【短期間ダイエット】30日間スクワットチャレンジで理想的な美BODYに♪

たるんだお尻にセルライトがついた太もも。下半身のダイエットって、どうしたらいいのか分からない!という人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが、下半身ダイエットの基本であるスクワットを使った「30日間スクワットチャレンジ」。30日間、決まった回数のスクワットをこなしていくだけというこのダイエットについてご紹介していきます!

「30日間スクワットチャレンジ」とは?

 

 

30日間スクワットチャレンジとは、その名前の通り30日間という短期間、プログラムに沿ってスクワットを行うことでダイエット効果が期待できるというものです。

 

昨今注目を集めているダイエット方法で、短期間で下半身が引き締まると人気のダイエット方法なんです。

 

プログラムはいたってシンプル。1日目は50回のスクワットを行います。2日目はさらに5回もしくは10回と回数を増やし、3日目はさらに5回もしくは10回プラスしてスクワット。

 

難しければ増やす回数は自分のペースに合わせてOKですが、30日後には250回〜300回を1日で行えるようにしましょう。

 

そして、30日間スクワットチャレンジは、3日行ったら1日休みが入るのもポイントです。

 

3日間負荷を与えた筋肉を1日休ませることで筋肉が修復しようとし、より強い筋肉へとなっていくという仕組みです。そのため、必ず3日行ったら1日休み、というルールを守るようにしましょう。

 

得られる効果と注意点

 

 

ただスクワットをやるだけなら簡単!と思う人も多いかもしれませんが、普段運動をしない人なら、50回スクワットを行うのはかなりの負荷。

 

30日間のプログラムを達成することで、しっかりと筋肉が鍛えられ、ダイエット効果が期待できるようになります。

 

30日間スクワットチャレンジで効果が得られるのは、太もも、お尻周りの筋肉の強化です。特にお尻の筋肉はスクワットが一番簡単で効果的に鍛えられるので、この機会に持ち上がった美しいヒップラインを手に入れて♪

 

ですが、スクワット自体がしっかりできていないと、猫背になったり、他の箇所に負荷がかかりダイエット効果が得られなかったりという結果にも…。

 

下記のスクワットのポイントを確認して、正しいスクワットをしましょう。

 

・足は肩幅に開く

・かがんだとき、膝がつま先より前に出ないようにする

・背筋は伸ばして、お尻が下がらないようにする

 

以上の3つをしっかり守って、効果的なスクワットの方法をしっかり体に叩き込みましょう!

 

スクワットの形によって鍛えられる筋肉が変わる!

 

 

足を肩幅に開いてかがむように膝を折って行うスクワットですが、スクワットの形を変えることで鍛えられる筋肉の場所も変わってきます。

 

基本のスタイルに慣れてきたら、下記のスクワットにも挑戦してみてくださいね。

 

①クローズスクワット

その名の通り、通常のスクワットよりも足の幅を狭めにして行います。こうすることで大臀筋と大腿四頭筋へより負荷がかかります。

 

②ワイドスクワット

クローズスクワットとは対照的に、足を開いて行うスクワットのことです。膝は外向きに折り曲げ、太ももだけでなく、大臀筋、内転筋、ハムストリングへの負荷がかかります。

 

このとき、つま先は膝を曲げる方向、つまり外向きに向けるようにすると、関節を傷めずに筋肉だけに負荷がかかるようになります。

 

③ブルガリアンスクワット

別名「シングルレッグスクワット」とも呼ばれるこちら。

 

名称の通り、片足だけで行うスクワットのことです。片足は床に置いて、反対の足は低めのスツールや椅子にかけて行うことで、大臀筋だけでなく、その奥にある中臀筋と小臀筋も鍛えられます。

 

結果、キュッと引き締まった美しいヒップラインが手に入ります。

 

 

いかがでしたか? 3日スクワットをして、1日おやすみ。これを繰り返しながら、少しずつスクワットの回数を増やしていくだけという短期間で効果が期待できるダイエット方法です。女性に多い下半身太りを撃退する30日間スクワットチャレンジで、理想的な美BODYを手に入れてくださいね!

 

※この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : qo6263 さん
美容に関心があります。
2019Spring特集

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking

  • Weekly
  • Monthly