コンプレックスはメイクでカバー!「丸顔さん」におすすめのメイク法

「丸い顔の形がコンプレックス」という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。しかし、そのコンプレックスを髪やメガネで隠さなくても、メイクで素敵に変身させることができるんですよ♡「丸顔さん」必見のおすすめのメイク方法をご紹介していきましょう!

「丸顔さん」の特徴とは?



顔にはいろんな形があります。あなたの顔の形は本当に丸顔・面長・卵顔。どの形にあてはまりますか?


丸顔の人は「顎が小さく、フェイスラインが丸い。年齢よりも幼くみえることが多い。」といった特徴があります。童顔に見えるのがイヤという人もいますが、可愛らしく、優しいイメージが持てるのも「丸顔さん」の特権です。


面長さんの中には丸顔に憧れを持つ方もいますが、丸顔さん自身は、顔の縦の長さが短く、横に広い顔立ち。平面的に見えてしまう顔立ちにコンプレックスを持っているようです。


そんなコンプレックスをなくし、シャープな顔立ちに近づけるためのメイク方法をご紹介していきましょう。


ベースカラーの彩度に注意!明るすぎは丸顔強調の危険度大!



まずはベースカラーの色合いから注意していきましょう。


丸顔さんには、彩度の明るいファンデーションや、パール・光沢のあるファンデーションはNGです。明るいベースカラーを選ぶことで、顔を膨張させ、広く・大きい「まんまる顔」を強調させてしまいます。


フェイスラインにぎりぎりまでしっかりファンデーションを塗るのではなく、フェイスラインは、パフに残ったファンデを薄くのばすくらいでOKです。


ベースカラーの色合いは、普段使っているファンデーションより1ランク暗めの色をチョイス。このカラーを骨格に入れれば、顔の引き締め効果を得ることができますよ!


質感はマットタイプを選び、パールや光沢のあるものは仕上げのパウダーとしてのせてみてくださいね。


アイメイクには肌馴染みの良い引き締めカラーをチョイス



目元は顔の中でも重要なパーツです。


丸顔さんは、ふんわりとしたパステルカラーは選ばず、ブラウン・ベージュ・ゴールド・オレンジなどの肌馴染みの良いカラーを選んでみてください。


パステルカラーは顔をぼやけた印象にさせ、丸顔を強調させる原因になってしまいます。


アイシャドウを塗る時は、まぶた全体にグラデーションを作り、縦グラデも意識すると顔全体の縦長効果を期待することもできますよ♪


「長めストレート眉」でシャープな顔立ちに



アイメイクと共に眉の形にも注意していきましょう。


丸顔さんにはアーチ型や短めの眉はNGです!丸顔を強調させるのはもちろん、短い眉は顔のパーツを中心によせてしまう危険性があります。


丸顔さんは「長めストレート眉」にチャレンジしてみてください。はっきり・すっきりとした眉メイクがシャープな顔立ちを演出します。


チーク&リップのポイントも伝授!



メイクに欠かせないチークやリップ。チーク&リップの入れ方もコツ1つで印象を大きく変えることができます。


まずは、頬の真ん中に丸く入れる「まんまるチーク」はNG。幼さ・顔の丸さを強調させてしまいます。チークは、オレンジやベージュ系。ローズやスモーキーピンクなどの落ち着いたカラーを選びましょう。


そして、チークを入れる位置は頬骨から耳の上に向かって、スッと入れてみてくださいね。


リップメイクは、下唇の色合いを上唇よりも少し濃くすると、顔を縦長に見せる効果を期待することができますよ♪少しの違いで雰囲気が変わりますので、ぜひ試してみてくださいね♪



丸顔を強調しないためのメイク方法をマスターし、シャープな印象を与える大人メイクにあなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Writer : ta_sa さん
長女、次女、長男の3人の子をもつママです! ママでもいつまでもキレイでいられるように、日々努力しています!

おすすめ記事

関連記事

新着記事

関連記事

新着記事

Ranking