3週間で実感!”ひじの向きを変える”だけの簡単ダイエットで美ボディをGETする♡

日常生活の体の使い方がダイエットに直結します。あなたの姿勢、歩き方、座り方などは痩せやすい体の使い方でしょうか…?今回は"ひじ"の向きを変えるだけで3週間後には美ボディをGETできちゃう?!驚きのダイエット法をご紹介します♪

太って見えるのは体重だけが原因じゃない…?



ダイエットの目的は、『痩せてスタイルが良くキレイに見えること』


体重が減ればその分だけ痩せていると思いますが、まだ太って見える…。なぜでしょうか…?


それは太って見える原因は、体重だけでなく姿勢にもあるからです。体重が減っても、猫背だったりと姿勢が悪ければキレイに見えません。


また、姿勢が悪ければ痩せにくい体質にもなります。


そこで今回は、骨格から整え姿勢を正し、痩せやすくハツラツとした美ボディに変化できる簡単ダイエット法をご紹介していきます♪


”ひじの向きを変える”だけ?!キレイに痩せよう♪



多くの女性の真の目的は、ただ体重を減らすことではなく『スタイルをよく見せること』

スタイルをよく見せるには、体のたるみや緩みをもたらす骨格の歪みを正さなければいけません。


まず、あなたの骨格の歪みをチェックしてみましょう!


骨格の歪み チェックポイント


・椅子に腰掛けたとき、左右どちらかの膝が前に出る

・トップスの首元が左右どちらかにズレやすい

・首が太くて短い

・足を組む癖がある

・靴底の減り方が左右で異なる

・パンツを履くと、膝の落ち方に左右差がある

・座っている時間が、1日のうち7時間以上ある

・ブラジャーの肩ひもが左右どちらかばかりでズレ落ちる

・ショーツの跡が、太ももの左右どちらかにつきやすい

・いつもバッグを持つ手が決まっている

・いつも肩から提げるショルダーバッグを使っている


いくつ当てはまったでしょうか?

多くはてはまる方は骨格の歪みがかなり出ているかもしれませんよ!


魔法のスイッチ"ひじの内側"で骨格を整える


骨格の歪みと聞くと、なかなか治りづらいのでは…?と不安に思う方もいるでしょう。しかし、骨格の連動を利用すれば骨格の歪みを比較的簡単に正せるんです!


骨格は、全身で繋がっていて相互に関係しています。これを「骨格の連動」と呼びます。そして、この骨格の連動を一瞬で正してくれる魔法のスイッチが"ひじの内側"


皆さんは歩いているときに、ひじの内側をどこに向けていますか?

実は、体の内側に向いている方が多いのです。


それを、正面に向けるんです!

ランウェイのトップモデルを見てください。どのモデルもひじの内側が正面を向いています。


たったこれだけ…?と感じるかもしれませんが、ちょっと試しにひじの内側を正面に向けてみてください。


姿勢がスッと正せられるような気がしませんか?

また、その状態で歩いてみると猫背も改善できますよ!


ひじの向きを変えるだけダイエットのメリット7つ


①激しい運動・食事制限は一切なし!

激しい制限は、リバウンドの原因にもなります。日常で当たり前にできることをコツコツ実践する方がキレイなボディになれるんです。


②基礎代謝が上がり太りにくい体に変化

全身の骨格が整いだすので、今まで使ってなかった筋肉も目覚めて使えるようになります。そのことで基礎代謝も上がっていきます。


③猫背が治って心も体も健康的に

骨格が整い姿勢が正されることで、猫背が改善されます。それだけで生き生きとした人に見られるでしょう。


④肩こり・腰痛が改善

骨格を理想的な位置に整えるので、肩こりや腰痛にも効果的です。


⑤肌や髪にハリ&ツヤが生まれる

骨格を整えるとともに、腹式呼吸を加えることで副交感神経が刺激されます。そのことで血行が促進され代謝バランスが整い、肌も髪の毛も美しくなるんです。


⑥呼吸が深くなり疲れ知らずに!

骨格が整い、腹式呼吸もできることで呼吸が深くなります。酸素が体にめぐることで疲れやすさも軽減されますよ。


⑦自分に自信が持て、さらに美人度UP

3週間もすれば姿勢がグンと正され、周りの人にも気づかれ始めるでしょう。「あれ?キレイになった!」そのことがあなたに自信をもたらします♪


シーン別 ひじの向きを変えるだけダイエット実践法


ひじの内側を正面に向けるだけで、骨格が整い、姿勢が正されキレイなスタイルになれることがわかりましたね。これからは、基本のポーズや応用のポーズまでご紹介していきます。


基本ポーズ①:全身の骨格を整える


基本ポーズ①

1. 両足のかかとをつけて90度に開く

*体が傾いたり、肩が上がっていないか気をつける


2. 鼻から息を吸う

*ひじの内側を正面に向け、手のひらを自然に開く

*胸は自然に開いたままにする


3. 両脇を締めて腕を体の中心にグーっと寄せる

*口から息をはき腹式呼吸をする

*この状態を3秒キープ

*お腹を縦に伸ばすよう意識する


4. 余裕があれば3のポーズのままつま先立ちをする

*この状態を7秒キープ

*かかと同士はつけたまま


1〜3を日常生活に取り入れましょう!

4までは、朝・昼・晩に3回ずつ行うのが理想的です♪


基本ポーズ②:座っている時もひじを内側に


基本ポーズ②

1. 椅子に浅く座り、両足のかかとをつける

*体が傾いたり、肩が上がっていないか気をつける

*ひじの内側を正面に向け、手のひらを自然に開く

*鼻から息を吸う


2. 両脇を締めて腕を体の中心にグーっと寄せる

*口から息をはき腹式呼吸をする

*ひじの内側は正面に向けたままにする

*この状態を3秒キープ

*お腹を縦に伸ばすよう意識する


デスク仕事の方は、ちょっとした休憩にぜひ取り入れてみてください♪


応用ポーズ①:腰痛&下半身太り 解消エクササイズ


応用ポーズ①

1. 椅子に浅く座り、両足のかかとをつける

*ひじの内側を正面に向ける


2. お腹を縦に伸ばして、頭と上体を後ろにひねる

*目線は斜め45度

*反対側も同様に


腰痛や下半身太りに効果的です!


応用ポーズ②:肩・首こり&小顔 エクササイズ


応用ポーズ②

1. 立ったままかかとをつけ90度に開く


2. ひじの内側を正面に向け、両脇を締めて腕を体の中心にグーっと寄せる

*頭をゆっくり真横に倒す


3. 頭を倒した反対側の手を後ろに引く

*「う」の発声をするときの口をして7秒キープすると小顔効果がある


肩・首こり、小顔エクササイズとして効果的です!



日常生活で簡単にできる”ひじの向きを変えるだけ"ダイエット。いかがでしたか?

あなたも今から早速実践してみてくださいね♪3週間後には、驚きの変化を実感できると思いますよ♡



※この記事は著書『「ひじの向き」を変えるとキレイにやせる!』基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

Writer : AYO33 さん
コスメ・美容・ファッション好きの20代。最近はNetflix、#ソロ活にはまっています♪皆さんに素敵な情報をお届けできるように頑張ります!

おすすめ記事

関連記事

関連記事

Ranking