秋冬大活躍のブーツ、お手入れしてる?履く前にチェックしてみて!

秋冬のファッションで大活躍するブーツ。まさに今の時期、お気に入りのブーツを下ろしたり新しいブーツを買った人もいるでしょう。そんなブーツにも、正しいお手入れ方法があるのをご存知ですか?お手入れをせずにそのまま履き続けていると、ブーツは劣化が進み、すぐに履けなくなってしまうのです。今回は、秋冬大活躍のブーツのお手入れ方法をご紹介します♪

実は、ブーツにも寿命があったんです!



みなさんが持っているお気に入りのブーツ。

中には、特別に思い入れが強く、多少傷がついていても履き続けている人はいるでしょう。

しかし、ブーツも履いていくうちに徐々に劣化していき、やがて靴底に穴が開くなどして、履くことが難しくなってしまうのです。


そこで、ブーツにも寿命があることを知っておきましょう。

履く頻度によっても変わってきますが、ブーツの平均寿命はおよそ1年~3年のようです。


秋冬だけの使用なので、もっと長い間履けるイメージですが、全くお手入れをしていないブーツは劣化が早まってしまうのです。

もちろん、丁寧にお手入れをしていれば、5~6年、さらに10年と長い間綺麗に履くことが出来ます♪


お手入れするのはどのくらいの頻度がベスト?



お気に入りのブーツなら、綺麗な状態で長く履きたいですよね。

その為には、正しいお手入れが大切になります。


しかし、毎日お手入れをするのは正直面倒だと思う人もいるでしょう。

そんな人でも大丈夫です!

ブーツのお手入れの頻度は、2週間~1ヶ月に一度丁寧に行うのがベストだと言われています。


皮の質によってお手入れ方法は変わってきますが、ツヤを長持ちさせる為には、1ヶ月に1回は、クリームを使ってお手入れするのがおすすめです。


ブーツを長持ちさせる為の、正しいお手入れ方法☆



それでは、秋冬に大活躍するブーツのお手入れ方法をご紹介します。


お手入れをする前に・・・


ブーツの正しいお手入れ方法をご紹介する前に、まずは新しくブーツを購入した時のお手入れをご紹介します。


新しく購入したブーツには、汚れなどを付きにくくしたり、その後のお手入れをスムーズにする為に防水スプレーをかけておくと良いでしょう。

また、お手入れをするときや、形を崩さないためにブーツキーパーを入れておくといいでしょう。


①ブラッシング


まずは、ブーツに付いた埃や汚れを落とすために靴用のブラシで払います。

忘れがちな靴の側面やステッチの所まで、丁寧に払いましょう。


汚れをそのままにしてしまうと、カビができる原因になってしまうのです。


②オイル・ワックスを付ける


革のブーツの場合は、乾いた布に本革用のオイルやワックスをつけてブーツ全体に付けましょう。

この場合、オイルやワックスを付けすぎてしまうと、カビができてしまうので、少量で伸ばしていきましょう。


③仕上げは布と防水スプレー


革ブーツは先程オイル・ワックスを付けた布とは違う新しい布で、ブーツ全体を磨いていきます。

そして最後に、防水スプレーをかけて乾かしたら、お手入れのステップは終わりです。



いかがでしたか?

「お洒落は足元から」と言われているくらい、足元は良く見られるファッションポイントです。

なので、いつも綺麗な状態にしておきたいですよね。

是非参考にして、お気に入りのブーツをいつまでも綺麗に長く履いて下さいね♪

関連記事

Writer : nanamis2 さん
美容とコスメとスタバが大好き。 [資格:化粧品検定2級 ]
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly