溺れちゃダメ!仕事一筋だった働き女子が久しぶりに恋をするときの注意点4つ

仕事一筋。すべての時間を仕事だけに注げてきた……。 もし、息を抜きたいと思ったタイミングで異性との出会いがあったら? 今までの努力を潰しちゃいそうで、少し怖く感じませんか? 今回は、仕事一筋だった働き女子が久しぶりに恋をするときの注意点をご紹介します。 ご無沙汰だからこそ、慎重に。

いきなり恋愛にすべての時間とエネルギーを注がない



仕事一筋だったということは、朝から晩まですべて自分のペース。
月曜日には仕事帰りに近くのカフェに行く、金曜日は外食をするなど、ずっと誰にも邪魔されない状態で過ごしてきたはずです。


そんな日々に「デート」という予定が入りはじめたらどうでしょう?

最初のうちは戸惑いますが、そのうちデートを楽しみにしている自分がいるでしょう。


いきなり恋愛に、すべての時間とエネルギーを注ぐのは危険です。

大人になってまで「恋は盲目」の状態を避けたい。

せっかくの出会いを無駄にはしたくないですよね……。

いきなり距離を縮めすぎて、相手を驚かせないように気をつけて。


舞い上がって空回りしないように気をつける



異性との接点がないまま、仕事に打ち込む日々。

今まですべてシャットダウンしてきたからこそ、今は男性とLINEをしたり、デートをしたりしている状況が信じられないのでは?


しかし、今はまだ出会ったばかり。

これからお互いについて少しずつ知っていく段階です。


彼が「あなたの彼氏になります」と宣言したわけでもありません。

彼氏ができたつもりで過ごしていると、やや危険です。

どちらかというと「恋が実らなくても実っても、どちらでもいい」くらいのメンタルで過ごしていた方が、最終的に傷つかなくて済みます。


彼がフェードアウトしたとしても、またいつもの日々に戻れるようにバランス維持に努めましょう。


仕事の私とプライベートの私を使い分ける



今まで恋愛を遮断してきたのは、きっとプライベートの時間を確保できなかったから。

彼の前でもせっせと仕事をしたり、電話をしたりと、なかなかオフの時間を過ごせなかったからこそ、歴代の恋人たちには愛想を尽かれたのでしょう。


今度の恋を成就させるには、仕事の私とプライベートの私を大きく切り分ける必要があります。

完璧にはオフにできなくても、工夫をするのです。


たとえば仕事のときは髪を一つ結びに、彼といるときはダウンスタイルにと、見た目から意識を変えれば、仕事モードを引きずったままデートをしなくて済むかも。


恋人ができても「一人の領域」を守り続けること



今まで一人でいたのは、きっと恋人ができるとバランスが崩れると思っていたから。

仮にこのまま彼と付き合うとしても「一人の時間」だけは引き続き守りましょう。


いきなり生活すべてが変わるのは危険です。

今までの反動から恋愛に溺れる可能性も0ではありません。


かつては免疫があっても、今は0に近い状態。

彼への想いが強くなりすぎないように、あえて一人の時間を多めにとり、気持ちを安定させましょう。



彼と出会えたのは、ひとり仕事をがんばってきたから。
そのご褒美として、運命的な出会いを果たせたのです。

すぐにゴールさせず、時間をかけながら愛情を育みましょう♡

(PR)
いかがでしたでしょうか。

みなさんそれぞれ悩みがあると思います。
一人で抱え込まずに、相談することで悩みが軽くなることもありますよね。
友達や家族への相談が難しい場合は、専門家の人に相談してみてはいかがでしょうか。


トークCAREはLINEが提供するサービスなので、LINEで簡単に利用ができます。

関連記事

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking