な乾燥シーズンに突入する前に効果的なリップケアを実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!
クリスマス特集

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking