信じるか信じないかはあなた次第!血液型別ダイエットで効率的に痩せよう♪

食事制限や運動をしても、ダイエットはなかなか上手くいかないですよね。 しかし、その失敗はあなたに合わないダイエットをしているからかもしれませんよ! ダイエットによって痩せるペースは体質により個人差があります。 しかも、その体質が血液型によって異なっているようなんです。 血液型別ダイエットは決して難しいものではないので、「こんなダイエットもあるなら試してみよう!」という気軽な気持ちでスタートしてみませんか?

血液型別のダイエットってなぜ存在するの?



日本では、血液型別ダイエットを初めて耳にする人は多いと思いますが、アメリカではハリウッド女優やセレブを中心に話題となっています☆


私たちの血液型は、A・B・O・ABの4種類に分けられており、その血液型の種類によってホルモンの分泌量や酵素の働きが少しずつ異なっています。


この違いを化学的に分析し、その血液型に合う食材を日々の食事に取り入れることを、血液型ダイエットと言います。


血液型別のダイエット向き&不向き食材


血液型ごとにダイエットに適した食材があることをご紹介したので、続いてはダイエットに向いている食材と不向きな食材を血液型別にご紹介します。


和食がオススメ☆A型向けダイエット
 


A型は日本で農耕が始まった時代に誕生し、その当時の体質を今も受け継いでいるので、ダイエットには野菜や穀類といった農産物を中心とした和食がオススメです!


中でも、「緑黄色野菜」「大豆製品」「青魚」「鮭」「玄米」「そば」は最適です。


またデザートには、「ベリー類」「パイナップル」「グレープフルーツ」等、酸味が効いたフルーツには抗酸化作用があり適しています。


一方、ダイエットに不向きな食材は、「鶏肉を除く肉類」が挙げられます。
A型にとって豚肉や牛肉などの鶏肉以外のお肉は、脂肪を体内に蓄積してしまうので、お肉による糖質制限が不向きです。


また、牛乳や生クリームといった発酵していない「乳製品」や、レクチンという糖鎖と結合するたんぱく質が含まれる「キャベツ」なども太りやすいので注意しましょう!


唯一乳製品でダイエットができる☆B型向けダイエット



B型は4種類の血液型の中で、最も消化酵素の分泌が活発で、免疫力が高く、消化能力が高い血液型です!しかしその一方で、最も太りやすい性質でもあります。


B型は遊牧民の性質を受け継いでいるので、他の血液型では太りやすい乳製品との相性が良いです。ただ、乳製品はカロリーや脂肪分が多いので、食べ過ぎには注意してくださいね。


他にも「赤身の牛肉」「レバー」「青魚」「鮭」「卵」等のたんぱく質を始め、「なす」「ほうれん草」「生姜」「オリーブオイル」等、鉄分やたんぱく質が多い食べ物を摂取するのも適しています。


一方、「豚肉」「鶏肉」といった肉類や、「小麦製品」「とうもろこし」「レンズ豆」等の穀物は太りやすい食材です。


B型はたんぱく質が不足すると、甘い物や炭水化物から栄養を得ようとする傾向があるので、ダイエット中のたんぱく質の摂取は欠かせません。


お肉が最も適したダイエット食☆O型向けダイエット



O型は狩猟民族に多い血液型のため胃酸の分泌が良く、動物性タンパク質の消化が得意です。
そのため、ダイエットには「赤身肉」「青魚」「鮭」「鮪」等の動物性たんぱく質が適しています。


ただ、基本的にはダイエットに効果がある、「キャベツ」「アボカド」「オレンジ」「いちご」等の酵素が多い野菜やフルーツを多く摂取すると、ダイエット効果が落ちてしまうので注意してください。


また、糖質の多い「パン」「ケーキ」「パスタ」等の吸収は他の血液型より盛んなので、ダイエット中は極力控えることをオススメします。


最もダイエットに適した血液型☆AB型向けダイエット



AB型は農耕民族であるA型と、遊牧民族であるB型の両方の性質を受け継いでいるため、2種類の血液型の特徴をもっています。


AB型は、A型のダイエット向け食材である魚や豆腐などを使った「和食」と、B型のダイエット向け食材である牛乳などの「乳製品」もダイエット向けの食品となります。


そのため、AB型は全体的にバランスよく食事を摂取するように心がけることが、最大のダイエットとなります。


但し、「バナナ」「オレンジ」「マンゴー」といった甘いフルーツの分解はあまり得意ではないので、デザートには「さつまいも」や「かぼちゃ」といった食物繊維が豊富な芋類がオススメです。



あなたのダイエットは血液型に対して適したものでしたか?

私の場合は正反対の食生活をしており、反省すべき点も多いのですが、今回ご紹介したダイエットに不向きの食材は絶対に食べてはいけない物ではないので、栄養のバランスを考えてたまには食べてくださいね。

まずはダイエット向きの食材を、普段の食事に加えることから試してみるのも良いかもしれませんよ♪
 

※この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : Barbieami さん
【楽しみながら、キレイになりたい!】がモットーの美容オタクです♡ 美容好きが集まり、より良いメイク・スキンケア・ヘアケアの情報を収集中♪

おすすめ記事

Ranking