解禁日まであとわずか♡「ボジョレー・ヌ―ヴォー」の魅力を要チェック♡

毎年11月の第3週目木曜日に解禁される「ボジョレー・ヌ―ヴォー」。今年は11月15日(木)が解禁日となっています。2018年の収穫を祝う前に「ボジョレー・ヌ―ヴォー」の歴史やボジョレー・ヌ―ヴォーの特徴についてチェックしてみてはいかがでしょうか。

「ボジョレー・ヌ―ヴォー」とは?


※イメージ画像です。


そもそも「ボジョレー・ヌ―ヴォー」って何?普通のワインと何が違うの?と思ったことがある人も多いのではないでしょうか。


「ボジョレー・ヌ―ヴォー」は、フランス南部ブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区で収穫された「ガメイ種」というブドウから造られた新酒のワインの名前です。


もともとボジョレー地区のブドウの収穫を祝うためにつくられていました。収穫したばかりのブドウを使ったフレッシュなワイン「ボジョレー・ヌーヴォー」の評判はどんどん広まり、ボジョレー地区以外でもボジョレー・ヌーヴォーが飲まれるようになりました。


しかし、あまりの人気に、低品質・未完成のボジョレー・ヌーヴォーまで流出するようになってしまったとのこと。 そこで、1960年代にボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を設定。


解禁日がつくられたことで、ボジョレー・ヌーヴォーの粗悪品は一気になくなり、高品質のワインだけが販売されるようになったとのことです。


ボジョレー・ヌーヴォーの種類は?


※イメージ画像です。


「ボジョレー・ヌーヴォー」と言っても、毎年たくさんのワインが販売されているけど、種類は1つじゃないの?との疑問を持ったことがある人もいるのでは?


ボジョレー・ヌーヴォーには「ヌーヴォー」と「ボジョレーヴィラージュヌーヴォー」というぶどうの収穫量やアルコール度数の基準が通常のものよりも厳しいワンランク上の2種類のボジョレー・ヌーヴォーが用意されています。


色々なワインメーカーがボジョレー・ヌーヴォーを造っているため、解禁日にはたくさんのボジョレー・ヌーヴォーが発売されますが、種類はおおまかに分けて2つ。


定番からワンランク上、甘口~辛口まで様々な種類が販売されますので、一度に何種類か購入して飲み比べてみるのもおすすめですよ♪


また、ボジョレー・ヌーヴォーは、「冷やして飲む・できるだけ早く飲む」のが美味しく飲めるポイントです。最高品質のまま楽しんでみてくださいね♪


11月15日解禁!気になる今年のボジョレー・ヌーヴォーの特徴は?



ここまで見たらボジョレー・ヌーヴォーが飲みたくなりますよね!


気になる今年のボジョレー・ヌーヴォーですが、今年のフランスは、春の降水量が多く、初夏は晴天続き。そのため、とっても美味しいブドウが育ったとのことです。


これからも晴天予報が続いているので、今年はかなりの高品質ヌーヴォーが期待できるそうですよ♪楽しみですね♪



今年のボジョレー解禁日「11月15日」には、全世界でボジョレー・ヌーヴォー解禁のお祝いが開かれます。全世界の人と同じに日にお祝いができるなんて素敵ですよね♪今年のボジョレーをあなたもぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking