ホントに肌にいい?無添加化粧品の良いとこ悪いとこ

化粧品紹介で『敏感肌には無添加化粧品がおすすめ!』なんて言葉をよく聞きますよね。無添加=肌に優しい、無添加=安全、無添加化粧品と聞くと良いイメージをお持ちの方も多いのでは?でも実際のところはどうなんでしょう?今回は無添加化粧品の良いところ、悪いところをしっかり解説していきます!

無添加とは?


そもそも、『無添加』の本当の意味を知っていますか?
なんとなく、余計な成分が使われていないので肌に優しいといったイメージしかないのでは?


基本無添加とは、『パラベン等の防腐剤や香料、界面活性剤等アレルゲンとなる可能性が高い人工添加物が使われていないもの』なのです。

もちろんアレルゲンとなる可能性が低い無添加化粧品ですが、無添加化粧品=肌に良いではなく、無添加でもそうじゃなくても自分に合った化粧品を選ぶ必要があるのです。


無添加化粧品の良いところ


アレルゲンとなる可能性の高い成分の配合が少ない


敏感肌の方にとっては化粧品の成分で逆に肌悩みが深刻になってしまう可能性があります。

その可能性を極力少なくしたのが無添加化粧品なのです。


人工添加物が少ない


本来肌の再生は自然に行われているものです。

その自然の循環に人工的に作ったものを取り入れるのはどうなんだろう・・・と思う方もいるのでは?

無添加化粧品は人工添加物に抵抗がある方も安心して使うことが出来ます。


無添加化粧品の悪いところ


成分それぞれに役割がある!


無添加化粧品の多くに『パラベンフリー』や、『アルコール不使用』と書かれています。

ですがパラベンは肌に負担の少ない防腐剤で、化粧品を長持ちさせてくれる効果があります。

アルコールは殺菌作用や肌を引き締める効果があります。

アレルゲンになる可能性もありますが、逆にその作用を求める方も多いのです。


使い心地が下がる


夜のスキンケアは1日の疲れを癒す大切な時間です。

香料が入っていると香りでリラックス出来ますし、界面活性剤はクリーム等の塗り心地をアップさせる役割もあります。

『香料不使用』や『界面活性剤不使用』はリラックス作用にはそれほど期待出来ません。


化粧品は自分に合ったものを選ぶことが大切!


無添加化粧品=肌に優しいではなく、自分の肌悩みに合わせて化粧品を選ぶ必要があるのです。


アルコールにアレルギーがある方にとって『アルコールフリー』は大事なポイントですが、逆に毛穴を引き締めたい方にとっては引き締め効果のあるアルコールの成分が必要になってきます。

化粧品を長持ちさせたい方は防腐剤のパラベンが入っている方が安心して使えます。


このように、目的によって必要な成分があることも把握し、自分が求めているのはどんな化粧品なのかをきちんと見極める必要があります。

無添加=良い、悪いではないのです。



無添加化粧品は肌に良い、悪いではなく、きちんと理解して選ぶ必要があることがお分かり頂けましたか?

女性はいつまでもきれいな肌を保ちたいものです。

自分に合った化粧品でしっかり手入れをして美肌を保ってくださいね!

関連記事

Writer : first-class さん
ネイリスト歴8年。プライベートサロンのオーナーネイリストです。

おすすめ記事

Ranking