ダイエットの強い味方!スクワットの効果と正しい方法

ほっそりと引き締まった太ももにキュッと上を向いたヒップは、女性なら誰でも憧れますよね。そうは言っても、お尻や太ももは中々脂肪が落ちないし、上手に筋肉をつけることが難しい・・・。 そこで、下半身全体のシェイプアップに効果的なスクワットをご紹介します☆膝が痛くならない正しいやり方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スクワットの効果について


スクワットは、皆さんもご存知の通り足を開いて腰を落とし、また元に戻るトレーニングです。


とてもポピュラーな運動ながら、その効果は絶大! 自宅でいつでもできるし、必要な物もないので今すぐ始めることができちゃいます!


まずはスクワットのメリットからご紹介しますね。


スクワットのメリット



1.効果を感じるのが早い


一般的なスクワットを正しいやり方で行った場合、大体1週間ほどで効果を感じられるようになります。


太ももは体の中で一番大きな筋肉です。大きな筋肉を鍛えることで効果が出やすく、スクワット自体の消費カロリーが多いので違いを感じやすいです。


いくら効果があると言っても、その効果を実感するまでが長いとモチベーションを保ちにくいですよね。効果が出るのが早いということはかなり嬉しいポイントです☆


2.お金がかからずいつでもできる


トレーニングを行う器具も必要ありませんし、場所を取らないのでやりたいときにいつでも行うことができます!


自宅にいる時以外でも、お昼休みにオフィスのトイレで10回スクワットをする・・・なんてこともできちゃいます。


3.全身に効果的


下半身だけでなく、腹筋や背筋にも効かせることができますよ。


スクワットと言っても、足の広げる幅を変えたりより深く腰を落としたりと、いろんな方法があります。 一般的なスクワットを上手にこなせるようになったら、腹筋にも効きやすいスクワットなどに挑戦するのもアリですね♪


4.オシャレに見える!


全身が引き締まり、スタイルが良くなるのでいつもと同じ服を着てもカッコ良くオシャレに見えますよ♪


お尻が上向きになることで、足が長く見える効果もあります!別人のようにスタイルが良くなるのでジーパンなどのパンツもカッコ良く着こなせちゃいます♡


スクワットの基本的なやり方



スクワットの基本的なやり方をご紹介します。ポイントは、呼吸を止めないことですよ☆


1.足を肩幅程度に開き、少しだけ足先を外側に向ける。


2.息を吸いながら膝が90度になるくらいまでゆっくりと上体を下ろす。背筋が曲がらないよう気をつけてください。


3.息を吐きながらゆっくりと元の体勢に戻る。


行う回数は少なめから始めましょう。10回×3セットや、15回×2セットなどがオススメです♪慣れたら無理しないように回数を増やしていきましょう!


3ヶ月ほど続けると、驚くほど違いがわかるそうですよ!「痩せたね」とすぐに気づかれるレベルです♪


スクワットの注意点



正しいやり方で行わないと、効果が出にくいだけでなく、腰や膝を痛めてしまいます。関節を痛めてしまうと日常生活の動作だけでも辛くなってしまうので、しっかり注意して行いましょうね。


1.膝がつま先よりも前に出ないようにする。

2.膝とつま先を同じ方に向ける。

3.背筋を曲げないよう気をつける。


これらのことに気をつけないと、関節を痛めてダイエットどころではなくなってしまいます。


また、呼吸を止めないことは効果を最大限に発揮するために必要なので、呼吸し続けることを意識しましょう♪



スクワットは様々なやり方があり、それによって特に効く部位というのも変わってきます。基本的なスクワットに慣れて余裕ができたら、他のフォームのスクワットにチャレンジすると更にシェイプアップに効果的ですね♡ 憧れの引き締まったボディを手に入れちゃいましょう!


※この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : meropan1 さん
3歳の息子がいる25歳主婦です。 出産をしてから、頑張りすぎずにモチベーションを保てるよう心がけています。

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking