気温の寒暖によるお子さんの“秋疲れ”にご用心!“秋疲れ”解消のための方法って?

今年の夏は特に暑く、警戒レベルが格段に上がる厳しい夏となりましたよね。 そんな長い夏がやっと通り過ぎ、過ごしやすい秋に入りましたが、体がだるいと感じる人は多いのではないでしょうか?原因は気温の寒暖、夏から溜まっている疲労による“秋疲れ”です。秋疲れは、大人だけでなく子供にも影響を与えているのです。今回は、気をつけて頂きたい子供の秋疲れや対処法をご紹介します。

秋なのに体がバテる…“秋疲れ”って何?



暑さが原因で体の機能が低下する夏バテに比べ、秋は朝と夜の気温差が大きく、体に疲労が溜まる秋疲れが起こりやすくなります。

秋バテとも言われ、最近メディアでも取り上げられるようになりましたよね。


秋疲れは、自律神経を乱したり血流を悪くして、体に様々な不調を与えます。
以下のような症状がある方は、秋疲れの可能性があるかもしれませんよ。

奈良県医師会の秋バテのセルフチェックによると、


・全身の倦怠感や疲労感が抜けない
・体を少し動かしただけで疲れてしまう
・秋になって食欲がなくなった
・いつも胃がもたれている気がする
・頭痛が起きたり頭がボーっとする
・めまいや立ちくらみがする
・肩こりがひどくなった
・朝なかなか起きられない
・寝つきが悪い
・微熱が数日間続く


3つ以上当てはまっている方は、秋疲れの可能性が高いでしょう。

しっかり自分の体を見直して、正しい対処法で解消していくのがおすすめです。


奈良県医師会「秋バテ」ってどんな病気?対策は?


大人だけじゃない、子供の秋疲れにご用心!



疲労が抜けない、食欲が出ないなどの症状が続く秋疲れ。
実は、秋疲れは大人だけでなく子供にも現れているのです。


子供は大人に比べて身体が小さい為、気温の寒暖の影響を受けやすい傾向があります。
その為、自律神経が乱れ、秋疲れの症状が出やすくなってしまうのです。


子供の秋疲れは、体の不調だけでなく勉強に対する意欲にも影響しています。
気温が涼しくなり、勉強を集中して行うには最適の季節ですよね。

しかし、秋疲れによって集中力が低下している子供も少なくありません。


子供は、自分の体の不調に早く気付くことや、症状を正確に伝えることが難しいですよね。
なので、日頃から小さな変化を見逃さないように、親御さんが見守ってあげる事が大切なのです。


子供の秋疲れを解消する対処法とは?


カフェインゼロのお茶

芝大門いまづクリニック院長の今津嘉宏先生は、睡眠の質を高めることが最も重要だとお話ししていています。そこで、質のいい睡眠をとるための3か条を紹介します。


規則正しい睡眠リズムをつくる

毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる事で生活リズムを作ることが大切です。寝る時間から決めることがポイントです。


寝る10分前にカフェインゼロのお茶を飲む

温かい飲みものを飲むと、適度に体を温め、スムーズに眠りにつくことが出来ます。

カフェイン入りの飲み物は、脳が興奮状態になり、睡眠の質を下げてしまうので、カフェインゼロのブレンド茶をおススメします。

寝る10分前に、温かいカフェインゼロのブレンド茶を一杯飲んで、睡眠のリズムを整えましょう。


遅い時間のテレビやゲームを控える

テレビやゲームなどの画面から出るブルーライトは、目と脳に負担をかけています。
目が疲れるだけでなく、脳が興奮状態になり睡眠の妨げになっているのです。
夜遅い時間にブルーライトの画面を見ることは控え、早くベットに入ることが秋疲れの対処法となります。


また、子供の健康福祉学の専門家である早稲田大学教授の前橋明先生にも睡眠のためのポイントを伺いました。


午後30分の外遊びで睡眠の質を上げる



また、子供の健康福祉学の専門家である早稲田大学教授の前橋明先生にも睡眠のためのポイントを伺いました。


質の良い睡眠をサポートしたり、自律神経を整える為には適度な運動が必要です。
体を動かして疲労を感じると、夜しっかり寝付くことができるのです。


3歳以降のお子さんは、午前中の遊びによる疲れが昼食やお昼寝で回復するので、午後30分程度の運動で疲れさせることがおすすめです。



いかがでしたか?
大人だけでなく、子供にも起こり得る秋疲れ。
いち早く気付いてあげる為には、子供とのコミュニケーションも大切ですよね。
是非、対処法を参考にして秋疲れを解消してくださいね♪


<監修情報>

・今津 嘉宏(いまづ よしひろ)先生
芝大門いまづクリニック院長


・前橋 明(まえはし あきら)先生
早稲田大学 人間科学学術院 教授・医学博士

Writer : nanamis2 さん
美容とコスメとスタバが大好き。 [資格:化粧品検定2級 ]

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking