楽しくおしゃべり!初デートの会話を2倍盛り上げるコツ4つ

初デートで一番気がかりなのは、会話が続くかどうか。せっかく予定を合わせて会っているのに、ずっと沈黙のままだったら……。 さすがに彼もフェードアウトしたくなるでしょう。会話を盛り上がるためには「コツ」が大切。 今回は、初デートの会話を2倍盛り上げるコツをご紹介します。

好きなタイプについて楽しくおしゃべり



初デートとはいえ、まだまだお互いを知らない状況。
一友人としてお話するのが一番です。

彼は何を好きなのか、どんな考えの持ち主なのか、話してみないと分からないことだらけです。


正直に好きな女性のタイプについて聞いてみるのもあり。

外見からは予想もつかない答えが返ってくるかもしれません。


たとえば「女性のミニスカートってどう思う?(笑)」と冗談まじりに聞いてみてください。

もしかしたら彼は「あまり好きじゃない。パンツスタイルの方が好き」と答えるかも。

男性全員がミニスカートの女性をみてキュンとくるわけではないことを、そこで初めて学ぶのです。


自分も好みの異性のタイプについては、正直に答えましょう。

彼を意識する必要はなく、お互いを知るためのきっかけだと思ってくださいね。


ペットについて話す



どうしても話題がみつからないときは「ペット」の話をしましょう。

実際に犬や猫を飼っているなら「この子、可愛いでしょ」と写真をみせてあげます。

彼も動物好きなら、それだけでしばらくは話題が続きますね。


飼っていないなら、いつかは飼いたい犬や猫の画像を事前に集めおいて、みせるだけでもOK。

近くの商業施設にペットショップがあるなら、デートも兼ねて、可愛いわんちゃん・猫ちゃんを見に行きましょう。


彼もペットを飼っているなら、今までの思い出を聞いてみて。

お互いに飼っているなら、いつかは対面させる機会があるかもしれませんよ♡


共通の知人がいるなら話題にする



話題が尽きてきたときは、共通の知人について話しましょう。

たとえば学生時代の繋がりがあるなら「そういえば〇〇ちゃんに会ってきたけど、もうママになっていたんだ!」と、新鮮な話題を提供することで、それからしばらくは話が続きます。

同じ職場・学校なら、いくらでも共通の知人ネタで話を継続させられます。


ただし、その場にいない知人の悪口はNG。

たとえば「〇〇ちゃんって、もうすぐ別れそうなんだって!私、そんな気がしたんだよね。」と、自分を悪くみせる言い方は、やめておきましょう。


あくまでも一つの話題として引き出すだけでいいのです。

いつの間にか、ただの悪口大会になっていないように気をつけて。


出身地や地元ならではの話をネタに



一通り話して、再び話題が尽きそうになったら、お互いの出身地や地元について話します。
彼が大阪なら「〇〇っていうお菓子、美味しいよね?」と、その土地ならではの話題を提供します。


もしかしたら彼も「〇〇っていうご当地キャラクター、いるよね?知っているよ!」と、話に食いついてくるかも!?

たとえお互いに地元が東京だったとしても、住んでいるエリアによって色が異なり、地元の街ならではの話もできます。


「おしゃれタウンって言われているけど、実際はね」と、地元住民しか知らない裏の話題を話すと、意外と盛り上がりますよ♡



初デートは、お互いに緊張しているから空気が止まってしまうのは仕方のないこと。

沈黙を恐れずに、話したいことを話せばいいのです。

話題をすぐにみつけられなくても、焦らずにその場を楽しむこと。

彼も二人の会話を盛り上げようと、当日はがんばってくれるでしょう♡

関連記事

Writer : ericaaa811 さん
恋愛コラムニストとして月間300記事以上を執筆中。モットーは瞬間を生きる。

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking